高瀬舟

(読書)
たかせぶね

 森鴎外の小説。初出:大正5年1月「中央公論」
 鴎外はこの作品の材料を、「翁草」という随筆集から得たと、「高瀬舟縁起」の中で書いている。そこに二つの問題が含まれていたことが、執筆の動機になった。第一に、人間の欲望の問題で、罪人喜助の無欲さに心をひかれたのである。第二は安楽死の問題であり、死に直面して苦しんでいる人間は、むしろ安楽に死なせるべきではないかという疑問だった。
 そして、第一の問題は日ごろ鴎外自身の反省していることに関係し、第二の問題は子どもが重病にかかった際に、実際に考えていたことが、「高瀬舟」という作品に具体化されたわけである。
 鴎外は問題を提出しただけで解決は出さない。しかしこのヒューマニズムにあふれた作品は、読む者の胸に迫る力を持っている。
 

高瀬舟 (集英社文庫)

高瀬舟 (集英社文庫)

山椒大夫・高瀬舟 他四編 (岩波文庫 緑 5-7)

山椒大夫・高瀬舟 他四編 (岩波文庫 緑 5-7)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ