三歳から大人までの造形&絵画教室!

2018-04-20 シュレッターの魅力

新学期が始まり、子ども達も何となくザワザワ落ち着かない日々、ストレス解消もかねてシュレッターを使ってみた。

ブーンと音をたてながら、新聞がザクザク出てくるのが小気味いい。

もっともっとと、子ども達の手が止まらない。

f:id:hatekunn3333:20180409154911j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180409153329j:image:w360

切り刻まれた新聞紙にボンドと水を混ぜてこねる。この作業もたまらなく楽しい。

f:id:hatekunn3333:20180409155628j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180409161924j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180410164503j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180410164436j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180411160900j:image:w360:left

画用紙に各々好きなものをクレパスで輪郭だけを描いて、その中にこねた新聞紙を貼っていく。

子ども達の真剣な眼差し。その上に絵の具を塗って出来上がりだ。

次週壁に展示しておいたら、コチコチに固まってシュレッターで切り刻んだ新聞紙はびくともしない。

「すごい!」と言って、子ども達が触ってみる。

中には何名かボンドで混ぜた新聞紙を気持ち悪いと、中々手を出せない子もいた。

が、いつの間にか夢中になっている。

五感を使った楽しいひと時だった。









周囲に絵を描き加えて、こんな不思議な絵が出来上がった。

f:id:hatekunn3333:20180418120337j:image:w640

f:id:hatekunn3333:20180417141744j:image:w640

f:id:hatekunn3333:20180416122259j:image:w640

2018-03-30

共同制作

11:25

5年生・6年生の男の子達が3人いるクラスがある。いえいえ、4月から彼らは6年生、中学1年生になるのだが、

2月中旬K君が言った。

「絵じゃなく工作がしたい、それも共同制作がいいな」と。

その言葉を受けてY君も「いいね、もし作るとしたら鎧と兜だな」っと。

ある年齢になった時、男の子達が通過する憧れだ。

「わかった、それでは絶対最後まで作り上げること、約束だよ」

「よっしゃー」と K君とY君。

その日から、二人は黙々とまずはダンボールで鎧を作り始めた。

           f:id:hatekunn3333:20180308174330j:image:w360

普段、遅れがちのY君も大工道具を持って早々とやってくる。

最初、乗り気じゃなかったO君も、いつの間にか、仲間に入って夢中で作り出した。ヒソヒソ、ヒソヒソ、相談も真剣だ。

f:id:hatekunn3333:20180315171304j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180222173423j:image:w360

鎧にマジックで色を塗ったり、どんどん出来上がっていく。

f:id:hatekunn3333:20180308174320j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180301170228j:image:w360

時には、木を使って飛行機を作ったり、竹を買ってきて矢を作ったり。まだまだ共同制作は続きそうだ。

f:id:hatekunn3333:20180322174853j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180315175901j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180301181521j:image:w360:left

 教室の半分をめいっぱい使っているので、終わりに近づく頃には材料の切れ端や、ごみの山。

 O君は掃除機を使ってお掃除に余念がない。掃除機を使うなんて初めての様で、面白くて仕方がないようだ。

 制作中の静かなこと。なんといっても、教室に走ってくる姿がいい。

夢中になれるっていいね!

 共同制作だから話し合ったり、道具を家から持ってきたり、時には竹で作った矢を使ってみたり。

 子どもたちの姿から、沢山のことを学ばされた。

 今年の展覧会には、きっと会場にてご披露する事になると思います。

                  どうぞ楽しみにしていてください!

 

鈴木太郎鈴木太郎 2018/04/05 20:33 毎週○曜日に通っている、本来高校二年生鈴木太郎です(笑) 共同作業っていいですねぇ(。^ω^。) 写真でも、楽しそうな感じが伝わってきます! 私も、展覧会までに、良い作品が出来るように頑張ります! これからもよろしくお願い致します! また、コメントしまーす!!!

hatekunn3333hatekunn3333 2018/04/05 22:21 鈴木太郎ちゃん

コメントありがとう!
今の作品、とってもいい感じで出来てるね!
次も、きっと楽しい素敵な作品になると思います。
ガンバ(^_^)/

2018-03-10

待ち遠しい春

09:13

今年の冬は例年にない寒さ。雪もなんどかふった。

それで、粘土かまくらを作って、かまくらの外側は春の絵を描いて、

いろいろなかまくらが出来上がった。

その中にはお雛様が春よ来いとまっている。中には待ちきれなくて外に飛び出そうとしていたり。

f:id:hatekunn3333:20180227173841j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180227172359j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180228163719j:image

f:id:hatekunn3333:20180228165358j:image

3月3日までに間に合わなかったクラスは、かまくらの中に春を待つ動物を描いて入れてみた。

f:id:hatekunn3333:20180306144918j:image

そーとのぞいてみてね!

f:id:hatekunn3333:20180306144730j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180305163130j:image:w360

中にはどうしてもお雛様を作りたいと

f:id:hatekunn3333:20180221125927j:image:w640

三寒四温・3月になっても寒い日々、でも春がそこまでやってきています!

そして、子ども達は新しい学年へと、ステップ!

2018-02-10

佐市君の力・アートの力

21:07

f:id:hatekunn3333:20170723105953j:image:w360:left 私の教室に佐市君という自閉症の青年がいる。小学1年生時にやってきて17年余りの歳月が経った。

 一昨年9月からあかべこをずっと描き続けている。





 昨年度展覧会出品作品

 






f:id:hatekunn3333:20171025144649j:image:w360:left 過日友人から沢山の紙袋をもらった。

「ここにあかべこの絵を描いてもいいですか?」と佐市君に聞いてみた。「はい」と快諾してもらった。

小さな・大きな、あかべこの袋がどんどん出来ていく。

毎回1枚づつ完成させるので、その数はすでに何枚にもなっていった。

眺めているうちに、これをTシャツやトートバック・いろいろなグッズにしたらどんなに素敵だろう、また多くの人達に着てもらったり、持ってもらったりしたらどんなに楽しいだろうと、夢は広がっていった。



ついに見つけました!あかべこさんを生かしてグッズにしてもらえるお店を。

早速作ってみました。Tシャツ・ポシエット・トートバック・タオル・まだまだ他にアイテム満載

f:id:hatekunn3333:20180124143357j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180207140034j:image:medium f:id:hatekunn3333:20180207135905j:image:medium

f:id:hatekunn3333:20180118095642j:image:w360  f:id:hatekunn3333:20180118095650j:image:medium

嬉しくなってエプロン姿のアシスタントのMさん・佐市君のお母様をモデルにして「ハイポーズ」

私はTシャツを着てトートバックを持って、知人に会った。大好評!注文まで頂いた。やったね(^_^)/

    f:id:hatekunn3333:20180207140903j:image:medium  f:id:hatekunn3333:20180207140712j:image:medium f:id:hatekunn3333:20180126194853j:image:medium

佐市君グッズの中でこんなのを着てみたい、こんなのを持ってみたいという方がいらっしゃいましたら、是非お問い合わせください。同じアイテムでもいろいろな色があります(^_^)/ schooltmk@gmail.com(造形&絵画教室・飯田)

  

f:id:hatekunn3333:20110801120107j:image:w360:left

f:id:hatekunn3333:20150116091220j:image:medium

さて、あかべこに至るまでにはに数々のエピソードや歴史がある。中学生時代3年間描き続けた漢字、その後の過程は拙書「あらあら」と月刊誌『実践障害者教育』(学研プラス刊)の連載(とびらを開けて)にしょうた君という仮名で登場します。

お手にとって読んで頂ければ幸いです。





f:id:hatekunn3333:20160720120006j:image:w360:left

その後、時を経て浴衣の女の子を約二年間描き続け、あかべこへ。

佐市君のあくなき創作活動はまだまだ続く。

当の本人は、グッズ等には目もくれないで、現在も黙々とあかべこ制作にいそしんでいる。

クリスマスツリーもカレンダーもみんなあかべこ一色。どこかユーモラスでどれも楽しい。

         

f:id:hatekunn3333:20171122175615j:image:medium f:id:hatekunn3333:20180117124717j:image:w360

まさに継続は力、そして佐市君の力、アートの力を感じます。

f:id:hatekunn3333:20180117180216j:image:medium:left

←制作中の佐市君






私の教室にはまだまだ多くの個性豊かなアーティストがいます。

また順次紹介したいと思います。



2018-01-31

雪がふったね!

10:41

2018年のカレンダーが出来上がった。

今年は春夏秋冬を子ども達がそれぞれにイメージカラーを浮かべ、ひっかき画で描写してみた。

今年一年、壁に貼ってお楽しみください!

f:id:hatekunn3333:20180129140711j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180124122135j:image:w360

f:id:hatekunn3333:20180123181109j:image:w360  f:id:hatekunn3333:20180129164740j:image:w360

みんなのカレンダーが出来上がった頃、雪がふった。大人は火の子、ちじこまっているが、子どもは元気、元気、雪遊びに興じて遅れてくる子もいた。

手袋に雪をたくさんのせて、「雪、食べちゃった、お母さんに内緒だよ、先生も食べてご覧」とA君が報告する。

勿論、私はもらって食べてみた。なんだか懐かしい感じがして、一気に子ども時代に戻れたような一瞬だった。 

f:id:hatekunn3333:20180123173303j:image:w360:left

その日のレッスンは雪、雪、画用紙いっぱいにセロテープで細かく切って雪にする。

最初めんどくさいと言っていた子も、いつの間にか夢中になる。

上に、絵の具をぬって、セロテープをはがすと





教室中にしんしんと雪がふったようだった。

f:id:hatekunn3333:20180129180742j:image:w360 f:id:hatekunn3333:20180129133728j:image:w360

次週はこの上に、絵を描きます。

 さて、どんな雪の日の絵になるか楽しみだ(^_^)/