UMA

(アニメ)
ゆーま

「はぴねす!」の主人公、小日向雄真の俗称。

UMA

(動植物)
ゆーま

Unidentified Mysterious Animal」の略。
生物学的には存在が確認されていない未知の生物の呼称。または,研究中ではある生物の呼称。一部の人々に実在が信じられているもの、または実在したとの証言があるものという点で、空想上の生物とは異なる。
動物作家の実吉達郎が提唱。
イエティ,スカイフィッシュ,つちのこ,ビッグフット,ネッシー,チュパカブラ等。
もともとは和製英語。英語圏ではヒドゥンアニマルとか言ったらしい

また、イリオモテヤマネコはかつてヤマピカリャーと呼ばれていたUMAであり、UMAから公式に記載された希有な例である。

英語圏では、クリプティッド (cryptid) という言い方が普及しつつある。



「そんな生物いるわけが無い」と言う生物学者が勿論いるが,地球に生息している生物全てを人間が知っているわけが無い。「いない」と決めつける前に,研究する事が大切だ。ちゃんとイリオモテヤマネコ研究家の方は一生懸命研究して、そのぬこを発見し、捕獲して「これですか」と現地人に見せて聴いたところ「いやヤマピカリャーはもっと大きい」というので、さらに研究し、遂にヤマピカリャーと言われるやままやーの頭蓋骨を発見、調べたらイエネコの物だったという。ここまでやらないと困る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ