シートン俗物記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-04-09

[][][]原子力はやめよう

20年以上前になるのだが、学生の頃にチェルノブイリ原子力発電所事故が起きた。

私はすでにスリーマイル島TMI原子力発電所事故経験を経て原子力というものに疑問を持っていたのだが、チェルノブイリはハッキリと原子力反対、へと押しやった。当時、物理学科の仲間にもそうした意見を表明する者も少なくなく、我々はささやかではあるが「反原発」活動を始めた。

今でも鮮明に覚えているのが、学科教授達を交えた討論会で、学生教員の区別無く「原発は是か非か」について話し合った。


意外というべきか、教授の中にはハッキリと反原発の立場に立つ先生もいた。核物理教授は「原子力は必要だ。安全措置を施してある日本原発事故が起きることはありえない」と述べた。

だが、大方の先生意見はこうだった。

原子力は既に電力の4分の1を占めている。代替手段が無ければ原子力は仕方がない」

つまり、消極的賛成、という事だ。

その頃は、まだ地球温暖化(人為的気候変動)の問題は持ち上がっていなかったから、「原子力に拘る必要性は無いはず」という当然の意見があった。

それに対する回答は

「発電コストが安い」「エネルギー安全保障に繋がる」

であり、それに対してもやはり

「核廃棄物処理や誘致や建設コストを考えれば安価とは云えないのでは*1

ウランだって輸入に頼っている*2

意見は交わされた。

結局、教授陣においても一部を除いては積極的な原子力推進を図るべき、という人は少なく、消極的立場の人がほとんどだった。

いつまでも石油が保つかはわからない。だから、原子力核分裂)は核融合実用化までの繋ぎとして考えるべきだよ」

プラズマ研究先生が締めくくった。


代替手段が確立するまでは原子力はやむを得ない、という考え方は、なんの事はない。半世紀以上前からの変わり映えのしない意見なのだ。

そんな消極的な、維持する/漸減していく、というような考え方は、しかし実際とは重ならなかった。なぜなら、原子力はそれ以前もそれ以後も、着実に推進されたからだ。

我々のささやかな活動も、声を上げた人の意見も、何一つ反映されなかった。TMI事故時に比べれば4倍以上、チェルノブイリ時から考えても20基以上原発は増えている。

現地の反対を圧殺し、補助金助成金漬けにして、宣伝広報活動を推し進め、原子力は着実に増加してきたのだ。まるで津波のよう。原子力推進派の巨大な力を思えば、反対派の力など障害になど成り得なかった。この国では、司法でさえも原子力推進に積極的に協力してきたくらいなのだから。


参考: 浜岡原発運転差し止め訴訟

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20071026/1193372190


上関原発工事の妨害 地裁が「1日70万円」支払い命令

http://mytown.asahi.com/areanews/yamaguchi/SEB201103290025.html


つまり、原子力はやむをえない、というような考えは、何一つ言っていないのと同じである。そのような考えが、原子力推進側の行動に繋がり、そして、電力の確保には必要だ、とした結果、現在の状況を生んでいるのである。


だから、考え方を変えなくてはいけない。

「代替技術が見つかったら、脱原発しましょう」ではなく、「脱原発しましょう。そのために代替技術を生み出しましょう」でなくてはならない。

そのうちに、ではなく、ハッキリと具体的スケジュールと併せ、「脱原発」を打ち出すべきなのだ。

よく、そんな事出来っこない、という意見が聞かれるが、それは愚かしい意見だ。


アメリカにおける自動車の排ガス規制(マスキー法)の存在は、当時アメリカ自動車メーカービッグスリー)の大きな反発を招いた*3。しかし、カリフォルニア州などで実践された規制クリアする事で日本自動車メーカーシェアを拡大したのだった。

同様の事は技術史的には珍しくなく、

水銀フリーアルカリ電池 有機ハロゲン化合物*4、も「代替は不可能」「全廃は現実的でない」というような意見が出る。しかし、規制が実行されると、代替技術は生まれるのだ。

興味深いのは取り上げた例も含めて、欧州での規制が契機になっているケースが多いこと。その事は、ドイツを始めとして、自然エネルギーの導入が進んでいる事と無関係ではない。つまり、欧州では、ビジョンを明確に掲げ、具体的な課題設定をすることで、技術革新は図れる、と考えられているのだ。そこが、彼らの強みである。


ビジョンとして掲げているのは

「持続可能性のある社会システムへの移行」

である。そして、そのビジョンにおいて、持続可能性がある(エネルギー源が無尽蔵で、環境負荷の低い)自然エネルギーの導入、は当然の帰結なのだ。

それに対して、具体的な課題設定とスケジュールを定める事、これがドイツ日本の差となった。

ドイツでは今回の福島での事故を受けて、原発を推進しようとする産業界にNO!を突き付け、原発全廃へと舵を切り直す事が出来た。


では、実際には自然エネルギー需給ギャップをどう埋めたらいいだろう?アプローチとしては4つが考えられる


  1. 自然エネルギーの総量を増加させ、獲得手段の多様化を進める
  2. 自然エネルギーの効率を上げる
  3. 社会全体の需要総量を減らす これには社会的アプローチ重要
  4. 技術的に需要を減らす つまり効率を向上させる

自然エネルギー不安定だ、という意見もある、それはいかにするか?

一つには、多様な発電手段によるリスクヘッジだ。太陽光発電でも多様な地域での発電により日照差を解消し、風力やマイクロ水力は太陽光発電と相補的な役割を果たすだろう*5

いわゆるスマートグリッド(賢い電力格子網)とは、多様で変動する電力供給需要を制御するためのシステムだ。ビジョンに合わせて新たな技術システムが生み出されるのである。

今まで自然エネルギー日本においては極めて軽んじられてきた。しかし、状況は変わりつつある。このところ、自然エネルギーに関係するような展示会の盛況ぶりはかつてを思えば驚くほどだ。多様な技術が続々と生み出され、新規参入企業によって市場は活況を呈している。


PV EXPO [国際]太陽電池

http://www.pvexpo.jp/


同時開催展・併催イベント

http://www.pvexpo.jp/ja/About-PV-EXPO/Concurrent-Exhibitions/


これが原子力となるとどうだ?巨大企業とその関連下請け企業ぐらいしか市場にはおらず、その巨大すぎるシステムゆえ行政とのなれ合いも激しい。おびただしい(国も含めれば十数兆)研究予算を投じながらも、この数十年、新規性のある技術など生み出し得なかった。原子力には魅力的な研究余地は無いのである。


だから、若い技術者?っぽい人が、原子力はしかたないよね、などと発言しているのを見ると、笑ってしまう。自然エネルギーには大きな技術開発の余地があり、競争を通じて新規参入企業の伸長の可能性が多くある。脱原発には技術革新社会変革のチャンスがあるのだ。チャンスが欲しければ自然エネルギーをプッシュすればいい。


そこいくと、原発厨(原子力やむなし、脱原発はムリ、の自称リアリスト)は、救いようがない。社会に対する不満は募らせる割には、実際の変化には及び腰なのだものな。

原発厨の傾向や意見を見ていくと、以前論議を呼んだ(性犯罪)自衛厨との共通点が浮かんでくる。


女性に対して性犯罪被害に遭いたくなければ、自衛*6しろ、と説き、その理不尽さに対しては「でも、現実的に自衛するほか無いでしょ?」と云い垂れ、現実を変えていく可能性を無視する(性犯罪)自衛厨


原子力理不尽さを説くと、代替手段の不可能性を延々と説き、「現実的に原子力しか無いでしょ?」と云い垂れ、現実を変えていく可能性を無視する原発


彼我の立場の非対称性を無視し、女性や反原発派へのルサンチマンを募らせているあたりも共通している。現実を見据えることと、現実に安易に妥協することは違うのに。

そのへんが、反原発派を女性の考え、と侮る

のような考えを生むのだろう*7。反原発派と女性が一致しているのではなく、反発する側の意識が共通しているのだ。その侮りは、認識不足を呼ぶ。


原発派こそ、市場メカニズムを使え - モジログ

http://mojix.org/2011/03/29/hangenpatsu-market


また、「ぼくのかんがえた反原発派」を開陳しているけど、電力需要ピークの制御という考えは、脱原発活動を行っている者には基本中の基本だ。

ap bankの活動で知られる田中優氏の著作「地球温暖化/人類滅亡のシナリオ回避できるか」(扶桑社新書)には、電力需要ピークの削減について色々書かれている。

飯田哲也氏もスマートグリッドの他、電力事業の自由化*8送電分離、電源選択*9に対する意見を表明しているのだ。このへんの議論は既に行われており、単に原発厨どもが今になって気づいたにすぎない。


id:m-matsuokaなどは

http://b.hatena.ne.jp/m-matsuoka/20110402#bookmark-36293066

m-matsuoka これはひどい, 政治, 経済, ビジネス 化学プラントなども危険物質を扱っているが営利企業でも安全確保のために投資できている。国営にすれば解決というのは国家勝手片思いをぶつけているだけ。宗教団体のような反原発団体を何とかするべき。

などと書いている。こいつ、どうやら水俣病*10阿賀野川の有機水銀被害*11も、神通川カドミウム汚染も、田中正造のエピソード*12も、インドパールの毒ガス事故*13も、アラスカのバルディーズ号事故も昨年のBPの海底油田事故も知らないらしい。


本来なら20年以上前に踏み出していてもよかった「脱原発」。遅ればせながら日本でも一歩を踏み出そうではないか。また、現実とやらに流されるなら、今回と同じような結果を招くだけだろう。いずれにせよ、持続的可能性のある文明を営もうとすれば、自然エネルギーシフトは避けられないのだ。やるなら、今、である。


年末名古屋生活クラブに誘われて、三重県の芦浜原建設予定地を見に行った。


名古屋生活クラブ

http://www.nagoyaseikatsuclub.com/


芦浜(現 紀勢町)では地元漁業関係者を中心として反対運動を続け、中部電力の計画を白紙に追い込んだ。その結果、静岡県浜岡町(現 御前崎市)に原発が出来たのはご承知の通り。中部電力や国はいまだに芦浜への原発建設を目論んでいる。紀勢町では盛大な公共土木事業を始めとする大盤振る舞いが行われ、漁業不振高齢化に悩む町は原発受け入れやむなしに近づきつつある、と原発推進派の攻勢を土地の人は苦々しそうに話してくれた。

だが、今回の事故は芦浜の人々の意識を再び「原発はいらない」へと向けただろう。闘い続けた彼らの判断は正しかったのだ。

f:id:Dr-Seton:20101212103136j:image

写真は芦浜の海 右手原発建設予定地

脱原発のエネルギー計画

脱原発のエネルギー計画

知ればなっとく脱原発 (市民科学ブックス)

知ればなっとく脱原発 (市民科学ブックス)

脱原発へ歩みだす〈1〉 (高木仁三郎著作集)

脱原発へ歩みだす〈1〉 (高木仁三郎著作集)

地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか (扶桑社新書)

地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか (扶桑社新書)

日本版グリーン革命で経済・雇用を立て直す (新書y)

日本版グリーン革命で経済・雇用を立て直す (新書y)

自然エネルギー市場―新しいエネルギー社会のすがた

自然エネルギー市場―新しいエネルギー社会のすがた

クルマのない生活―フライブルクより愛をこめて

クルマのない生活―フライブルクより愛をこめて

エコ・ウオーズ 低炭素社会への挑戦 (朝日新書)

エコ・ウオーズ 低炭素社会への挑戦 (朝日新書)

田中正造文集〈1〉鉱毒と政治 (岩波文庫)

田中正造文集〈1〉鉱毒と政治 (岩波文庫)

*1:当時も、原子力関係の研究を行うと莫大な資金が付くことは学生にも知られていた

*2:未だ冷戦中だったので、核物質の輸出入は国際情勢による制約が大きかった

*3実施前に廃案となった

*4:フロンのようなフッ化炭素類の他、洗浄剤のトリクロロエタン難燃剤臭素化合物など

*5:晴天時は太陽光、荒天時は太陽光はダメだが風力・マイクロ水力は向いている

*6:といっても外出するなとか服装をおとなしくしろとか愚にも似つかない話だが

*7:再三続く原発に関するつぶやきは、原発推進派の隠れdisじゃないか、と思うほど凄い

*8日本でも電力事業の自由化が一応は進められたが、送電分離が行われなかったので電力買い取りで不利になり事業化する企業は増えなかった

*9自分で購入する電力の電源を選択できる 日本では電力会社の反発で実現しなかったが、はてなも行っているグリーン電力はその劣化版

*10:原因となったチッソ補償を行うと潰れてしまう、と国の介入を招いたのは有名

*11:こちらは昭和電工

*12足尾銅山は現在古河グループだった鉱山会社の所有

*13ユニオンカーバイド社

Dr_CaligariDr_Caligari 2011/04/09 15:43 確かに、地デジみたいに「20XX年に日本は原発を廃止します」みたいな、思い切りのいいビジョンが欲しいですよね。
今回のことで、これから世界は脱原発に向かうのは間違いないので、そこに食い込む為に政府が積極的に研究開発に金を出していくべきだと思います。
太陽光発電パネルの時みたいに、また乗り遅れるのは勘弁して欲しいですね。

通りすがり通りすがり 2011/04/09 19:38 ドイツの自然エネルギー推進はコケましたですぜ。2年前に選挙で負けて原発推進に方針転換済。要するに二酸化炭素出さなきゃいいんだろってドイツ人の判断。今回の事故でまた方針転換するってグダグダなオチもつきますがね。

charleyMancharleyMan 2011/04/09 21:47 しかし改めて思うのは、エネルギー安全保障的な側面ももちろんあっただろうけど、やはり核兵器をつくれるようにしておきたかったからこそ、国策的に原子力に拘ってきたのでしょうねえ。

まあ、日本の指導層には、核兵器どころか有事にきちんと対処する能力は全く期待できないことが今回の件ではっきりしたので、いっそのこと完全武装放棄も悪くない気がしてきました。

goodluckjapangoodluckjapan 2011/04/09 22:49 いいエントリーですね。パラダイムの転換が求められているのに、「原発はいまのところ必要だが」という枕言葉をつけないと気が済まない人々が多すぎます。

そうではなく、「原発を20年以内に廃止するために」何をするべきか、と考えていきたいものです。

めざせ「2030脱原発」!

kyouhu_23kyouhu_23 2011/04/09 23:49 初めまして。

規制によって技術革新をはかるという見解、
その通りだと思います。
ネオコンのごとき市場原理主義者(やネトウヨも?)は、おそらく
「規制でイノベーションが遅れる!」と反発すると思いますが。

ところで、電力は電力会社の寡占状態にあるために
市場で自由競争が行われてはいないので、
そういう連中に何か進歩を期待しても無駄ですよね。
原発の「技術推進」「安全」とて、
市場で競争して達成・・・とか無理でしょう。独占体制を敷いているから。
消費者に選択の自由がない以上、ここは行政による適切な規制で
淘汰するしかないはずです。
市場万能、競争原理を唱えるくせに、電力会社の電力独占には
無関心なのかと、一部の経済系の言説を見ていて腹立たしく思っていました。

長文失礼しました。

aaaaaa 2011/04/10 00:51 反原発の人全員に共通してるけど、なんで代案を出さないんだろうね?
それが現実的な案であれば誰も反論なんかしないし、今なら政治家だって食いついてくるのに

dimitrygorodokdimitrygorodok 2011/04/10 01:10 通りすがりさんは情報が古いですねぇ

選挙における大地震
http://blog.livedoor.jp/murakamiatsushi/archives/51612407.html
ドイツ:与党党首が引責辞任 州議会選、環境政党に大敗で
http://mainichi.jp/select/world/news/20110404dde002030018000c.html
ドイツ首相「敗因は福島原発」 州議会選で連立与党敗北
http://www.asahi.com/international/update/0328/TKY201103280527.html
もうその路線は放棄されました。

また、「ドイツも依存せざるを得ない原発無双のフランス」というイメージが日本で広まっていますが、少し調べてみると安泰とは言い難い様子。

仏電力公社EDF、2009年の仏原子力の発電電力量は前年比6.8%減、原子力投資の資金確保に奔走 : 海外エネルギー情報|学ぶ・知る・楽しむ|東京電力
http://www.tepco.co.jp/cc/pressroom/overseas/2010/100225-j.html
ベルリン@対話工房:石油後を考える:最新ニュース:フランスで原子力依存の弱点露呈
http://www.taiwakobo.de/serie/nach_oel/aktuell/2009/f_akw.htm
フランスが電力の輸入国に
http://blog.livedoor.jp/murakamiatsushi/archives/51384274.html

以上の事から日本も原発への依存度を高めるのは現実的とは言いかねるのではないかと存じます。

のののののの 2011/04/10 01:33 自然エネルギーの利用拡大には大賛成ですが、自然エネルギー以外の利用も増やさなければ、脱原発は果たせません。
まずは国家プロジェクトとして近海の天然ガス利用を始めるべきです。

tadanotadano 2011/04/10 02:10  現実的な対案を出せ!って反論してくるのも原発推進派のいつものテンプレだと思う。
 代替エネルギーを実用化する提案を科学的に実証するための研究に金を出すべきって話すら嫌なんだろう。
 大体、科学的に実証可能な代替エネルギー利用対案を出せないという点を非難するならば、最新の知見を持つ科学者以外は黙れって言ってるのと同じじゃないか。あまりに馬鹿らしすぎる反論だ。
 そういう科学者や研究を支援するために世論喚起をし、巷間の議論を高めて、国の趨勢を原発推進から次世代エネルギーに向けようとすることは大変意義があることだ。
 また、原発推進を法制度で優遇し、電力事業会社の独占を認めてきた失敗を非難するのに次世代エネルギーの科学的知見の有無なんて関係ない。
 もし、原発推進派が原発のほうが様々な面で、次世代エネルギーより有利だと主張するなら、次世代エネルギーのことも十分に研究できていなければ言えないはずだ。
 今から日本がやるべきことは、国家的に次世代エネルギーの研究予算を増やし、原発と比べることだ。安全性からコスト、将来の経験曲線価格効果、分散電源システムの利点、安全保障上の観点等、すべて総合的に勘案するべきだ。原発推進派はそれらが終わって初めて原発の利点を本当の意味で主張できるはずだ。
 その時には、原発の発電コストに、今回の事故の影響や核廃棄物の処理、さらに将来に渡ってかかる核廃棄物保管コストも十分に含めて計算するべきだ。それでも原発が優れているなら、誰もが原発を選ぶでしょう。

俗物野郎Dr-Seton俗物野郎Dr-Seton 2011/04/10 07:54 推進派だの云う次元では無く、有効的かつ現実的な代替案は必ず必要。
兎に角、俗物野郎の俗物日記のアクセス数稼ぎ目的での間抜けな持論にブックマークをしないで欲しい。
こんな出鱈目野郎の出鱈目日記!
トップページに掲載されるだけで迷惑だ。

ああああああ 2011/04/10 09:02 tadanoさんは早とちりさんだな〜
代替エネルギーについて研究するななんて一言も言ってないよ。むしろ大いに推進したいよ。
問題はそれらがいつ実用的なレベルに達するかだよ。もし数十年も先の話だったらその間の繋ぎはどうするの?って話
もし原発反対→火力増設→石油依存増加→オイルショック→大停電→経済崩壊ってなったらどうする?将来的に原発を減らしていこうって言うのはいい、だが急進的なのは問題がある。考えるべきは今。未来を考えるのは大切だが今なくして未来は来ない。
反原発を提唱するならその辺も踏まえて考えてほしい。

東京 哲学の小箱東京 哲学の小箱 2011/04/10 09:08 「ビジョンを明確に掲げ、具体的な課題設定をすることで、技術革新は図れる」、この記載は松下哲学に通じるものがありますね。

まさしくその通りだと思います。
現状電力の供給に実は困っていない東電の対応などみてるとそもそも代替案が現状早急に必要かさえ疑います。
今電気供給できてますよね。いや様々な企業から買ったりしたら問題ない状態ですね。

問題解決には少しハードルを上げるくらいの方が本質的なアプローチから考えるよう促す力があるでしょう。
ですから原発やめましょう、そっから考えましょうの方が最低限使いつつ・・とかより優れた方法かもしれません。
とても誠実でかつ面白い記事ありがとうございました。

いいいいいい 2011/04/10 09:17 あああって人は、他人にはやとちりなんていう前に自分のはやとちりと読解力を疑ったほうがいいよ

hat_24ckghat_24ckg 2011/04/10 09:21 反対活動のためにより安全な原発の建設が実施できず、今回古いタイプの原発が被災したという反省もあるからなあ。

玉池玉池 2011/04/10 09:32 >反対活動のためにより安全な原発の建設が実施できず、今回古いタイプの原発が被災したという反省もあるからなあ。

原発反対派が原因と断定するのはおかしい

福島原発については東電自身が60年は使える原発だとして、継続使用を提案している。
→PDF http://ow.ly/4fkog

そしてそれを経済産業省が認可。↓

東電福島原発1号機、40年超の運転認可=経産省
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011020700679

ああああああ 2011/04/10 10:47 市民や企業に節電してもらい火力発電所をフル稼働にしてやっとこ供給している状態で電力に困っていないというのは違う。

需要を減らす?太陽光?風力?具体的な概算やリスクの説明もなしにそれっぽい言葉を並べるだけなのは東電と同じぐらい無責任だ。

補助金・助成金漬け?自然エネルギーも同じようなもんだぞ。大企業しか恩恵を受けない?太陽光や風力も大手企業ばっかりだぞ。
犯罪を例にとるのはナンセンスだし、ドイツと比較するのも間違っている(ドイツは電力が足りなくても他国から買える)

いいいいいい 2011/04/10 13:32 それでも風力はやめてほしい。あれはもの凄くうるさいんですよ。海上風力ならいいのでしょうけれど・・・。

うううううう 2011/04/10 13:47 >それでも風力はやめてほしい。あれはもの凄くうるさいんですよ。

こういうのもあります。
秋田発 進化した風力発電「スパイラルマグナス風車」
引用
Q. 風車の音はうるさいものと聞きましたが、マグナス風車はどうですか?

A. 定格出力時でローター回転数が30rpmであり、同規模プロペラ型の1/6程度と低回転のため、静粛性に優れております。騒音レベルは、風の音と区別がつかないほどです。

http://www.mecaro.jp/q_a.html

砂糖砂糖 2011/04/10 14:06 推薦図書に
『クルマのない生活―フライブルクより愛をこめて』
を挙げたのは実にすばらしく心得ているいるものでしょう。
自動者ほどエコに反している汚れた乗り物はありませんからね。
ドイツなどのように自転車の活用を推進し、活用しやすいよう自転車レーン自転車道整備など自転車で安全快適に往来できる環境を整備してこそ
脱原発の大きな一歩と言えることは間違いありません。
ともに『クルマのない生活』を目指していきましょう。
自動者は排ガス騒音他あらゆる公害の元凶であり、乗り手はメタボに乗り手以外は公害で不健康にしここ日本ではその圧倒的な殺傷力により大勢の子どもを殺傷性している禍々しい乗り物ですが
自転車は乗り手が健康になり、あらゆる公害とは無縁、自動者と比較して対人影響力の少なさ、占有面積の少なさは進み成熟した国家、ドイツなどは既に認めるものです。
日本もそれに倣っていく、というより、それを追い越すぐらいの勢いがほしいところです。
そうしなければ脱原発に及ばず、また放射能汚染に日本が汚染され、そして日本発の放射能で世界も汚染されることになるでしょうから。

佐藤佐藤 2011/04/10 14:13 自動者は製造から何から何まで莫大な電力を消費しますからね。
今回の原発爆発放射能汚染大事故、人災は、病的なまでの自動者依存がひとつの元凶であることは間違いないでしょう。
既にドイツやオランダなどは自動者のそういった悪しき側面と真正面に向き合い、自動者利用を厳しく制限し、自転車利用を推進しています。
日本でも、真っ当な自転車道、自転車レーンの整備が急務でしょう。
モラルの劣悪なモンスタードライバーによる違法駐車で記法不全に追い込まれた自転車レーンの少なく有りません
自転車レーンを整備する際は、駐車予防策と取り締まり、罰則の強化もセットで実行していくべきでしょう。

ひとしひとし 2011/04/10 18:31 左巻きは勢いよく批判をするけど、じゃあどうしたらいいの?と聞かれたら涙目でもっと声高に文句を言うだけなんだよな。

反対論をぶってもいいけど、それがもう30年以上前の古びた風力他自然エネルギー発電って、まあ恥ずかしげもなく書くよ。核融合も、もう放射性物質を出さない炉は無理なのがはっきりしているんだぞ。パスル型核融合なんて、原発以上に核物質出すぞ。

そもそもおまえらの世帯自体、30年前と比べて電気消費量が上がってるんだからな。

おまえのあだ名、今度から雁屋哲な。知性のない奴は黙っていればいいんじゃないか?

FondriestFondriest 2011/04/10 19:51 Dr-Seton様 はじめまして Fondriestと申します。いつも面白く読ませていただいております。

>ひとしくんへ

右巻きは勢いよく反論をするけど、じゃあどうしたらいいの?と聞かれたら涙目でもっと声高に文句を言うだけなんだよな。

賛成論をぶってもいいけど、それがもう30年以上前の古びた代替エネルギーなんて駄目です原子力しかありませんって、まあ恥ずかしげもなく書くよ。高速増殖炉も無理なのがはっきりしているんだぞ。MOX燃料なんて、普通の原発以上に危険だぞ。

そもそも原発のコスト自体、優位ではない上に今回の事故で上がってるんだからな。

おまえのあだ名、今度からひとしな。知性のない奴は黙っていればいいんじゃないか?



原発厨とミソジニーの類似点は私も気になってました。上のコメ欄にも現れている、今回の事故の原因を反原発運動に帰する言説は、暴力の理由をパートナーの不服従、さらにそれを訴えたことに帰するDV男の理屈とどこが違うのか分かりません。

あと代替エネルギーの議論でドイツの例が出されるたびに、「ドイツはフランスから原子力による電力を輸入してる!」という反論がされますが、そもそもドイツは電力の輸入国ではありません。

http://www.duh.de/uploads/media/StromLueckeDiagramme_97-07_sh_060408_01.pdf

上でdimitrygorodok さんも指摘されているように、逆にフランスへ輸出しておりました。今回の事故による反原発運動の高まりにより8基の原発が停止された結果、電力の輸入が増加しトータルで赤字になりましたが、それは国内の発電設備の能力不足ではなく経済的理由によるものであると、ドイツ連邦環境局が発表しております。

http://www.handelsblatt.com/politik/deutschland/deutschland-braucht-keine-stromimporte/4029120.html

脱原子力は、シートンさんがおっしゃるように結局政治的意志の問題だと思います。

コバルトコバルト 2011/04/10 22:53 そう言いながら原子力発電の電気を使っている。
代替エネルギーの経済性や現実性を考えてから
『原発反対』と言おうね。

googleニュースからの訪問者googleニュースからの訪問者 2011/04/10 23:00 文章が長いです。段落のはじめに何を書いてあるのかがわかるような見出しが欲しい。加えて、見出しを文章の冒頭に目次のように並べても良いと思います。

ああああああ 2011/04/10 23:03 ドイツと日本とでは地理・経済・電力構造が基本的に違うので単純比較できるものではなく、輸出入だけの話ではない。
 ドイツ連邦環境局の発表の裏には「期間限定」「3月中旬以降(電力需要が低い)」ってのがあって長期的にどうなるのか定かではない。
 しかし、よく考えると自国(ドイツ)の原子力を廃止して他国(フランス・チェコ)の安い原子力の電気を買うって何か変だと思いませんか?

みごとんみごとん 2011/04/10 23:29 代替案だせって言ってる原発大好きな人たちは、今回の地震と津波以上の災害がどこの原発でおきても(だって今回のも想定外だからね)放射能がもれない、周辺に影響あたえない、長期間停電しない、その対策しても安い!またもし今回みたいになってこわれても、冷すのに何十年もかからない、放射能汚染があってもすぐもとどおりになる、近所に住んでてもにげなくていい、周辺の野菜や魚がすぐ食えるようなるっていう科学的な代替案をだしてから何か言ってくれないかな。そうじゃないとフェアじゃないよねw

かかかかかか 2011/04/11 01:19 原発に関する研究をやめるのはいい。今回のことで商用ベースの原子力というものが成り立ちにくいことがだんだんわかってきたから。

でも、それで今の福島の危険がなくなるわけではないし、ましてや核分裂や核融合の理論まで「なかったこと」にはならない。日本が原子力研究から手を引いたとき、だれが喜ぶんだろうね。

右に同じ右に同じ 2011/04/11 02:16 おっしゃるとおりだと思います。

僕自身も原発会議派でしたが(絶対安全というが、絶対なわけがない・・・という意味で。)、今回の一件を受けて明確な反対派に移行しました。
今後はスマートグリッド技術+コジェネ、今羽井戸サイクルなどを自然エネルギーと組み合わせて、自然エネルギー活用技術の向上にしたがって徐々に自然エネルギーに軸足を移せばいいんじゃないかなと思います。

天然ガスは日本周辺の海底に大量に眠るといわれるメタンハイドレートを使えばエネルギー依存問題も解決しますしね。

何よりも、スマートグリッドも、メタンハイドレートの活用技術も、それ自体がウリになるビジネスです。

必要は発明の母じゃないですが、今回の震災を奇貨として、こういう技術の発達、実用化に勤めれば、将来の日本のコア技術を生み出すこともできます。

原子力村のお歴々はいまだに原子力を海外に売るという幻想を抱いているようですが、こんな事故を起こした日本の原子力技術をどこが買うというのでしょうか?

代案を出せというのなら、スマートグリッド網を配電レイヤーに据えて、発電レイヤーは将来の自然エネルギーの実用化をにらみつつ、とりあえずは天然ガスによる発電を進めて、今までの大規模な発電所で一極集中的に行う発電に加えて事業所や自治体単位の分散型発電、そしてその売電のクラウドじぇねレーティングとでもいう新しいパラダイムでの電力供給に移行して行けばいいんじゃないですか?

ネットに転がっている数字を見る限りでは、燃料コストは別にして、ワット単位の設置コストでいえば、事業所向けの1000kwクラスのコジェネ発電は原発とさほど変わらなさそうです。
今の原発のコストがこういう事故処理や補償等のコストを度外視しているとすれば結局、発電コストはあまり変わらないのではないでしょうか?

いっそ、政治家、官僚にも、原発村の利権を捨てて、スマートグリッド利権、分散発電利権でも自分で創設して甘い汁を吸ってやる!位の気概のあるやつはいないんでしょうかね。

FondriestFondriest 2011/04/11 04:47 コバルトさん

そう言いながら原発事故の被災者、環境破壊を無視して電気を使っている。原子力エネルギーの経済性や安全性を考えてから『原発賛成』と言おうね。

原発厨=DV男という私の観察にまた一例増やしてくださってありがとうございます。「誰の稼ぎで食わしてもらってると思ってんだ!ガシッ!ボカッ!」アタシは死んだ。シーベルト(笑)(←笑うな!)ってことですね。女性が家を出て自活しようとしたら「お前に稼げるわけがない!」分かります。(もしあなたが女性だったらお手数ですが女言葉に変換してください)


>あああさん

>ドイツと日本とでは地理・経済・電力構造が基本的に違うので単純比較できるものではなく、輸出入だけの話ではない。

誰が単純比較してますか?私が示したのは、原発厨が全く出鱈目を言ってきたということなんですが。単純比較などというのは、ロシアやフランスでは猛暑で多くの人が死んだ。だから原発を止めるとクーラーが使えず多くの人が死ぬ、なんて主張じゃないですか。そっちを批判して下さいね。

>ドイツ連邦環境局の発表の裏には「期間限定」「3月中旬以降(電力需要が低い)」ってのがあって長期的にどうなるのか定かではない。

えーと「発表の裏」って何ですか。あの記事のどこに「期間限定」なんてありました?「3月中旬以降(電力需要が低い)」というのも意味不明ですね。「原発を停止した3月中旬以降輸入が増加した」という表現はありますが、電力需要については全く触れられていないんですけど。ひょっとして日本と同じように夏に電力需要のピークがくると思ってるんですか?記事中にもありますが独仏では冬のほうが電力需要が高いんですが。「長期的にどうなるのか定かではない」というのは括弧がないからあなたの意見なのでしょうが、記事には「2013年に建設中の発電所が供給を開始すれば輸入は減る」という予測があります。まあ、何か私の知らないソース、根拠があって発言してるんですよね?それを示してくださいね。そうしないと、あああさんは、ろくでもない嘘吐きのクズ野郎ということになりますよ。

>しかし、よく考えると自国(ドイツ)の原子力を廃止して他国(フランス・チェコ)の安い原子力の電気を買うって何か変だと思いませんか?

これはその通りですね。勿論、買っているのは反原発の人々でも一般の消費者でもなく、利益だけを考えている電力会社ですね。今回の事故の原因のひとつでもあるそのような電力会社の体質を厳しく批判してください。今の状況だとまず大多数のドイツ人は料金が上がっても原発廃止に賛成すると思いますよ。

灰すら残せない存在灰すら残せない存在 2011/04/11 20:47 使い捨て前提の原発の、廃炉にかかる時間やコストは問題視せず、自然エネルギーに関しては、少しでも不備があると必死に叩きまくるミソジニーたち・・・。

全く、大企業や官僚、保守政党を母上のように大事にする体質には天晴れです。

ああああああ 2011/04/11 20:52 てっきりFondriestさんがドイツで出来て日本で何故出来ない!て言い出すのかと勘違いしました。

期間限定については↓(Fondriestさんの示された資料にも一時的にって書いてありますよ。)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031501001042.html
電力需要についてはFondriestさんご自身がおっしゃている通り、今は需要が減っていきますが、また冬が来て需要が増えたらどうなるんでしょうね?
現在は問題ないかもしれませんがドイツの電力消費量約500TWに対して発電量は約600TW、原発の約20%を引くと480TW、単純計算ではありますが足りなくなる可能性があります。
また、電力自由化が行われているドイツでは自然エネルギーの増加と化石燃料の価格上昇によって電気料金も増加傾向にあり、そのため消費者は安い電力を求め輸入が増えるとの予想もあります(事実輸入が増えたわけで)。輸入が増えるのは電力会社が悪いわけではなくドイツ国民の選択です。

時々拝見時々拝見 2011/04/11 23:00 議論から明後日の方を向いてますが…
芦浜の写真を見てドキッとしました。東北の海岸(もちろん震災前の)とあまりにも似ているので。

不謹慎ですが、ソーラーなんて愛国者のエネルギー、売国奴はぎゃあぎゃあ騒いで原子力。

kumasukekumasuke 2011/04/11 23:25 Dr-Seton様
考えさせられるブログをいつも拝見させていただています。

放射能怖いですよね。同意します。
これと同じことですが、磁石の材料ネオジムや触媒として使用される白金、パラジウム等のいわゆるレアメタルは、放射性物質と一緒に採掘されるので、放射性物質を除去しなければなりません。
こういった放射性物質も危険なので、レアメタルも生産規制あるいは中止にした方が良いと思うのです。
磁石を使った発電機や排気ガスを浄化する触媒がなくなってしまいますので、発電機や自動車は数を極力制限するしかないと思うのですが、環境のためには仕方がないと思います。

aa 2011/04/12 03:08 きもちわりい文章はきもちわりい厨ばかりをおびきよせるんだな。
ってことがわかった。

FondriestFondriest 2011/04/12 05:33 >あああさんへ

まず「期間限定」についてですが、私のコメントのテーマはドイツの電力輸入についてでした。ですから「期間限定」も電力需要をカバーできるかどうかに関わっていると解釈しました。ですが、あああさんによればそれは8基の原発の停止についてだということですね。それならもう少し明確な表現をお願いします。

そうだとしてもあなたの表現には問題があります。「期間限定」というと期間の終了以後には元に戻るということが前提されていますが、元記事にあるvorübergehendはそのような含意を持っていません。3ヶ月のモラトリアム中に審査をしその結果によって再開か廃止を決定するということで、その結果はオープンです。ちなみに現在電力会社との法的問題が残っていますが、再開される可能性は非常に低いとされています。

>電力需要についてはFondriestさんご自身がおっしゃている通り、今は需要が減っていきますが、また冬が来て需要が増えたらどうなるんでしょうね?

誤魔化さないでください。元記事には季節による電力需要の変化には全く触れられていません。「3月中旬以降(電力需要が低い)」という表現であたかも元記事の主張は電力需要が低い時期だからカバーできているという印象を与えようとした、もしくは元記事の内容をあなたが全く理解していないにも拘らず知ったかぶりをしたということで宜しいですね?

>現在は問題ないかもしれませんがドイツの電力消費量約500TWに対して発電量は約600TW、原発の約20%を引くと480TW、単純計算ではありますが足りなくなる可能性があります。

これも誤魔化しですね。誰がドイツの全原発を停止した場合の話をしてるんです?私が示したのは、過去にドイツがフランスの原子力による電力に依存していたという事実はない。現在8基の原発が停止された状態でも、輸入は本質的には不要である、ということです。現在、原発の全停止について議論されてますが、それは当然長期的なプロセスになります。あのグリーンピースですらあと4年は必要といってるんですが。

>そのため消費者は安い電力を求め輸 入が増えるとの予想もあります(事実輸入が増えたわけで)。

輸入が増えるとの予想のソースをお願いします。それと今回の事故の後の大きな意識の変化をお忘れなく。今回の輸入の増加は、時間的に消費者の意向と直接の関係があるわけがありません。

>輸入が増えるのは電力会社が悪いわけではなくドイツ国民の選択です。

あなたは知りもしないドイツ国民の選択を云々言う前に、福島の被災者に「電力会社が悪いわけではなく日本国民の選択です。」とまず言ってきてください。

FondriestFondriest 2011/04/12 07:30 連投申し訳ありません。

原発厨=DV男と書きましたが、彼らは反原発派に対しては加害者なんですが、政府や電力会社に対しては、加害者に依存するDV被害者のようです。

「原子 力さんと別れるなんて考えられません。そりゃ今まで酷いことをされました。放射能漏れやデータの捏造なんてしょっちゅうでした。でも本当は私のことを愛してくれてるんです。安定して電力を供給してくれるために、敢えて暴力を振るわざるを得なかったんです。ええ、確かに今度は酷かったと思います。でもあんな地震でも爆発しなかったんですよ。私はそれを誇りに思ってます。いま彼が一番苦しいときにこそ私がそばに居てあげなきゃだめになってしまうんです。昔は彼も本当に皆の憧れでした。チェレンコフ放射が眩しくて・・・。それが今のようになったのは、付き合ってる人が悪かったからです。あの東 電と知り合わなければ昔のままだったのに。あいつと手を切れば今度こそ大丈夫なんです。それに息子の文殊もいます。違います、文殊はニートじゃありません!」

おふざけはこの辺で。自分が被害者になるだけではなく、他の多くの人々を道連れにする点が大きな違いですが、本当は彼らも被害者なんですが。これも虐待の連鎖でしょうか。

とまとま 2011/04/12 09:16 ミソジニーの件はFondriest氏も指摘してる通りだな
全く同感
大体、水俣もイタイイタイ病も尼崎排ガス公害もアスベストもみんな同じ構造じゃないか

kgofbostonkgofboston 2011/04/12 09:34 >原発厨=DV男と書きましたが、彼らは反原発派に対しては加害者なんですが、政府や電力会社に対しては、加害者に依存するDV被害者のようです。

激しく同意。肉屋に師事するブタは救いようがない。

ドイツ大好きドイツ大好き 2011/04/12 12:04 ドイツは国外の原発で大儲けしてるんですけど、それを見習えば良いということですね。
東芝、日立、三菱には頑張ってもらわにゃ。

shousiminshousimin 2011/04/12 13:28 そもそも、原子力発電は核武装を目指してるから推進してるとどこかで聞きました。

nanaminonanamino 2011/04/12 13:53 原発には反対ですけどね。今起きている事故により輸出産業が死んで経済的ダメージを受けては、新エネルギー開発の余裕なんてなくなりますよ。
今現在怖いのは放射能そのものよりも経済至上主義。危なくても、お金がないから避難出来ない。逃げられない。
福島の事故を政治利用したくせに援助の手は差し延べない、それどころかバッシングする、ドイツという国家は大嫌いです。

kgofbostonkgofboston 2011/04/12 14:20 >福島の事故を政治利用したくせに援助の手は差し延べない、それどころかバッシングする、ドイツという国家は大嫌いです。

お門違いの怒りを持つのはご自由にだが、その怒りを日本の原発推進派に向けたらどうだね。自分達がどう見られているのか想像できないってのは哀れなもんだ。

hujiomhujiom 2011/04/12 18:40 ドイツの例を出したからって、何も全てを模範にしようという意味ではないでしょうに。
一部分を極論化して議論を違う方向に持っていくのは良くないですよ。

FondriestFondriest 2011/04/13 13:54 原発厨が同時にDV被害者ということを説明するために、ジョークを混じえて前のコメントを書きましたが、実際の加害者に心理的に依存せざるを得ないDV被害者の方を、愚かだと笑うのが私の本意ではありません。何よりもそのような状態に被害者を追い込む加害者こそが批判されるべきであり、原発厨の場合は彼らが同時に加害者でもあること、また個人的な問題とは異なり彼らの主張が他の多くの人々の運命を左右する社会的な性格を持っている点において、許されるべきではないと考えます。ですが、あのコメントを不快に思われた方もおられるかも知れません。その点については申し訳ありませんでした。

ついでですが、

>ドイツ大好きさんへ

いやー、これで相手の痛いところをついたつもりになれるなんて、すっごいあったまいいー。

>nanaminoさんへ

ブログ拝見しました。ドイツ政府が援助を差し伸べず、バッシングしてるというのが具体的に何を示しているのか分からないのですが、どうもピントがずれているように感じます。現在の状況に精神的にとても疲労しておられるようですが、上でも指摘されているようにその責任はまず政府と東電にあり、それを飛ばして諸外国を批判しても仕方がないでしょう。御自愛ください。

本当にドイツ大好き本当にドイツ大好き 2011/04/13 20:26 >fondriestさんへ
痛いところかどうかは分かりませんが、ドイツが脱原発国であるというのは自国の発電プラントを止めるという意味であり、原子力産業も研究も盛んであることは間違いありません。
日本企業が原子力から撤退すれば、米仏独露韓加(他はどこだろう?)は大喜びで世界のプロジェクトをかっさらっていくでしょう。
今年はさすがに足踏みするでしょうが、来年以降、日本を取り囲む国々では原発が着実に増え続けます。
ちなみに、日本での原発運営は不可能であることが分かったという点では私もその通りと思っています。

アレバアレバ 2011/04/13 21:10 今年と来年の世界の石油消費量がどうなるか注目しています。
反原発派の主張の一つに「原発は発電時以外は石油を大量消費するのでCO2削減に寄与しない」というのがあり、
それが本当ならば原発推進派の「原発はCO2フリー」というのは説得力がなくなります。
日本で石油消費量が増える分のは間違いないでしょうが、
実は核燃料製造などに大量に石油を消費していたのであれば、世界的には石油消費量は変わらないはずですよね。

ああああああ 2011/04/13 23:25 話が脱線したのでドイツの話はおいといて、私が思うに、
現状で自然エネルギーを原発の変わりに導入することは技術的に可能、しかし、経済的には非現実的。
現状としては失われた原発を補う火力発電所を早期に建設し、現存の原発についてはマニュアルとバックアップ系統を修正したうえで継続使用、新造については今回の震災以上の基準で問題なければ建造しても良いと思う(出来るかどうかはさておき)。自然エネルギーの導入については熟慮した上で無理のない範囲で導入していくべきだと思う。

熟慮すべき一例↓
http://no-windfarm.asablo.jp/blog/cat/5/
http://nucnuc.at.webry.info/200907/article_1.html

くれぐれも、2年前の総選挙のような軽率な判断はしてないでいただきたいと思う。

unkounko 2011/04/14 00:52 いくら脱原発の正しさを説いたところで、今後中印伯をはじめとして合計100基以上の原発が作られるので意味が無いです。すべての人間の活動にリスクがあるのは当たり前で、土地が汚されるなんてのはありうる損害の一種に過ぎないし、あなたのような感情的な反原発論議は電気のコストを不当に上げるだけ。自分の身の回りの産業が全て空洞化してからやっと改心するんでしょうね。あなたの研究のポストだって危ないと思うよ。

FondriestFondriest 2011/04/14 01:57 あああさんは、嘘吐きクズ野郎確定ということで、原発厨の頭の悪さと不誠実さを公にしていただきありがとうございます。何か上にも名前どおりの人がいますが。

>本当にドイツ大好きさんへ

いや、あなたは全然関係ない話をどや顔でしてるだけなんで。多分あなたはニッポソに住んでドイシが好きなんでしょう。(「高い城の男」みたい)

灰すら残せない存在灰すら残せない存在 2011/04/14 06:40 >unko閣下

原発開発がアウトになるだけで沈む国って、なんていうモノカルチャーな国なんでしょう。
是非ともunko閣下には福島原発に向かって、炉心を冷やすために、天井が吹っ飛んだ原発内部へと向かってほしいところです。

やっぱりドイツ大好きやっぱりドイツ大好き 2011/04/14 12:08 >Fondriest(イタリア好きなんですね)さんへ
5年前から太陽光発電を(補助金なしで)設置し、立山のマイクロ水力発電へ投資し、経産省のパブリックコメントに「原発は止めて自然エネルギーを推進せよ」と意見した私がどうしてここまで誹謗されなければならないか分かりませんが、私の言いたいのは、原子力産業や研究に対し反原発派は深くコミットしなければならないということです。
「原子力はしかたないよね」と冷笑している場合ではないのです。
いいかげん内ゲバはやめませんか?

kgofbostonkgofboston 2011/04/14 13:16 >原子力産業や研究に対し反原発派は深くコミットしなければならない

なぜ?加速器研究やれってんなら理解しなくもないが、原子力発電関連の研究にコミットしなくちゃならん理由がわからん。大した成果も出ないくせに金食い虫じゃん。おまけに批判もない。およそ研究なんて言葉から最も遠い分野だと思うけど。

ドイツ大好きドイツ大好き 2011/04/14 15:04 >kgofbostonさんへ
言葉足らずですみません。私は廃炉や放射性廃棄物処理を念頭においていました。
これらが安全確実な枯れた技術であるなら、ちゃんとやってるかさえ監視すれば良いのでしょうが、そんなことはないと考えますがいかがでしょうか?
(「日本人は原発にタッチする能力がないから、後始末も米仏露あたりやらせよう」ということなら、確かに日本から原子力産業や研究を滅し去っても良いのかも知れません)

kgofbostonkgofboston 2011/04/14 16:25 なるほど。それならば理解するし、いろいろと処理やらが必要なのは納得します。
ただ、あまり大きな期待はできなさそうとは思いますけど。なんせその辺りの処理に関しては数十年単位で研究してきて、ろくな解決法が提示された試しがないので(海外含め)。意図的に無視してきた事が可視化されて、必要とされて、進歩すればいいけど、うまくいくかと言われると自分は懐疑的です。科学技術は万能の神ではないと思っているので。

ああああああ 2011/04/14 19:32 人間は言葉によって意思疎通を図れる生き物だと思っていましたが、例外もあるようで・・・実に残念です。

kgofbostonkgofboston 2011/04/15 06:24 >人間は言葉によって意思疎通を図れる生き物だと思っていましたが、例外もあるようで

あああさんという方が言葉で意思疎通できない例外の生き物なんですね。よくわかります。

FondriestFondriest 2011/04/15 14:30 >あああさんへ

あなたのような下司は、ニヤニヤしながらそんなことを書いて喜んでるでしょうね。


>ドイツ大好きさんへ

誹謗も何もあなたの最初の二つのコメントで問題になっているのが、廃炉や放射性廃棄物処理であると読むことは不可能ですが。それでいきなり私は反原発派だと言われても、はあそうですかとしか言えません。日本語を勉強し直してください。

>いいかげん内ゲバはやめませんか?

いつからあなたと私が同志になったんでしょう?

ドイツ大好きドイツ大好き 2011/04/16 04:11 >Fondriestさんへ
確かにあなたの仰るとおりですね。
お詫びして日本語を勉強しなおして参ります。
貴方が反(または脱)原発派であるならば、同志と言えると思いますが、貴方がそれを許せないならば同志でなくても構いません。

Dr-SetonDr-Seton 2011/04/16 23:15 皆様、コメントありがとうございます。
ちょっと一言。脱原発という点でドイツがクローズアップされて目標のようにされていますが、私はそこに留まるべきではない。野心的で明確なビジョンを構えるべきだと考えています。

FondriestFondriest 2011/04/17 15:20 >シートンさんへ

新エントリー楽しみにしております。しかし、元から根強い反原発運動があったとはいえ、あれよあれよと言う間に脱原発へ進むドイツと、未だに原発推進知事を選ぶ日本を見るとやりきれないものを感じます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。