真田紐

(一般)
さなだひも

縦糸と横糸を使って平たく織ったひも。真田昌幸と真田信繁(真田幸村)が九度山に蟄居中に作って売ったという言い伝えよりその名が付けられている。
また、サナダムシの名称の由来にもなっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ