熊野古道

熊野古道

(地理)
くまのこどう

熊野三山の熊野本宮大社と熊野速玉大社、それに熊野那智大社へと通じる参詣道の総称。主に小辺路(高野山と熊野三山との間のルート)、中辺路(田辺と熊野三山とのルート)、大辺路(田辺と串本と熊野三山とのルート)、伊勢路(伊勢神宮と熊野三山とのルート)、大峯奥駈道(吉野と前鬼と熊野三山とのルート)の5つの道を指す。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に紀伊路以外は登録された。

ネットの話題: 熊野古道

人気

新着

新着ブログ: 熊野古道