大文字

(一般)
だいもんじ

毎年8月16日に、京都市街を囲む5つの山にそれぞれ「大」、「妙法」、「船形」「大(左大文字)」、「鳥居形」の文字が灯されるかがり火。
東山如意ヶ嶽の「大文字」がもっともよく知られていることから、一般的に『大文字焼き』、『大文字』などと呼ばれるが、正式名称は『五山の送り火(ござんのおくりび)』である。
精霊送りの意味を持つ盆行事の一形態で、京都三大祭(葵祭・祇園祭・時代祭)に五山の送り火を加え、京都四大行事と称する。

送り火の流れ

8月16日午後8時。
まず、東山如意ヶ獄の「大文字」に火が灯され
以降、順に松ヶ崎西山、東山の「妙、法」西賀茂船山の「船形」
そして最後に北嵯峨の「鳥居」が灯される

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ