Hatena Blog Tags

海蔵寺

(地理)
かいぞうじ

神奈川県鎌倉市扇ガ谷にある、臨済宗建長寺派の寺院。
山号は、扇谷山。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

先日,鎌倉海蔵寺で,きれいな赤い実をつけた小さな植栽ガマズミに出会いました.同じ仲間の中でも,特にきれいな赤のように見えます.サンゴジュも子供の頃思っていたよりずっと美しいと最近再発見していましたが.我が家にあるビバーナム・ティヌスも同属.こちらの実は赤くなりませんが,地味ながらよくみると美しい.同じく同属のセイヨウカンボクはとても美しい実をつけ,ウクライナ,ロシアでは特別な意味を持つとのこと;少女の愛と優しさの概念の象徴,美しい乙女の情熱的な愛を象徴----

先日,鎌倉海蔵寺で,きれいな赤い実をつけた小さな植栽に出会いました. 調べてみると,ガマズミ. 庭木としても広く植えられていると聞いていながら,名前を一致させて見るのは初めて. 同じ仲間の中でも,特にきれいな赤のように見えます. そして,今日おんめ様に行って,ここにも在ったことを知りました.先日も来たばかりなのに. このところ買い物ついでの早足の散策で,見逃していた.心の余裕が必要! こちらの方が大きな木でしたが,葉の色が変わりはじめていて,実の美しさは,バックが緑色の海蔵寺に軍配. ガマズミ. 濁音が二つも入った奇妙な名前に聞こえます.ガマは「鎌の柄に使うほど堅い木だから」,ズミは「=酸っぱ…

鎌倉海蔵寺の萩は残念なことに,ほとんど散っていました.それでも青空をバックに見上げた枝は,なかなかの迫力.万葉集で最も多く取り上げられている萩は『さ雄鹿』『雁』『露』などと合わせて詠まれていて多彩.一方 花札でよく知られている「萩と猪」は江戸時代後期に好まれた画題.猪が萩などを倒してつくる寝床を「臥猪の床」といい,和歌などにも詠まれる定番の組み合わせでした.ただ「臥猪の床」は,必ずしも萩である必要はありませんでした.萩を描きこむことでより華やか絵柄として定着したように思われます.

10月だというのに暑い1日. まだ,萩は咲いているかな?と海蔵寺へ. 予想通り,そして残念なことに,ほとんど散っていました.それでも青空をバックに見上げた枝は,なかなかの迫力. 万葉集で最も多く取り上げられている花,萩. 真葛原 靡く(なびく)秋風 吹く毎に 阿太(阿陀)の大野の 萩が花散る 作者不詳 巻10, 2096 原一杯に生えた葛の片寄る,秋風が吹く度毎に,広い阿陀の野原の萩の花が散ることだ.(折口信夫 口訳万葉集) ただし,万葉集では「萩」の字は用いられていません. 「芽や芽子の字が用いられていますが,秋の代表的な花なので,後に萩の字が当てられるようになりました」(山田卓三 万葉植物…