Hatena::ブログ(Diary)

Les jardins suspendus de Babylone このページをアンテナに追加

2019-01-27

2018-07-31

[][]

f:id:baby-alone:20170724224352j:image:w240 f:id:baby-alone:20170729004133j:image:w240

拙著ユートピア都市書法クロード=ニコラ・ルドゥの建築思想法政大学出版局2017年7月下旬に配本予定です。装幀は奥定泰之さんに手掛けていただきました。実物は銀箔を捺した部分が光ります。


法政大学出版局ウェブサイトhttp://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-78609-9.html

版元ドットコムhttp://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784588786099

Amazon.jphttps://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588786091/

ユートピア都市の書法

ユートピア都市の書法


書評など】

みすず2018年1・2月合併号「読書アンケート特集」で、谷川渥氏が拙著ユートピア都市書法』を挙げてくださいました。


図書新聞2018年3月3日号にて、多賀茂氏(フランス18世紀研究)が拙著ユートピア都市書法クロード=ニコラ・ルドゥの建築思想法政大学出版局2017年を評してくださいました(「 ルドゥのたぐいまれな想像力真正から取り組む――建築人間との多様で不可避な関係を見事に描き出す」)。

http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/shinbun_list.php?shinbunno=3341

自分の顔を見るのが難しいように、書いたテクスト活字になると自分から逃れ去っていってしまうような気がするのですが、この書評では拙著の要旨と研究史における位置付け、そして賭金を、明晰に説明していただきました。

紙面では「建築美学批評芸術哲学する五冊」と題されたコーナーで、アドルフ・ロースポチョムキン都市』、アーサー・C. ダントー『ありふれたものの変容:芸術哲学』、田之頭一知『美と藝術の扉』、ノエルキャロル批評について:芸術批評哲学』とともにご紹介いただいています。


表象文化論学会誌表象』第12号(2018年)に、大橋太郎氏による書評掲載されています。テクストとしても「読ませる」魅力を持ち、さらには著者である私自身が実は巧く言語化できていなかった著作の賭金と、さらには次なる課題を剔抉する書評

http://getsuyosha.jp/hyosho/hyosho12.html

2018-07-12

[]

「[…]色を意味するパルマコンという単語は、まさに魔法使い医者の薬にも適用されるものではないか。呪術師たちは呪文を唱える際に小さな蝋人形に頼るのではないか*1」。呪い〔魅惑〕とはつねに、絵によるのであれ彫刻によるのであれ、なんらかの表象効果であり、表象他者携帯捕獲捕縛する。[中略]したがってパルマコンという単語は、絵の色のことをも、すなわちzographèmeが書き込まれる素材[ルビ:マチエール]をも指すのだ。

(224ページ)

『国家』も画家の使う色彩をパルマカと呼んでいる〔420c〕。つまりエクリチュール絵画魔法は、死者を生身のように見せかけて偽る白粉[ルビ:おしろい]の魔法なのである。パルマコンは死を導入しかくまう。それは死体によい顔色[ルビ:フィギュール]を与え、死体仮面を被せて化粧をする。

(227ページ)

*1:P. M. Schuhl, Platon et l'Art de son temps, p. 22.

2018-07-08

[]文献メモ

丹羽和彦「エコール・ポリテクニクにおける初期の建築教育とデュラン:J.-N.-L.デュランの建築教育の理論的特質に関する研究(1)」、『日本建築学会計画系論文報告集』第412号、1990年6月、153-163ページ。

丹羽和彦「教育プログラムからみたエコール・ポリテクニクにおけるデュランの建築教育の理論的特質:J.-N.-L.デュランの建築教育の理論的特質に関する研究 (2)」、『日本建築学会計画系論文報告集』第418号、1990年12月、135-145ページ。

丹羽和彦「L.-P.バルタールの「建築の勉学に資する概要表」について」、『日本建築学会計画系論文報告集』第447号、1993年5月、155-166ページ。


・オーダー理論の後退、人体とのアナロジー否定→ロージェの「原始の小屋概念、J. -F. ブロンデルの「建築観相学から転回

[…]オーダーの起源を見出すのに小屋の形に頼る必要がないと同様に、もはや人体の比例に頼る必要がないことを見よう。 Durand, Précis, p. 54. (邦訳39ページ。)

2018-06-28

[]メディアセンター図書購入依頼(2018年6月

資料名:『眼の神殿:「美術」受容史ノート(定本)』

著者名:北澤憲昭

ISBN:978-4434141706

発行所:ブリュッケ

発行年:2010年

価格:4,104円


『〈日本美術誕生近代日本の「ことば」と戦略

佐藤道信

978-4062580922

講談社選書メチエ

1996年

版元絶版Amazonマケプレをはじめ古書が廉価で流通


『観衆の成立:美術展・美術雑誌美術史

五十殿利治

978-4130802093

東京大学出版会

2008年

6,048円