不思議

(一般)
ふしぎ

〔「思議すべからず」、つまり、通念では理会出来ない、の意〕
(一)今までの科学知識では十分に説明し切れない点が残って、出来れば解明したいと考えられること。
【例文】「植物には人間と同じような意思があるのかもしれない。そんな植物の不思議な力の数かずを紹介。」
(二)どうしてそういう事象が生じたのか、その原因・理由について、その人の理解を超えている様子。
【例文】「給料500円、ヤミ米は1升200円、生きてきたのが不思議。」
    「不愉快じゃないって言ったらうそになるけど、このところ不思議なことに前ほど彼のだらしなさが気にならなくなった。」

(新明解国語辞典より引用。)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ