霧島神社

(一般)
きりしまじんじゃ

鹿児島県霧島市にある「霧島神宮」の旧社名。

祭神としてニニギノミコト(天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊)、コノハナサクヤヒメ(木花咲耶媛尊)、ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊)、トヨタマヒメ(豊玉媛尊)、ウガヤフキアエズノミコト(鸕鶿草葺不合尊)、タマヨリヒメ(玉依媛尊)が祀られている。欽明天皇の時代に創建されたと言われている。近くに火山があるために、たびたび炎上していた。現在ある建物は1484年(文明16年)に島津忠昌の命により兼慶が再建したものである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ