Windows

(コンピュータ)
うぃんどうず

マイクロソフトが開発・発売している、おもにx86/x64アーキテクチャのPC/AT互換機用*1のGUI OSの名称。
カーネルに16bitのソースコードを含んだ9x系と完全な32bitのNT系があったが、Windows XPで統合された。
なお、Windows NTにバージョン1や2はなく、いきなり3.1が発売された。
使用しているユーザ数、技術者数、初心者の数が多いため、ウイルスが作製されたり、ウィルスが実行されたりする機会が多い。

なお、Windowsと呼ばれるOSには、PDA、ハンドヘルドPC、組み込み用途向けのWindows CEもある。Windows CEは、ARM以外にもMIPS、SH4などの複数のCPUをサポートしている。組み込み向けのWindowsはのちにWindows Mobile、Windows Phoneが開発された。
ほかにARMアーキテクチャのPC向けのWindows RTもあり、2012年に搭載製品が発売されたが、タブレットPCでもx86系が幅を利かせているので、RTは徐々に収束に向かっている。

PC/AT互換機向けWindowsの主なバージョンの発売年

はじめWindows 1.xが発売されたときはウインドウの重ねあわせができないなど、ほとんど使い物にならないという代物で実際に使おうと思った人もいなかったらしいが、バージョンが上がるに従い2.0ではウインドウの重ねあわせが可能になり、3.0では80386の32ビットプロテクトモードをサポートしメモリの扱いが行いやすくなり、Windowsの存在を知らしめるまでに成長した。
さらに3.1では3.0で多発したUAE*2(回復不能なアプリケーションエラー)の発生をできるだけ抑え、4.0(Windows 95)ではこれまでMS-DOSから起動する形であったWindowsがOSに組み込まれ、GUI-OSとなった*3
Windows 95までは富士通 FM-R/FM TOWNS用にも発売され、Windows 98、2000まではNECの国産アーキテクチャであるPC-98シリーズでも動作した*4

こんなヒストリー表もある

http://www.levenez.com/windows/

*1:AlphaやMIPS、PowerPC、IA-64をサポートしたNTなどの例外はある

*2:UAEというネーミングから当時アラブ首長国連邦ではWindowsが利用禁止になったことがある

*3:実際にはMS-DOSの起動時に自動的にWindows 95が起動されるように成っているだけです

*4:無保証だがWindows MeをPC-98で動作させることも出来るらしい

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ