瀬田の唐橋

瀬田の唐橋

(地理)
せたのからはし

滋賀県大津市瀬田の瀬田川にかかる橋で、歴史的な観光名所。
元々は木造の橋であったが、1979年に現在のコンクリート製の橋に建て替えられた。



琵琶湖から注ぎ出る川は瀬田川しかなく、京都防衛上の重要地であったことから「唐橋を制する者は天下を制す」と言われたほどの歴史上において重要な橋である。
古来から幾たびも交戦が行われたり焼失したりし、立て替えられている。
また、ことわざ「急がば回れ」の由来は、この「瀬田の唐橋」である。

新着ブログ: 瀬田の唐橋