三歳から大人までの造形&絵画教室!

2018-07-18

展覧会搬入が終了しました!

21:17

今年も無事搬入が終りました。

猛暑の中、手伝って下さったお母様方、そして毎年応援してくれているKさん、ありがとうございました。 

f:id:hatekunn3333:20180718105058j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180718105110j:image:w360

受付壁面には中高生たちが作った絵画・造形・作品展の力強いデザイン文字

f:id:hatekunn3333:20180718150646j:image

そして、子ども達が楽しみにしているらくがきコーナーは中学生のSちゃん・高校生のAちゃんが、素敵に作ってくれました。今年は、皆どんな絵を描いてくれるかな。楽しみです。

玄関のドアには、小学生たちがみんなで描いた看板、それは来場時のお楽しみです。

f:id:hatekunn3333:20180718150659j:image:w360f:id:hatekunn3333:20180718150705j:image:w360

 

f:id:hatekunn3333:20180718113059j:image:medium:left f:id:hatekunn3333:20180718112948j:image:medium:left

明日から開催いたします。お待ちしていまーす(^_^)/

         

2018-06-29

展覧会ご案内

09:53

毎年恒例の展覧会がもうすぐ始まります!

f:id:hatekunn3333:20180613083718j:image:w640


今年のポストカードは中学生から18歳までの油絵生徒作品から作ってみました。

ご家族・お友達・学校・デザイン・福祉関係・絵の好きな方もそうでない方も(^_^)/様々な方々のご来場をお待ちしています!

2018-06-15

もうすぐ展覧会!

15:58

毎年恒例の展覧会が、もうすぐはじまります。

中学生以上の油絵を描いているこども達は額縁作りに忙しい。

f:id:hatekunn3333:20180611173319j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180611181509j:image:w360

絵に合う額縁の色を決めて塗ったり、周囲にトンカチで貼り付けたり、トントントントン、小気味いい音が教室に響き渡ります。

f:id:hatekunn3333:20180611172359j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180611175422j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180614164959j:image:w360:leftこんな風に、四辺を全部色を変えて作った子もいます。

大人が考えるとどうしても調和的でつまらなくしてしまいそうですが、子ども達が選んだ色は中々素敵です。

次回はポストカードをアップしてご案内します。

楽しみにしていてください。

展覧会は7月19日(木)〜23日(月)まで、久我山ギャラリーアクロスで開催します。

2018-05-20

子ども達のつぶやき

15:53

子ども達のなにげないつぶやきや、語りかけてくる言葉にドキッとしたり、感動したり、反省させられることの多い日々。

子ども達の何気ないつぶやきに耳を傾けてみたい。

教室に入って来るなり、ある子は言う。

「あぁ、イライラするなぁ」「どうしてだろう」と聞いてみる。「そんなのわかんないよ」と即答。それで提案してみた。「じゃぁ、今日は好きなことしてみれば」と。

「えっ、いいの?」と顔が輝く。その後、机の下にもぐって彼女は机の裏に楽しそうに絵を描き始め、その後すっきりした顔をしている。

またある子は、自由時間に油粘土をちぎっては丸めたり。楽しそうだ。

中には、自分の気持ちを吐露する子もいる。

「今の教育はさぁ、輪(和)の教育だから。私はここで現実逃避してるの」

 きっと学校でいい子してるのかもしれない。それにしても、小学生がこんな言葉を吐く時代、まさに情報時代なんだと認識を新たにした。

 

 いろいろ煮詰まっているように見える子達を見て、中学生のB子ちゃんがぽつりと言った。

「あのね、ずっと反抗期でいたら楽だよ」と。

 ずっと反抗期…まさに含蓄の深い名言だ。

 そうか、彼女の落ち着きは、ずっと反抗期の中でマイペースを保てているからかもしれない。

 それとて、ここまで来るにはいろいろあったことだろう。

 いろいろな子ども達が集う中で、子ども達が自分のいろいろな思いや意見を出しあえたらいいね!


子ども達を魅惑してはなさないゲーム。

描く絵も、話題もゲームが多い。

中には、早く家に帰ってゲームをしたいと、落ちつかない子もいる。

「ゲームってそんなに面白いの?」と聞けば、「先生―古ーい。ゲームの良さや、勉強にももなるんだよ」

 すかさず、子ども達のブーイングがとんでくる。

 批判ばかりしてないで、私も少しゲームを楽しんでみようと試みるけれど、うーん、難しい^_^;


子ども達は説教されたり、指図されたりするのにすこぶる敏感だ。

時代の中で、また4月・5月は何かと新しい環境の中で、ともすれば管理され過ぎる教育の中で、子ども達はあがき、葛藤し、わけのわからないことに苛立ち、それでもその中で楽しさを見つけたり、逞しく生きようとしている。 

日々子ども達の何気なく吐くつぶやきを聞きながら、子ども達が自ら充実感を味わうことが出来るよう、絵や造形を通して子ども達に返していきたいと四苦八苦(>_<)(^_^)/する日々。

そして、道草をしながら、ゆっくり歩んでいってほしいと思う日々。




 

2018-04-20 シュレッターの魅力

新学期が始まり、子ども達も何となくザワザワ落ち着かない日々、ストレス解消もかねてシュレッターを使ってみた。

ブーンと音をたてながら、新聞がザクザク出てくるのが小気味いい。

もっともっとと、子ども達の手が止まらない。

f:id:hatekunn3333:20180409154911j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180409153329j:image:w360

切り刻まれた新聞紙にボンドと水を混ぜてこねる。この作業もたまらなく楽しい。

f:id:hatekunn3333:20180409155628j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180409161924j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180410164503j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180410164436j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180411160900j:image:w360:left

画用紙に各々好きなものをクレパスで輪郭だけを描いて、その中にこねた新聞紙を貼っていく。

子ども達の真剣な眼差し。その上に絵の具を塗って出来上がりだ。

次週壁に展示しておいたら、コチコチに固まってシュレッターで切り刻んだ新聞紙はびくともしない。

「すごい!」と言って、子ども達が触ってみる。

中には何名かボンドで混ぜた新聞紙を気持ち悪いと、中々手を出せない子もいた。

が、いつの間にか夢中になっている。

五感を使った楽しいひと時だった。









周囲に絵を描き加えて、こんな不思議な絵が出来上がった。

f:id:hatekunn3333:20180418120337j:image:w640

f:id:hatekunn3333:20180417141744j:image:w640

f:id:hatekunn3333:20180416122259j:image:w640