Hatena Blog Tags

超ひも理論

(サイエンス)
ちょうひもりろん

物理学において粒子を粒ではなく弦であると考える弦理論に、超対称性を導入した理論のこと。


このひもが超対称性をもつために「超」がつく。1cmより33桁も小さく、糸くずのように線状のものや輪ゴムのように閉じたものが考えられている。
この理論は奇妙な歴史を持っており、もともとはクォークの閉じ込めを記述するために考え出された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ