物言う株主

(一般)
ものいうかぶぬし

上場企業に対して株主としての権利を行使し、企業価値が向上するよう経営の見直しを求める投資家
経営に口を出さない株主(サイレントパートナー)に対して、経営に積極的に関わる投資家アクティビスト)のこと。議決権の行使から、株主提案、取締役就任までいくつかの段階がある。もともと、経営に不満があれば株を売却すればよい、という考え方からサイレントパートナーとなっていた機関投資家が、運用額の増加にともない自分の売りで市場を崩してしまうコストを意識するようになって、売却する代わりに経営改善を積極的にはたらきかけるようになっていった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ