Hatena::ブログ(Diary)

Les jardins suspendus de Babylone このページをアンテナに追加

2016-07-16

[]

パリの廃墟

パリの廃墟

図書館の地下書庫で、偶然背表紙文字が目に飛び込んできて借りた一冊。1970年代パリという都市の内外に、「廃墟」的な空間一種のテラン・ヴァーグ?)を見出す、明確な目的地を持たないような散歩者の眼差しが描き出される。訳者堀江敏幸氏も指摘している通り、この『パリ廃墟』ではときどきの空の相貌が、独特のうつくしい形容描写されるのだが、レダにとっては「空」もまた、「廃墟」同様に都市の中に開けたヴォイドなのかもしれない。

現在構想中の、1980年代日本の「遺棄された場所(abandoned places)」のイメージとも通ずるモティーフである。

メモ:p. 50空き地(これらの空間の半分は放置されるべき) p. 85工事現場(「死海」が眠る巨大な穴、瓦礫の積みあげられた途方もなく大きな山) p. 190廃線(レールの枕木は消えたが、カーヴだけが残っている。「もちろん私にはどんな物音も聞こえないし、もちろんなにも起こらないし、これからもなにひとつ起こらないだろう」)

p. 208訳者あとがきパリ再開発という時代背景、レオン=ポール・ファルグ『パリ歩行者』(1939年)やボードレールパリの憂鬱』との共通性レダの特異性など。

ただし、レダは歴史と時間の堆積した空間を葬り去るこうした仕業真正面から批判するわけではなく、かといって避けがたい事態だと容認するわけでもなく、じつに微妙な仕方で、その崩れかけた空間なかに、あたらしいなにかを見出そうとする。大手企業の向上が取り壊されたあとの瓦礫の山、かつてパリをぐるりと取り巻いていた小環状線廃線切り通しの土手に生える雑草、空き地にできた油の浮かぶ水たまり、日曜日のがらんとした住宅街。こうした「廃墟」をさまよう詩人は、いつも眼の前に「青い扉」を探し求め[…](208ページ)

堀江氏の訳文もまた淡々と静かにうつくしく、慌ただしい日々のなか、束の間の「愉楽読書」の時間となった。

2016-06-01 このエントリーを含むブックマーク

表象文化論学会誌最新号、『表象10:爆発の表象』が刊行されました。 岡田温司田中純両氏による巻頭対談「新たなるイメージ研究へ」を、私も少しだけお手伝いいたしました。すでに書店での販売も始まっているとのこと、ぜひご高覧ください。

表象10:爆発の表象

表象10:爆発の表象

月曜社ブログへのリンクhttp://urag.exblog.jp/22717861/

2016-03-27

[]

瀧口修造にとっての、絵と文字の接近・融合(シュルレアリスムオートマティックに書く/描くこと)

書くこと、描くこと、この二つのことの区別がまたわからなくなってきた。古代や原始に遡ると、文字も絵に近くなってしまうので、描くこととそれほど区別がなくなる。現に古代金石文などに、今日画家ミロやクレエのデッサンと似通うものがある。

 しかし書くことは、東洋では書道として独特の発達をとげた。西洋カリグラフィーという言葉がそれに当るが、書道とは違っている。[…]ところが西洋近代絵画から、書のようなものが現れてきた。


瀧口修造アブストラクト・エージ」、『芸術新潮』第3巻第5号、1952年

巌谷國士瀧口修造とデカルコマニー」、『太陽』第382号(特集瀧口修造ミクロコスモス)、1993年、25-26ページより再引用。)

*『芸術新潮』の該当ページを確認すること。

巌谷國士はこの引用部の後、瀧口の主張の要点を「ミロやクレーのほうこそが実在記号表象とのあいだの距離をちぢめ、そこに生命をよみがえらせている」とまとめている(巌谷、上掲論文、26ページ)。


1958年の5ヶ月に渡るヨーロッパ旅行からの]帰国後、しだいにジャーナリスティック執筆活動に支障をおぼえはじめ、あらためてそのことが、書くことと描くことを合致させようとする欲求につながる。1960年における「自動デッサン」への衝動は、このようにして必然的におとずれたものにほかならない。かつてのランボー使徒はふたたび、「書く手」への疑念にとらわれていた。1962年のデカルコマニーのこころみののちに、注文原稿を書くことができなくなり、北杜夫医師診療をうけたりしたという事実は、二十代のころの、熱にうかされていた「自動記述」の日々を思いおこさせる。『自筆年譜』の翌1963年の頃には、彼の晩年活動を予告するつぎのような境地が回顧されている。

「この頃から新聞雑誌評論をつとめて避けるようになり、むしろ偶々個人に贈る言葉、または稀れに書く個展への序文のような断章が結果として意外な比重を占めることになる。職業としての書くという労働に深い矛盾を感じる。」

 瀧口修造のデカルコマニーが、こうした状況のもとに、むしろそれに支えられて制作されたことを忘れてはならない。それらは「職業として書くこと」のかわりに描かれ=書かれるばかりでなく、「個人的贈る言葉」をともなって、あるいはそうした言葉そのものとして、友人たちに宛てられることが多くなっていった。


巌谷國士瀧口修造とデカルコマニー」、『太陽』第382号(特集瀧口修造ミクロコスモス)、1993年、26-27ページ。

2016-03-18

[]

全体公開日にだいぶ遅れてしまいましたが、表象文化論学会ニューズレター『REPRE』26号に、2015年10月3日に勤務先で開催された「アニメ国際シンポジウム日本アニメの歴史と現在」」についての報告を追加掲載していただきました。

http://repre.org/repre/vol26/topics/01/

[][]

f:id:baby-alone:20160219145111j:image:w201 f:id:baby-alone:20160219145055j:image:w360

世田谷美術館で開催中(〜4/10)の「ファッション史の愉しみ」展(http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibiti…/exhibition.html)に合わせて制作された読本に、拙論建築衣服――装飾をめぐるアンビヴァレンス」を寄稿いたしました。展覧会と併せ、ご高覧いただければ幸いです。

2016-03-10 このエントリーを含むブックマーク

和洋女子大学メディアセンター図書購入申請反映状況(2015年度)

5月新着本】

深井晃子世界服飾史 : カラー版』美術出版社2010年:4F指定書383.1:Se22(サブカルチャーA、教科書、版元民事再生適用申請中につき臨時措置

岡崎乾二郎ルネサンス経験の条件』文藝春秋2014年:5F北702:O48(現代思想A、比較芸術学、参考文献)

・エルヴィン・パノフスキー『「象徴 (シンボル) 形式」としての遠近法筑摩書房2009年:5F北702.3:P21(現代思想A、比較芸術学、基本文献)

ハルフォスター『視覚論』平凡社2007年:6F集密141:F41(比較芸術学、参考文献)


6月新着本】

・『表象』第7号、特集アニメーションのマルチ・ユニヴァース、表象文化論学会2013年:5階北701:H99:2013(比較芸術学、参考文献)

・『表象』第2号、特集ポストヒューマン表象文化論学会2008年:5階北701:H99:2008

・トーマス・ラマール『アニメ・マシーン : グローバルメディアとしての日本アニメーション』名古屋大学出版会2013年:5階北778:L15(比較芸術学、基本文献)

・ジャン=クロード・レーベンシュテイン『猫の音楽 : 半音階的幻想曲勁草書房2014年:5階北762:L49

ジャック・デリダ『動物を追う、ゆえに私は(動物で)ある』筑摩書房2014年:6階集密135:D63

ジャック・デリダ『テレビのエコーグラフィー : デリダ哲学」を語る』NTT出版2005年:6階集密135:D63(現代思想A、参考文献)

ジャック・デリダ『盲者の記憶 : 自画像およびその他の廃墟みすず書房1998年:5F北720.1:D63(現代思想A、基本文献)

大林信治、山中浩司編『視覚と近代 : 観察空間形成と変容』名古屋大学出版会1999年:6階南 230.5:O12(現代思想A、比較芸術学、参考文献)

ジョルジュ・バタイユ眼球譚「初稿」』河出書房新社2003年:5F集密953:B27(現代思想A、基本文献)

ジョルジュ・バタイユ『ドキュマン』河出書房新社2014年:5F集密954:B27(現代思想A、基本文献)

神尾達之『ヴェール/ファロス : 真理への欲望をめぐる物語』ブリュッケ、2005年:5F南902:Ka38(現代思想B、基本文献)

・ダナ・ハラウェイ『伴侶種宣言 : 犬と人の「重要他者性」』以文社2013年:5F北645:H32

・ダナ・ハラウェイ『犬と人が出会とき : 異種協働ポリティクス青土社2013年:5F北645:H32

田中純『アビ・ヴァールブルク 記憶迷宮青土社2011年:5F北702.3:Ta84(現代思想演習、基本文献)

ミシェル・フーコー監獄誕生 : 監視処罰新潮社1977年:6F南326:F42(現代思想A、基本文献)

ルイ・アルチュセール再生産について : イデオロギーと国家のイデオロギー装置』上下巻、平凡社2010年:6F南309:A41:1-2

石岡良治『視覚文化「超」講義フィルムアート社、2014年:6F北361.5:I81(比較芸術学、参考文献)

エリック・J.ホブズボーム編『創られた伝統紀伊國屋書店1992年:6F北361.6:H81(世界観のいろいろ、基本文献)

斎藤環戦闘美少女の精神分析筑摩書房2006年:4F文庫類Aセ


7月新着本】

石岡良治『「超」批評 視覚文化×マンガ青土社2015年:5階北 726:I81:(比較芸術学、参考文献)


8月新着本】

三輪健太郎『マンガ映画コマ時間の理論』(比較芸術学、参考文献)

細馬宏通ミッキーはなぜ口笛を吹くのか:アニメーションの表現史』(比較芸術学、参考文献)


11月現在所蔵済みの本】

ジャック・ラカン『精神分析の四基本概念』(現代思想A、基本文献)

ジョルジョ・アガンベン『裸性』岡田温司栗原俊秀訳、平凡社2012年

ジュリア・クリステヴァテクストとしての小説谷口勇訳、せりか書房1994年

・エレーヌ・シクスー、ジャック・デリダヴェール郷原佳以訳、みすず書房2014年。(現代思想B、基本文献)

ジル・ドゥルーズ『襞 ライプニッツバロック新装版、宇野邦一訳、河出書房新社2015年。(現代思想B、基本文献)

鈴木了二建築映画 マテリアルサスペンスLIXIL出版2013年。(時間芸術、参考文献)

五十嵐太郎映画建築建築映画春秋社2009年。(時間芸術、参考文献)

小野俊太郎映画レポート卒論ライティング術』松柏社2011年。(時間芸術、参考文献)


2016年2月現在所蔵済みの本】

ジュリア・クリステヴァ記号解体学 セメイオチケ1』原田邦夫訳、せりか書房1983年

ジュリア・クリステヴァセメイオチケ 2 記号の生成論』中沢新一訳、せりか書房1984年

蓮實重彦『表層批評宣言筑摩書房1979年

ジャック・デリダ『尖筆とエクリチュール』白井健三郎訳、朝日出版社1979年。(現代思想B、基本文献)

岡田温司イメージの根源へ 思考イメージ論的転回人文書院2014年。(現代思想B、参考文献)

クラウディア・ベンティーン『皮膚: 文学史・身体イメージ境界ディスクール』田邊玲子訳、法政大学出版局2014年。(現代思想B、参考文献)

三浦哲哉『サスペンス映画史みすず書房2012年。(時間芸術、参考文献)

安西信一『ももクロの美学 〈わけのわからなさ〉の秘密廣済堂新書2013年

西村清和『プラスチックの木でなにが悪いのか 環境美学入門』勁草書房2011年

・ジョルジュ・ディディ=ユベルマンヴィーナスを開く 裸体、夢、残酷白水社2002年。(現代思想A、B、参考文献)

・ジョルジュ・ディディ=ユベルマンイメージ、それでもなお アウシュヴィッツからもぎ取られた四枚の写真平凡社2006年

・ジョルジュ・ディディ=ユベルマンニンファ・モデルナ 包まれて落ちたものについて』平凡社2013年。(現代思想B、参考文献)

ダニエルアラス『なにも見ていない 名画をめぐる六つの冒険白水社2002年

大宮勘一郎他『纏う:表層の戯れの彼方に』水声社2007年。(現代思想B、参考文献)


2016年6月現在所蔵済みの本】

ミハイル・バフチンミハイル・バフチン著作第7巻 「フランソワ・ラブレー作品中世ルネサンスの民衆文化」他』杉里直人訳、水声社2007年

平倉圭ゴダール方法』インスクリプト2010年ISBN-13: 978-4900997318 3,456円。

ISBN-13: 978-4622076858 3,672円。

三浦篤まなざしのレッスン(1) 西洋伝統絵画東京大学出版会2001年

ISBN-13: 978-4130830300 2,700円

三浦篤まなざしのレッスン(2) 西洋現代絵画東京大学出版会2015年

ISBN-13: 978-4130830317 2,916円

・E.H. ゴンブリッチ『棒馬考 イメージの読解 』増補完訳版、勁草書房1994年

ISBN-13: 978-4326850969 絶版Amazonマーケットプレイス5,904円より

・E.H. ゴンブリッチ『シンボリック・イメージ平凡社1991年

ISBN-13: 978-4582238167 絶版Amazonマーケットプレイス6,036円より

・リンダ・ノックリン『絵画政治学 フェミニズムアート』彩樹社、1996年

ISBN-13: 978-4795239319 絶版Amazonマーケットプレイス2,199円より


申請中(絶版本のため購入まで時間が掛かります)】

ヴィクトル・I.ストイキツァ『絵画自意識』(現代思想演習、基本文献)

・ダナ・ハラウェイ『猿と女とサイボーグ : 自然の再発明

メアリ・アン・ドーン『欲望への欲望 1940年代女性映画松田英男訳、勁草書房1994年

ISBN-13: 978-4326800322 絶版中古5,000円弱から。


申請中】

谷川渥『文学の皮膚』白水社1997年絶版?)。

ISBN-13: 978-4560046197 Amazon中古価格2,500円

多田智満子『鏡のテオーリアちくま学芸文庫1993年絶版?)。

ISBN-13: 978-4480080967 Amazon中古価格1,743円(定価800円)

田口かおり『保存修復の技法思想平凡社2015年

ISBN-13: 978-4582206432 5,184円