富士講

(一般)
ふじこう

日本の戦国時代から江戸時代初期に富士山麓の人穴で修行した角行藤仏という行者によって創唱された富士信仰のこと。広義では富士山とそこに住まう神への信仰を行うための講社のことまでを指す。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ