Hatena::ブログ(Diary)

電力改革プロジェクト

2017-11-02

◆電力改革プロジェクトニューズレター◆2017年11月号

◆電力改革プロジェクトニューズレター
2017年11月号



当プロジェクトにご来場あるいは名刺交換いただいた方にお送りしているニューズレターを再掲します。
今号は恒例の12月講演会をメインにご案内します。


-------------------------------------------------------
◆連続講演 脱原発の明日をめざす Vol.2◆
ドイツから日本へ 地域主導のエネルギー革命がやってくる!
〜おうちのデンキもクルマも変わる〜
------------------------------------------------------
12月3日(日)13:30〜16:30
会場: 東京国分寺労政会館(JR中央線国分寺駅下車5分)
講演: 北村和也さん(日本再生可能エネルギー総合研究所(JRRI)所長)
    吉田明子さん(FoE Japan パワーシフトキャンペーン事務局)
資料代:500円(予約不要、直接会場へおこしください)
主催: 電力改革プロジェクト 協力:こだいらソーラー、パワーシフトキャンペーン
連絡先 http://kokucheese.com/event/index/493186/
会場図
https://www.mapion.co.jp/m2/35.69866171,139.47816755,16/poi=21331313854



いま日本各地で自治体電力や地域密着の新電力会社が生まれていますが、その草の根の底力、将来性が期待されます。それはなぜかというと・・

電力自由化脱原発を決定したドイツの電力市場では、いったん大手電力の寡占状態となったものの、地域密着のサービスとコスト競争力を生かした“シュタットヴェルケ”が生き残りました。
シュタットヴェルケとはドイツに900ほどある都市公社で、地域の電気のほか、熱供給(コジェネ)、水、公共交通などのインフラを担っています。
これが「地域発のエネルギー供給システム」です。

原子力や火力などの化石燃料による集中型電源から、太陽光バイオマスなど地域資源を活かした分散型の電源によるエネルギー地産地消、まさに、“地域主導のエネルギー革命”がシュタットヴェルケを舞台に進行中なのです。
日本政府もシュタットヴェルケをモデルに、地域エネルギー供給システム事業に着手していますが、再エネ普及とともに、その本気度が問われるところです。

大手電力に電気料金を払いつづけている限り、原発から自由な未来はやってきません。市民である私たちが分散型電源のしくみを学び、新電力を選び、そこから電気を買い、地域密着で災害に強いエネルギー供給システムを創出していく時代です。

地域が主導するエネルギー供給システムのポテンシャルを学ぶ講演会を企画しました。ドイツの動向と日本の新電力にくわしいJRRI所長の北村さんに詳しく解説いただきます。
その後、当プロジェクト恒例として、パワーシフトキャンペーンの吉田明子さんに、パワーシフトが推奨する新電力会社と今後の課題などをお聞きします。
(*パワーシフトとは再エネを主体とする新電力を応援する市民活動です)

講師紹介
北村和也さん 日本再生可能エネルギー総合研究所(JRRI)所長
2011年JRRIを創設。発展と幸福・平等・平和の3つのエネルギー理念を掲げる。
「FIT制度によって急拡大したメガソーラーを経て、日本の再生エネは新しい段階に入りました。いわゆる創エネに限らず、エネルギーの効率化を含めた様々な技術の利用と統合が求められています。エネルギーを構成する『熱』や『交通』も、大きな転換が必要になるでしょう」http://www.jrri.jp/concept2.html

吉田明子さん FoE Japan パワーシフトキャンペーン事務局
2007年よりFoE Japanスタッフ。3.11以後、福島支援やエネルギーシフトに携わる。
「電力を選んで社会を変える」パワーシフトキャンペーンを立ち上げ活躍中。http://power-shift.org
------------------------------------------------------
◆今号の付録その1◆
------------------------------------------------------
12月の講演会では時間の許す限り、JRRI主催の視察ツアー(2017年10月実施)に触れて
いただく予定です。

最先端エネルギー事業を“体感するツアー 
ドイツで見る、シュタットヴェルケと交通革命
~「再生エネによる地産地消」の鍵はここにある~
1. 都市公社『シュタットヴェルケ』
~数十万人規模の都市の電力、熱、交通などエネルギーをカバー~
日本政府の「日本の地域エネルギー供給」のモデル。
2. 水素社会に向けての最先端の取り組み
~水素バスへ供給できる水素ステーション風力発電水素を作る
「パワー・トゥ・ガス」 プロジェクト~
3. 住民で作るエネルギー協同組合による地域熱供給
~エネルギー地産地消と効率化で画期的な町づくり〜
4. ドイツをベースに世界へ拡大する太陽光発電事業会社
~ドイツ分散型の再生エネの現状と日本での再生エネビジネスのポイントとは〜
-----------------------------------------------------------
◆今号の付録その2◆
-----------------------------------------------------------
昨年の当プロジェクトの講演動画をyoutubeで公開しています。

吉田明子さん https://www.youtube.com/watch?v=9t08xMVYldU&t=2230s
竹村英明さん https://www.youtube.com/watch?v=lM8EbwdWN-w&t=13s
質疑応答 https://www.youtube.com/watch?v=3jY0jGwdIpo&t=116s

------------------------------------------------------
パワーシフトの講演もう一つご案内します。
今年実施した電力切り替えアンケートの結果発表もあるそうです。今週末です! 
----------------------------------------------------------
原発のない暮らし@ちょうふ講演会
あなたが選ぶ未来のでんき
〜今、クリーンな電力会社に切替えるわけ〜
-----------------------------------------------------------
11月4日(土)14:30〜16:00
会場:東京調布市市民プラザあくろす3F・あくろすホール-1
  (京王線国領駅そば・特急は停車しませんのでご注意を)
お話:吉田明子さん(FoEJapan、パワーシフトキャンペーン事務局)
参加費:無料
主催:原発のない暮らし@ちょうふ
http://nonukeschofu.blog.fc2.com/blog-entry-190.html

家庭でも電力会社が選べるようになって1年半が経ちました。これまでに新電力に切替
えた人はわずか4.7%・・・
自然エネルギーは増やしたいし、原発はイヤという人の多くもまだ、東電から電気を
買っています。どんな選択肢があるの? 電気代は高くなる? 手続きは?
再エネに向かう世界の流れや日本の現状を知り、「電力会社を選ぶ意味」を改めて考
えましょう。もう切替えたよという方は、ぜひその体験をシェアしに来てください!
連絡先:nonukeschofu@gmail.com またはスガノ(090-6163-8572)
-----------------------------------------------------------
パワーシフト・キャンペーンでは、今後もおすすめの新電力会社をどんどん増やして
いきます。パワーシフト宣言にぜひ登録ください。新しい情報を随時お送りします(無
料)。http://power-shift.org/choice/
------------------------------------------------------------
発行 電力改革プロジェクト
東京国分寺を拠点に原発に頼らない電力・エネルギーをめざす市民グループ
email:ao13111402@gmail.com
http://d.hatena.ne.jp/ao0332646475/
配信停止はお手数ですが上記アドレスへご連絡くださるようお願いします

2017-10-23

12.3ドイツから日本へ 地域主導の エネルギー革命がやってくる! (連続講演 脱原発の明日をめざすVol.2)

連続講演 脱原発の明日をめざすVol.2
ドイツから日本へ
地域主導のエネルギー革命がやってくる!


2017年12月3日(日)13:30〜16:30 開場13:00
国分寺労政会館 第3会議室(JR国分寺駅南口徒歩5分)


講師 北村和也さん [日本再生可能エネルギー総合研究所所長]
   吉田明子さん [FoE Japan・パワーシフトキャンペーン] 

資料代500円 事前申し込み不要
   
待ったなしの温暖化防止対策として、
石炭・石油・ガスそして原子力依存からの転換が世界規模で進行しています。
その主役はもちろん、太陽光・風力などの自然エネルギー
まさにエネルギー革命と呼ぶべきトレンドとなっています。
脱原発を決定しエネルギーヴェンデ(転換)をすすめるドイツでは
シュタットヴェルケ(都市公社)を基盤に最先端の「交通革命」や「熱供給」を巻き込む
再生可能エネルギー事業が拡大しています。
シェーナウ電力に代表されるような市民による、市民のための、地域主導のエネルギー事業が
大成功を収めているのです。
大手資本に奪われるのではなく、地域に利益をもたらすエネルギー事業はどのように可能になったのでしょうか?
ドイツの最新事情と日本の地域電力立ち上げに詳しい専門家の北村和也さん、
自然エネルギー主体の新電力を応援する市民活動「パワーシフト・キャンペーン」事務局の
吉田明子さんのお話を聞き、ドイツEUに学び日本に活かす道を探ります。
エネ領域でも日本はガラパゴス化!? いえ、そうはなりません。
電力小売自由化をチャンスに、私たちが電力を選ぶことで、“エネルギー革命”の時代が到来するのです!

主催 電力改革プロジェクト  電話/Fax 042-341-7524(深澤)
http://d.hatena.ne.jp/ao0332646475/email : bbjaga@jcom.home.ne.jp
協力 パワーシフト・キャンペーン  
   電話 03-6909-5983 info@power-shift.org
   こだいらソーラー https://kodairasolar.wordpress.com
f:id:ao0332646475:20171023234239j:image
f:id:ao0332646475:20171023234234j:image
f:id:ao0332646475:20171023234231j:image
f:id:ao0332646475:20161107204441j:image

2017-06-18

原子力利用に関する基本的考え方への意見

原子力利用に関する基本的考え方への意見

去る6月5日まで「原子力利用に関する基本的考え方(案)(原子力委員会)」に対するパブリックコメントが募集されました。
原子力基本法1955年)にもとづき、1956年設立された原子力委員会が、国の原子力政策の長期計画を策定してきましたが、3.11原発事故後、原子力をめぐる環境の変化を受けて、長期計画ではなく「基本的考え方(案)」が策定されることになりました。
当プロジェクトでは下記のような意見を提出しました。


4の「原子力利用の前提となる国民からの信頼回復」は決して得られない。科学的知見や事実に基づいた議論対話を行うならば、少なくとも日本のような地震国において、原子力利用が無謀であることは明らかであり、福島原発事故の反省になにも学んでいない現政府方針には絶望するほかない。
ただちに原子力利用も核燃サイクルも断念し、国民からの信頼を回復するべきである。
「競争環境の出現等により〜課題解決に向けた措置の検討が必要」とあるが、他のエネルギーに比べてコスト面で太刀打ちできなくなった原子力補助金を出すという姑息な措置のことか? 再生可能エネルギーの技術的進歩、効率化は飛躍的で、CO2排出が比較的少ない天然ガスと合わせれば、コスト面、地球温暖化防止の観点から見て原子力が駆逐されるのは明らかである。
それが世界的潮流であり、その中で福島原発事故の惨禍を経験した後でもなお原子力にしがみつこうとする日本の姿はあまりにも愚劣で悲しい。
ただちに原子力利用をやめるという「基本的な考え方」に転換することを求める。

2017-05-06

♦︎電力改革プロジェクトニューズレター2017年5月号 パワーシフトな電力会社一覧が22社にリニューアル!

----------------------------------------------------------------------------
パワーシフトな電力会社一覧を
22社にリニューアル

---------------------------------------------------------------------------
電力小売自由化によって、家庭でも電力会社を選べるようになりました。
当プロジェクトが参加するパワーシフト・キャンペーンではこのたび、おすすめの新電力22社を掲載した一覧表をリニューアルしました。
電力会社乗り換えご検討にご活用ください!以下よりダウンロードいただけます。
http://power-shift.org/powershift/download/ 
今回新たにグリーンピープルズパワー(GPP)が加わりました。GPPは首都圏、特に東京都在住の方が契約できる期待の会社です
http://power-shift.org/170421_choice/

パワーシフト・キャンペーン事務局 http://power-shift.org/choice/
電話03-6909-5983(平日) info@power-shift.org

----------------------------------------------------------------------------
竹村英明の電気お悩み相談会
電力会社を変えたいけれど、どこを選べばいいの?
 〜お悩み中の方へ個別相談を開催します〜

----------------------------------------------------------------------------
【当プロジェクトで昨年、一昨年講演いただいた竹村英明さんが代表を務める
グリーンピープルズパワー(GPP)より情報をいただきました】
電気を「使って♪」社会を変えましょう!


5月16日(火)15〜17時@国分寺カフェスロー東京都国分寺市
カフェスロー http://www.cafeslow.com/
JR国分寺駅南口徒歩5分(東京都国分寺市東元町2-20-10)
定員:7名様 予約制 
参加費:1030円〜(ケーキ+ドリンクのセットをご注文ください)
お持ち物:筆記用具、電気料金明細書
参加ご希望の方は下記へお申込みください

主催 グリーンピープルズパワー株式会社
電話03-6274-8660(平日) FAX 03-6380-5244 kouhou@greenpeople.co.jp
http://www.greenpeople.co.jp
160-0022 東京都新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑503

----------------------------------------------------------------------------
開催案内 市民電力連絡会 連続講座5月
ドイツ 卒FIT時代の市民・地域と日本のこれから 
手塚智子さん講演〜

----------------------------------------------------------------------------
【一昨年当プロジェクト講演会でコーディネーターをお願いしました
手塚智子さん(市民エネルギーとっとり)の講演会をご案内します】

5月19日(金)18時半〜 @エコギャラリー新宿東京都新宿中央公園内)
http://www.shinjuku-ecocenter.jp/facilities/access.html
JR新宿西口約15分、大江戸線「都庁前」駅A5番出口5分、丸の内線西新宿」駅2番出口10分
参加費:1500 円(非会員)1000 円(会員)
市民電力連絡会きっての海外通の手塚さん。
昨年の秋にもドイツを訪問、すでに再エネ90%時代を達成したドイツでのFIT 後を見てこられました。再エネ6%でドイツに追随する日本との比較を語っていただきます。

主催・お申込・お問合せ

NPO法人 市民電力連絡会
 FAX 03-6380-5244 ppn2014info@gmail.com
 160-0022 東京都新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑503

----------------------------------------------------------------------------
パンフレット発行のお知らせ

こだいらソーラー 電力自由化早わかり
〜あなたはどんな電気を選びますか〜
----------------------------------------------------------------------------
市民発電所のこだいらソーラーでは、昨年、電力自由化をテーマに、
講演会見学会、工作セミナー、展示イベントと、さまざまな活動をしました。
この集大成として、年度末に電力自由化パンフレットができました。
電力自由化とは? これをチャンスに、再エネで暮らす未来を拓こうと呼びかけています。
電力会社を選ぶ方法について、Q&Aもまじえて、わかりやすく解説しています。

電力自由化で、電気の種類や出自を選んで、電気を供給してくれる電力会社を選ぶことができるようになりました。
こだいらソーラーの電気も、そんな新電力に売電しています。
1号機⇒エネックス、2号機やまびこ・3号機未来・4号機めぐる⇒生活クラブエナジー、5号機むさし⇒みんな電力
パンフレット発行・お問合せ
NPO法人 こだいらソーラー
https://kodairasolar.wordpress.com
(お問い合わせは上記サイトのフォームからお願いします)
kodaira.solar@gmail.com
187-0002 東京都小平市花小金井5-48-11


f:id:ao0332646475:20170506124829j:image
f:id:ao0332646475:20170506124828j:image
f:id:ao0332646475:20170512032049p:image:right

2017-01-14

中間とりまとめへの意見 その2


総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会
電力システム改革貫徹のための政策小委員会
中間とりまとめへの意見 その2

中間とりまとめ」は多くの専門家・市民が厳しく指摘するように、東京電力債務超過を防ぐ「東電救済」目的としか思えないタイミングと内容です。賠償費用不足金として「2020年から40年間、標準家庭で月約18円」を託送料(電気料金の一部)に上乗せすると試算されていますが、上限とされる2.4兆円を簡単に上げられる仕組みが大問題です。託送料への上乗せ自体が、発送電分離後の送配電部門の中立性・公平性を損ね、公平な競争を掲げる電力自由化原則に反します(安田陽氏2016「「新電力の負担」が誤解を招く〜本質的に公平性を欠くのはなぜか?」自然エネルギー財団連載コラム。図も同じ。,波生した事故費用をに求めるのが第一の不公平性、税とせず△総括原価方式を利用して回収するのが第二の不公平性)。http://www.renewable-ei.org/column/column_20161212_02.php
電力システム改革を進める同省が自らそれを葬るような矛盾に満ちています。国会審議もなく、膨張が予想される国民負担を、一省庁である資源エネルギー庁審議会のみで決定するのは、エネルギー政策が関係団体の利害調整として決められていた震災前への逆戻りであり(大島堅一氏ほか編2016「地域分散エネルギーシステム」日本評論社を参照)、著しいガバナンス不全と言わざるを得ません。3.11福島原発過酷事故を経て、なおも原子力発電を手厚く保護支援する政府の「重介護政策」(原子力市民委員会声明)と批判されるゆえんです。

f:id:ao0332646475:20170115060221j:image

中間とりまとめへの意見


総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会
電力システム改革貫徹のための政策小委員会
中間とりまとめへの意見

中間とりまとめの概要は図の通りですが、このうち赤矢印の部分を取り上げます
中間とりまとめ 18〜23ページ)

f:id:ao0332646475:20170115043702j:image


賠償の準備不足分として「2020年から40年間、標準家庭で月約18円」を託送料(電気料金の一部)に上乗せして需要家(全電力消費者)から回収する、
東電パワーグリッド(送配電部門)の合理化努力による利益があっても託送料は値下げせず、廃炉費用に回すとされています。
パワーシフトキャンペーンはじめ市民団体消費者団体、専門家ジャーナリストから強い批判が上がったのは、大きく3点あげられます(FoEJapan作成の図より)

1 東京電力の破綻処理と資産提供を行い、国民負担額を減らすべき
2 発電部門から発生した費用を送配電部門に上乗せするのは、電力システム改革に反する
3 今後、膨張が予想される原発廃炉賠償の国民負担の仕組みを、経済産業省令レベルで拙速に決定する手続きが不公正

f:id:ao0332646475:20170114163507j:image