文学界

(読書)
ぶんがくかい

文学界

(読書)
ぶんがくかい

明治時代の文芸雑誌。

1893年(明治26年)、星野天知主宰のもとに,北村透谷・島崎藤村らが中心となって創刊。透谷の評論,『たけくらべ』『大つごもり』などの樋口一葉の作品,藤村の『若菜集』の詩などが発表された。上田敏もこの雑誌の後半期に活躍した。
1898年1月終刊。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ