礼記

(読書)
らいき

礼記とは、周から漢にかけて儒学者が解説した、礼の倫理的意義について、古説を集めたもの。「三礼」のひとつであり、唐代以降には「五経」の1つとして尊重された。
前漢初期には『礼の記』131編のほか、さまざまな礼に関する古記録が現れたが、前1世紀にまず戴徳がこれらを整理して『大戴礼』85編を編集し、次いで戴聖が『礼記』(小戴礼ともいう)49編を編集し、『十三経注疏』に収められている。
なお、四書に含まれる「大学」「中庸」は礼記の一部である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ