表慶館

表慶館

(一般)
ひょうけいかん

東京国立博物館(東京都台東区)の建造物の1つ。重要文化財。1909年(明治42年)、皇太子(のちの大正天皇)の成婚を祝う目的で開館した日本で初めての本格的美術館である。。設計は、東宮御所(現・迎賓館)の設計も手がけた宮廷建築家の片山東熊。
明治末期の洋風建築を代表する建物として、1978年に重要文化財に指定された。
1999年以降、特別展示等に使われる他は閉鎖されている。

新着ブログ: 表慶館