或る列車

(一般)
あるれっしゃ

JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」は、九州旅客鉄道(JR九州)の観光列車。
横浜市の「原鉄道模型博物館」を開設した故原信太郎が愛した幻の客車「或る列車」の模型を元に、原鉄道模型博物館副館長原健人の協力により、水戸岡鋭治とドーンデザイン研究所がデザイン・設計した。
2015年8月8日運行開始。
車両は大分車両センター所属のキロシ47形2両編成(キロシ47 9176+キロシ47 3505)。
四国旅客鉄道(JR四国)で2011年4月に廃車となったキハ47形気動車のキハ47 176・1505を譲り受け小倉総合車両センターで改造した。
車内では東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフ・成澤由浩が監修したレシピによる九州の食材を使用したスイーツや軽食を楽しめる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ