権藤博

(スポーツ)
ごんどうひろし

プロ野球選手・指導者。
右投右打、ポジションは投手。背番号は20番*1

1938年12月2日生まれ。佐賀県鳥栖市出身。

鳥栖高校からブリヂストンタイヤを経て、1961年、中日ドラゴンズに入団。
杉下茂の背番号20番を受け継ぐ。
同年のオープン戦で28回3分の1を投げて自責点1、防御率0.31という驚異的な成績を残し、1年目よりエースとして活躍。
試合数130の半分以上に当たる69試合に登板。35勝19敗、投球回数429 1/3回、奪三振310、防御率1.70を記録。
連投に連投を重ねる登板で、「権藤、権藤、雨、権藤雨、雨、権藤、雨、権藤」と呼ばれ、板東英二と共に60年代のドラゴンズを支えた。
酷使による疲労で球威が落ちた3年目1963年は10勝、1964年は6勝に終わり打者に転向。
もとより身体能力は抜群だったが打撃に芽が出ず、1968年に投手に再転向。同年現役引退。

対巨人戦11連勝は最多記録である。
稲尾和久を尊敬しており、投球フォームから普段の歩き方まで稲尾を模写していた。

1973年〜1977年、1980年〜1983年に中日投手コーチ。
投手の起用法を確立し、与那嶺要近藤貞雄監督の下で優勝に導く。

退団後は東海テレビの野球解説者を務める。

1988年、近鉄バファローズの投手コーチに就任。リーグ優勝に貢献した。

1991年、福岡ダイエーホークス投手コーチに就任。1994年、退団。

1997年、横浜ベイスターズの投手コーチに就任、投手陣を整備。

1998年、大矢明彦の後を受け、横浜ベイスターズの3代目監督に就任。
放任主義でありながらも、「中継ぎローテーション」を考案し、佐々木主浩をはじめとする投手陣の起用法は確実であった。

マシンガン打線を率いて、38年ぶりのセ・リーグ優勝、日本一に導く。
1999年、2000年と3位を維持したが、2000年限りで退団。

その後は東海ラジオの野球解説者、マスターズリーグ・名古屋エイティディザーズのコーチを務める。

また、2001年〜2004年は親友の板東英二と共に対戦相手チームの監督として、モルツ球団に挑んだ。


2012年、中日ドラゴンズの投手コーチに就任。同年、高木守道との度重なる軋轢が響いて退団。


高木守道と共に、落合博満の監督としての手腕を評価している。

*1:中日ドラゴンズのエースナンバーである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ