林家三平

林家三平

(アート)
はやしやさんぺい

落語家の名跡

三代目

昭和の寄席の爆笑王。
七代目林家正蔵の実子。九代目林家正蔵、林家いっ平海老名美どりの父。
弟子に林家こん平、林家ペーら。
観客を巻き込んでのライブ感あふれる高座と、えもいわれぬ独特の魅力で人々に愛された落語家。
「どぉもスイマセン」「よし子さーん」というセリフとクルクルヘアーがトレードマーク。
昭和30年代にテレビの司会者などで爆発的な人気を博す。
前座名「林家甘蔵」を経て、「三代目林家三平」を襲名。1958年(昭和33年)に真打昇進。
1980年(昭和55年)9月20日に死去。享年54歳。

四代目

2009年春に三代目の次男であるいっ平が襲名することになった。

関連

三平

ネットの話題: 林家三平

人気

新着

新着ブログ: 林家三平