浦臼町

(地理)
うらうすちょう

キャッチフレーズ

みどりかがやく夢大地 これからの発展と創造がおおいに期待されている

概略

北海道の中西部、空知支庁管内のほぼ中央に位置、面積101.08キロ平方メートル。樺戸連山と石狩川に挟まれ、いくつもの川や沼が点在する。気候も高温適雨で農業に最適な環境にある。しかしながら冬は雪が多く平年降雪量は13メートル〜14メートルに達するので困ったものだ。

町長

岸泰夫

交通

JR学園都市線(札沼線)と国道275号が平行して南北に縦走。石狩川の対岸奈井江町へは道道223号によって結ばれている。

大都市間のほぼ中間

札幌へは約65キロ、旭川へは70キロと、その通り道としての役割は大きい。

農業

米、花卉、メロン、ばれいしょ、アスパラガス、ワイン用ぶどう

特産

ワインやジャム、葡どん

町の花/町の木

ツツジ/サクラ

イベント

ワインの里フェスティバル/浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭/うらうす夏まつり

体験

美浦渡船/そば工房つるつる

アクセス

  • JR札幌駅〜浦臼駅「JR学園都市線(旧・札沼線)」(120分)
  • 千歳空港〜奈井江・砂川IC〜浦臼町「道央自動車道」(100分)
  • 札幌市〜浦臼町「国道275号線」(80分)
  • 旭川市〜深川市〜浦臼町「国道275号線」(90分)
  • 中央バス 滝川市〜浦臼駅(40分)
  • 中央バス 奈井江町〜浦臼駅(20分)
  • 浦臼町営バス 奈井江町〜浦臼駅(20分)

面積/人口

101.08km2/2324人(平成21年9月30日現在)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ