福岡正信

(一般)
ふくおかまさのぶ

 自然農法家。1913年愛媛県生まれ。横浜の検疫所で働いていたとき、山下公園をそぞろ歩きしていた際、「人間は、実はなにもしていない!」と悟り、それを実証するべく職を辞して帰農する。彼の農法の特徴は、不耕起、無除草、無肥料、無農薬を実践することにある。人為を排除した農法である。その発想から一部で「現代の老子」とも評される。アジアのノーベル賞とされるマグサイサイ賞受賞。
 著作としては「自然農法・わら一本の革命」「自然に還る」などがある。2008年8月16日、老衰で逝去。95歳。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ