清王朝

清王朝

(社会)
しんおうちょう

中国の王朝のひとつ。清、清朝、清帝国とも。
満州族(女真族)のヌルハチ(太祖)が1616年に建国した後金を前身とする中国最後の王朝。


現在の中国東北地方から興ったツングース系の満州族の建てた王朝。明滅亡後の中国大陸を300年近くにわたって支配。
1636年、ヌルハチの子のホンタイジ(太宗)が後金から国号を清と改めた。
その子、順治帝が1644年に北京を都とし、次の康熙帝が1683年に中国を統一した。


第4〜6代の康熙帝、雍正帝、乾隆帝の時代が最盛期だが、19世紀以降、ヨーロッパ列強の圧迫を受けて衰えた。
1911年の辛亥革命と翌1912年の中華民国の成立によって滅ぶ。

歴代皇帝

  1. ヌルハチ
  2. ホンタイジ
  3. 順治帝
  4. 康熙帝
  5. 雍正帝
  6. 乾隆帝
  7. 嘉慶帝
  8. 道光帝
  9. 咸豊帝
  10. 同治帝
  11. 光緒帝
  12. 宣統帝(愛新覚羅溥儀)

時代区分等

明王朝→清王朝→中華民国

新着ブログ: 清王朝