稚内空港

(地理)
わっかないくうこう

[英文表示] Wakkanai Airport
稚内空港は、北海道稚内市に位置し、国土交通大臣が設置管理者となっている国管理空港であり、拠点空港のひとつ。
1960年4月開港。

沿革

1956年7月、設置決定。
1958年7月、第2種空港(運輸省大臣設置管理)に指定。
1960年4月、滑走路1,200mにて供用開始。
1987年6月、滑走路を1,800mに延長し、小型ジェット機の離発着が可能となった。
1988年10月、滑走路を2,000mに延長。
1995年6月〜10月、関西直行便が季節運航として就航。
1997年、東京直行便が通年運航となる。
2003年4月1日、利尻・礼文が運航廃止。
2004年6月〜8月、名古屋直行便の季節運航が開始。
2009年11月、滑走路を2,200mに延長。

利用状況*1

国際線 国内線 合計
着陸回数(回) 0 1,277 1,277
乗降客数(人) 0 177,369 177,369
貨物取扱量(t) 0 189 189
郵便取扱量(kg) 0 0 0

空港データ

IATA 3レターコード WKJ
ICAO 4レターコード RJCW
滑走路方向 08/26
滑走路全長×全幅(m) 2,200×45
滑走路面 舗装
供用開始 2009年11月19日

リスト::航空

*1:2013年

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ