脱積読宣言 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-18 戦いすんで日は暮れて’17 pt2

[]'17シーズン総括 WPAマイナス 22:00 '17シーズン総括 WPAマイナスを含むブックマーク '17シーズン総括 WPAマイナスのブックマークコメント

太字はチームTOP赤字リーグTOP

50位:菊池涼介 -254.3*1

打率.271試合138打席629打数565安打153二塁打28三塁打3本塁打14塁打229打点56得点87三振107四球32死球1犠打30犠飛1盗塁8盗塁死7併殺打9出塁率.311長打率.405OPS.716得点圏.287失策5

 

 定位置におかえり。WBCの疲れかそれともやっぱり基本隔年選手なのか去年の最多安打の輝きはどこへやら最下位を独走。最多犠打球界No.1の魅せる守備は健在なので2番打者としては完璧なのですが、去年のミスター破天荒を味わった後だとちょっとなあ。と贅沢極まりないことを言ってみます。まあ、来年法則に従って大爆発してくれるよね。


49位:石原慶幸 -196.6*2

打率.204試合77打席167打数147安打30二塁打4本塁打1塁打37打点12得点11三振33四球10犠打8犠飛2盗塁1併殺打8出塁率.252長打率.252OPS.503得点圏.225失策1

 定位置死守。鯉女房健在と言いたいのですが、愛人ジョンソンは見事に出遅れ守護神だった今村とは絶望的に配球が合わない、打撃は例年以上に沈黙とこっそりいいとこなし。2点空振スクイズインチキが健在だったのがせめてもの救いでしょうか。来年は楽隠居してもらえるといいなあ。


48位:福井優也 -128.0*3

防御率7.16登板5先発5QS2勝利1敗戦3勝率.250投球回27.2被安打36被本塁打1奪三振15奪三振率4.88与四球12死球2失点24自責点22被打率.324K/BB1.25WHIP1.73


 どうしてこうなった。去年菅野に投げ勝ち終盤の快進撃をもたらした雄姿はどこへやら、全くいいとこないまま先発ローテ陥落。来年の先発ローテはノムスケ薮田KJが確定、岡田大瀬良がほぼ当確で、残り1枠を祐太九里加藤が狙う熾烈な争い。願わくは早稲田三羽烏の復活を。


47位:會澤翼 -116.1*4

打率.275試合106打席329打数287安打79二塁打15本塁打6塁打112打点35得点35三振45四球22死球7犠打10犠飛3併殺打12出塁率.339長打率.390OPS.729得点圏.292失策2

 定位置奪取。今度こそ念願の正捕手の座をゲットするも、磯村の成長に坂倉の早すぎる擡頭、そして今年のドラフトの目玉中村奨成くんと全く安穏としていられない状況。大分気が早い気もしますが、来年は彼らの固い壁として君臨してくださいね。


46位:高橋樹也 -91.1

防御率6.43登板10先発1敗戦2勝率.000投球回14被安打18被本塁打1奪三振9奪三振率5.79与四球6失点15自責点10被打率.310K/BB1.50WHIP1.71


 どうしてこうなったパート2。まあ、こうやってお試し出来るだけの余裕があるのはいいこっちゃ。来年は焦らずゆっくり牙を研いで、いつか中村祐太みたいに飛躍してね。


45位:堂林翔太 -82.5*5

 どうしてこうなったパート3。丸誠也松山バティスタエル野間etcともう完全に割って入る余地もないくらいにガチガチに固まってしまい、完全に裏目に出た外野コンバート。成績の方も相も変わらずの二軍の帝王。似た境遇だった巨人大田新天地で躍動してるの見ると堂林も・・・と思わなくはないですが、何とか踏ん張って師匠新井の後を継いでほしいものです。その為にも来年正念場だよ。


44位:野間峻祥 -81.6*6

 隙あらば野間。非レギュラーなのに34得点の驚異の生還率で他チームを恐怖のズンドコに陥れた代走&守備固めの切り札まさかこんなにあっさり赤松の穴が埋まるとは。その分、打撃の方はお察しですが、そんなもの瑣事に過ぎません。来年松山との名コンビ期待してますよ。


43位:ラミロ=ペーニャ -56.8

 どうしてこうなったパート4。ルナの後釜として繋ぎの4番の役割を期待されるも、4番はあっさり誠也が定着するわ、三塁は安部西川が擡頭するわ、挙句の果てには育成からバティスタメヒアっていう怪物が映えてくるわと踏んだり蹴ったり。可哀想ですが、来年故郷メキシコで頑張ってね。


42位:ブレイディン=ヘーゲンズ -54.4*7

 どうしてこうなったパート5。こっそり今年一番の誤算はジョンソンではなくこの人かもしんない。去年の縦横無尽の大活躍はどこへやら、今年は全くいいとこないまま外人枠の関係で2軍に由宇閉。去年のあなた活躍は一生忘れません。


41位:ライアンブレイジア -51.5

 どうしてこうなったパート6。盤石だけども燃える時は一斉に燃える中継ぎ陣にあって総崩れとか総動員の際に重宝させてもらいましたが、最終盤のテスト登板大炎上来年はサヨナラ。と思いきやまさかCSベンチ入り。これは来年も期待していいのかしらん。


40-21位

40位:小窪哲也 -51.2*8

39位:天谷宗一郎 -40.7*9

38位:K.ジョンソン -36.6*10

37位:九里亜蓮 -31.0*11

36位:中村祐太 -30.6

35位:加藤拓也 -28.8

34位:A.メヒア -26.8

33位:戸田隆矢 -19.9*12

32位:飯田哲矢 -19.8*13

31位:磯村嘉孝 -17.0*14

30位:床田寛樹 -13.3

29位:佐藤祥万 -10.6*15

28位:下水流昂 -9.3*16

27位:今井啓介 -5.0

26位:庄司隼人 -4.6*17

25位:土生翔平 -3.2*18

24位:上本崇司 -3.1*19

23位:オスカル -1.1*20

22位:坂倉将吾 -1.0

21位:白濱裕太 -0.9

新しい子一杯見れた気がしてたんですが、意外と少ないのね。

*1:前年比↓43位、-386.4

*2:同(以下省略)↑4位、+0.3

*3:↓8、-82.1

*4:↑3、+42.0

*5:↓1、-10.1

*6:↓7、-45.4

*7:↓31、-132.6

*8:↓2、-13.7

*9:↑7、+49.2

*10:↓33、-329.9

*11:↑15、+163.8

*12:↓19、-81.5

*13:↓15、-27.1

*14:↓5、-15.8

*15:↓7、-11.8

*16:↑11、+28.2

*17:↑5、±0

*18:↑7、+9.1

*19:↑1、-2.9

*20:↑12、+15.4

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaeda/20171018

2017-10-17 戦いすんで日は暮れて’17 pt1

[]'17シーズン総括 WPAプラス22:04 '17シーズン総括 WPAプラス組を含むブックマーク '17シーズン総括 WPAプラス組のブックマークコメント

太字はチームTOP赤字リーグTOP

MVP:中翔太*1

防御率1.40登板59勝利4敗戦1ホールド25HP29セーブ10勝率.800投球回57.2被安打33本塁打2奪三振36奪三振率5.62与四球20失点9自責点9被打率.173K/BB1.80WHIP0.92


 汚ねぇツラby前田神も見慣れれば・・・。誠也のまさかの中途離脱と丸の失速で、MVPまさかのこの方。今村も悪くはありませんでしたが、新生カープ守護神はやっぱりあなたが似合います来年こそは持病の血行障害を克服して、目指せ永川の届かなかった頂を。


2位:薮田和樹 263.5*2

防御率2.58登板38先発15完投2完封2QS12勝利15敗戦3ホールド3HP6勝率.833投球回129被安打102被本塁打10奪三振115奪三振率8.02与四球51与死球4暴投4失点42自責点37被打率.217K/BB2.25WHIP1.19


 阿仁算数を超えた男パート2。去年のノムスケに続いてだれも想像してなかったお方がまさか覚醒エース級の大活躍。当時は正気を疑われるレベルだった、松田オーナー肝煎り指名が満開の花を咲かせました。来年は開幕から先発ローテの中核として三連覇の立役者になってね。

 

3位:鈴木誠也 253.5*3

打率.300試合115打席512打数437安打131二塁打28三塁打1本塁打26塁打239打点90得点85三振80四球62死球6犠飛7盗塁16盗塁死6併殺打12出塁率.389長打率.547OPS.936得点圏.308失策6


 カープの主砲には悲劇がよく似合う。3割30本100打点の偉業を目前に痛恨のリタイア。それさえなけりゃあMVP当確だったでしょうに残念です。とは言え、流行語大賞となった「神ってる」の言葉をあっさり死語にする盤石活躍はい意味想定外まさかこんなに早く四番定着するとは。来年は今度こそ怪我なく3割30本100打点を達成してね。あ、トリプルスリーでもいいよ。


4位:丸佳浩 248.7*4

打率.308試合143打席651打数556安打171二塁打35三塁打3本塁打23塁打281打点92得点109三振113四球83死球4犠打2犠飛6盗塁13盗塁死3併殺打6出塁率.398長打率.505OPS.903得点圏.318失策2


 安定安心の丸ブランド。この方がこの順位って辺りに今年のカープ総合力の高さがうかがわれます。例年超高水準で安定していたセイバー指標は今年ついにWARセ界一位となって結実。個人的には最多安打の栄冠よりこっちの方が偉業だと思います来年もよろしくね。


5位:松山竜平 244.8*5

打率.326試合120打席387打数350安打114二塁打23三塁打4本塁打14塁打187打点77得点39三振45四球31犠飛6併殺打8出塁率.375長打率.534OPS.909得点圏.367失策2


 野間はどこだ。花粉症に悩まされての春先の絶望的な不調から一転、例年得意の交流戦以降は長年の課題だった対左を克服して大活躍特に圧巻は誠也離脱以降四番に座ってから。9-10月月間MVP獲得の大爆発でVロード快進撃の原動力になってくれました。来年は丸誠也松山の最強クリーンナップ楽しみにしてますね。


6位:今村猛 227.3*6

 大臣お疲れ様でした。名誉だか不名誉だかの最多登板が祟ったか終盤は大失速。とは言え、中不在ジャクソン炎上中田廉一時失踪大惨事をよく支えてくれました。どんだけランナー背負っても揺るがない強心臓っていうか劇場癖は正しく永川後継者だったような気がしなくはありませんが、来年大人しく勝利の方程式で頑張ってね。


7位:新井貴浩 225.9*7

 やっぱりアライさんはすごいのだー。頼れる四番から代打の神様ジョブチェンジ七夕奇跡の感動は忘れようにも忘れられません。来年はと言わずずっと、あのFAでの涙の罰としてボロボロになるまでがんばってください。つまりはこれからもどうかよろしくね。


8位:野村祐輔 204.4*8

 菅野呪い?温情駆け込み達成の大瀬良を除いて、チーム唯一の規定投球回到達でめっきりエースの風格を漂わせ始めたノムスケも、今年は去年の反動勝利の女神さまにあっかんべをされ続けた一年で9勝止まり。各種指標文句なしエース級なんだけどなあ。まあ、これにめげず来年開幕投手よろしくね。


9位:ジェイジャクソン 179.1*9

 笑顔時々炎上。抜群の安定感とは裏腹に、去年の日本シリーズで見せたとおり一度燃えるとしばらく鎮火しない悪癖で今年のカープ覇道が今一安定感に欠けた要因の一つ。とは言え、安定期にはこれでもかって位の盤石ぶりを発揮するので、首脳陣の采配が試されるお方であります来年は、畝コーチ頼みますよ。


10位:一岡竜司 120.2*10

 もう君はウチの子カピバラ三兄弟の末弟にして、出戻りの新井さんを除けば一軍レギュラーメンバー唯一の外様。例年怪我に苦しめられて実働期間が短い印象も今年はほぼ一年完走。大竹との「トレード」が大輪の花を咲かせました。来年巨人ファンを切歯扼腕させてください。


11-20

11位:田中広輔 107.7*11

12位:B.エルドレッド 97.7*12

13位:X.バティスタ 45.5

14位:岩本貴裕 35.4*13

15位:安部友裕 27.7*14

16位:西川龍馬 21.4*15

17位:岡田明丈 15.2*16

18位:中田廉 14.7*17

19位:藤井皓哉 11.4

20位:大瀬良大地 9.2*18

こう見るとやっぱ今年の打線大分おかしい。

*1:前年比↑2位、-45.1

*2:同(以下省略)↑18位、+261.7

*3:↓2、-109.0

*4:↓2、-82.9

*5:↑28、+257.2

*6:↑3、+135.7

*7:↑1、+98.9

*8:↓2、+5.3

*9:↓5、-114.9

*10:↑5、+75.7

*11:↑40、+288.9

*12:↑4、+56.1

*13:↑29、+95.4

*14:↑34、+157.9

*15:↑31、+112.3

*16:↓4、-56.9

*17:↑24、+70.6

*18:↓3、-2.8

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaeda/20171017

2017-10-15 大空ドリーマー

[]しながわ水族館 22:23 しながわ水族館を含むブックマーク しながわ水族館のブックマークコメント

「けものフレンズ」のフルルを見つめ続けた東武動物公園のフンボルトペンギンのグレープ君が亡くなる : けものフレンズちゃんねる

輝いていた奇跡の日々の終わりの一幕でしょうか。淋しいものです。


 宅建試験終ー了ー。自己採点の結果は33点!・・・またなんともリアクションのし辛い微妙な点数*1・・・


競馬進捗・・・H29収支-55310


海は泳げるけど恋に溺れちゃうの君と

しながわ水族館

 東京都品川区のしながわ区民公園南端にある水族館

 地上一階地下二階建て。一階の「海面フロア」では東京湾の魚や生物などを展示、スタジアムではイルカアシカのショーが開催される。地下の「海底フロア」では巨大なトンネル水槽を通ることができる。また、水族館の外部にはレストラン「ドルフィン」とマリンショップシーガル」がある。

 1991.10開館。5年ごとに記念リニューアルを行い、'96.8ペンギンランド、2001サメ展示水槽、'06アザラシ館を新設している。1995公開された映画ゴジラvsデストロイア』では、館内で大規模なロケ撮影が行われた。2008年1月に、館長の三橋孝夫がインターネット番組の『宇宙一せまい授業!』(あっ!とおどろく放送局)に出演した。(wikipedia


試験前の現実逃避*2にわざわざ三連休初日家族連れで賑わうしながわ水族館に一人で来館という我ながらチャレンジングな小旅行けもフレ効果でもうちょっとシングル客多いかと思ったら、思いっきり子連れアベックばっかりで結構痛々しい結果に。なので、感想は以下箇条書き


真っさらな大地に足跡を残せ

 安佐動物公園宮島水族館。今思い返せば、小さな頃に両親に小旅行に連れてってもらう先は決まってこのどっちかだったなあとしみじみ。いつか自分も大切な家族と一緒に動物園水族館巡りをしたいものです。その為にも早く伴侶を見つけなきゃあなあ。

D


帰って来た今日一行知識

フンボルトペンギンは野生も含めた全個体数の1割が日本存在する

繁殖も難しい部類に入る希少種なはずが、何故か日本水族館動物園で大繁殖。水があったってことなんでしょうが日本人の謎の変態スキル生物にも有効なんですね。

*1合格規準点は変動制で、前年度実績が35点。一昨年は31点。ここ10年の平均は34.0点、中央値が見事に33点

*210/7訪問

*3カリフォルニアアシカ

*4シロワニ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaeda/20171015

2017-10-08 History pt1

[]『物語日本史 上』 21:10 『物語日本史 上』を含むブックマーク 『物語日本史 上』のブックマークコメント

幕張メッセ「Oh!祭りだよ!けものフレンズがーでん」がグランドフィナーレを迎え閉幕!最後はみんなで「ようこそジャパリパークへ」を大合唱し2日間の熱狂的な祭りが終わる : けものフレンズちゃんねる

一時は大惨事に終わるのではと危惧されたイベントも無事大団円。しかし、こないだの声明から一切続報がない辺り、「億単位イベントこかすわけにはいかんから、取りあえず交渉中のコメント出して一旦騒動鎮火させよう」って汚い大人の思惑が背後にあったのではと邪推してしまいます福原P井上専務第2回が開催できるような吉報お待ちしてますよ。


 気が付けば、合否にプロジェクトの命運がかかってしまうほどの大事に発展してしまった宅建試験まであと1週間。流石に無様な落ち方するとシャレにならんので、1週間ほど更新トップます。こちらもついでに吉報を祈っといてください。


競馬進捗・・・H29収支-54200

物語日本史(上) (講談社学術文庫)

物語日本史(上) (講談社学術文庫)


わず耳をふさぎそうそうダメよズルすぎるでしょ

 神武天皇日本武尊神宮皇后応神天皇継体天皇聖徳太子天智天皇和気清麻呂坂上田村麻呂最澄空海菅原道真etc日本には物語主人公たりうる偉人たちがこれほど存在する。

 

 「昭和45年に御年76歳の作者がアカに染まった日本史学を嘆いてモノにした少年少女向けの日本歴史」であってんのかな。戦前教科書現代語訳って言われてもあっさり信じれるレベルの復古体の歴史叙述が皮肉でなく実に素晴らしい一冊。三分冊の第一巻の本巻は国産みから延喜・天暦の治までの所謂古代史。皇国史観の中心というべき時代を語りかけるような平易な文体で分かりやすくなじみやすく読ませてくれます。それでいて語られている内容は結構高度でハードなんだから恐れ入ります進歩的文化人さまの目に触れれば卒倒もの禁書ですので、アカ除けにどうぞ。


この腕すり抜けて変わったのはあなたの方

 これ読んで感じたのは、日本史って修身と不可分の教科だったんだなあということ。そりゃあ、道徳っていう半身失えば衰退もするわ。と国史専攻の変わり者は慨嘆するのでした。最近気づいたけど、所謂教養に興味のない人にとって歴史って、非キリスト教徒における神学なみの価値しかないんですね。どおりで話が合わない訳だ。

Lovin’ You(通常盤)

Lovin’ You(通常盤)


帰って来た今日一行知識

公立高校道徳の授業があるのは茨城県埼玉県だけ

若人にはもっと自治向上」とか「独立自尊」とか「不党不羈」とか「自力救済」とかの徳目を教えるべきです。まあそんなことしたら確実に社会人失格の協調性のない人間ができあがりますが。

[]後半戦 22:45 後半戦を含むブックマーク 後半戦のブックマークコメント

WPAプラス

1位:松山竜平 233.9

 野間はどこだ。4月の絶不調と休み休みの起用に終盤での要代走&守備固めが実に勿体ない隠れ首位打者特に誠也の離脱で4番を預かってからはまさに鬼神バット働き。連覇へのラストスパート立役者になってくれました。来年は初の規定打席到達期待してますよ。ただFAだけはお手柔らかに

2位:薮田和樹 156.6

 タクシー運転手のお母ちゃんありがとう。序盤の中継ぎ起用が実に勿体ない最高勝率投手。かの菅野を抑えての戴冠は見事の一語。得意の亜大ツーシーム武器来年こそは規定投球回到達期待してますよ。その為にも、九里の甘いお誘いにはご用心。

3位:中翔太 140.8

 汚ねぇ顔by前田神、健在。序盤の血行障害による離脱が実に勿体ないカープ守護神今村の望外の活躍守護神復帰が遅れる嬉しい誤算も、やっぱりカープクローザーあなたでなきゃ。自慢のブーシームを武器来年こそは春先の不調を克服してくださいね。

トップ10

4位:野村祐輔 118.1

5位:鈴木誠也 107.8

6位:J.ジャクソン 96.6

7位:一岡竜司 92.0

8位:安部友裕 86.7

9位:田中広輔 72.9

10位:新井貴浩 48.8

誠也が離脱してキクマルエルが不振でもこんだけ戦えるんだから恐ろしい打線です。


WPAマイナス

44位:菊池涼介 -135.4

 ミスター破天荒休み前後の広輔と丸が好調だったこともあって一昨年ほどの悲壮感はありませんが見事に隔年選手なのを露呈。まああんだけのパフォーマンスコンスタントに毎年ってのが無茶ですわな。来年こそはセカンドB9の座をこちらも復調なるであろう山田と争って欲しいもんです。

ワースト5

43位:石原慶幸 -111.7

42位:高橋樹也 -91.9

41位:福井優也 -63.7

40位:中田廉 -59.6

鯉女房さまはまあ必要経費、樹也くんは来年ガンバレ、廉は相変わらず通年でのスタミナが課題としても、福井よぉ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaeda/20171008

2017-10-03 まゆの思い

[]上州富岡駅 23:15 上州富岡駅を含むブックマーク 上州富岡駅のブックマークコメント

【けものフレンズ】KADOKAWA専務「ヤオヨロズのみなさんと今後のことについてどうするべきか相談に入ったところです。ファンの皆さまはご理解のほどよろしくお願いいたします」 福原P「影響の大きさを鑑みて協議しておりました。これから話し合いを始めます」 : けものフレ

取りあえずはよかった。願わくは今週中に妥結してけものフレンズがーでん幕張祝勝会場になりますことを。


 熟語歴史用語意味や由来を訊いて職員を困らせる勉強させるのが趣味利用者がいるのですが、通りがかりに『往生要集』という単語が聴こえてきたので答えたらドン引きされた。うん、理不尽だ。


ゆの故郷日本の誇り

上州富岡駅

 群馬県富岡市富岡にある上信電鉄上信線の駅。世界遺産登録された富岡製糸場の最寄り駅。

 上信電鉄の中では高崎駅吉井駅下仁田駅とともに主要駅で、常時2名の駅員が配置されている。当駅発着の列車も設定されている。

 1897.7.2富岡駅として初代駅舎開業。1921駅名を上州富岡駅に改称。'70.8.24二代目駅舎に建替え。2013.3.13三代目駅舎建替新築工事開始。'14.3.17三代目駅舎開業。(wikipediaより修整引用


 職場で嫌なこと続きの為、無性に旅に出たくなり群馬県上信電鉄上州富岡駅までぶらり一人旅。到着した駅はレンガ造りのモダンな佇まい。駅前もきれいに整備されて、これぞ世界遺産玄関口との矜持を感じます。ただまあ、ちょっと目を凝らすと向かいの観光センターの室内が見事にうら寂れた田舎役所って風情だったり、これまた片田舎繁華街そのままの裏路地が目に付いたりと、なんとも急ごしらえのお仕着せ感満載の背伸びが微笑ましい町でした。と、上から目線。なんせこちとら広島京都世界に冠たる観光地青少年期を過ごしたもんでして。


そんなすべてが愛おしい

 土曜の半ドン利用して行ったので、着いた頃にはもう五時すぎで最大の明所富岡製糸場も閉館済みと相変わらず何しに行ったんだかって感じでしたが、往復道中合わせて7時間たっぷり読書に耽溺できたからいいもん。しかし、相も変わらずこいつは観光をなんだと思ってんだ。

D


帰って来た今日一行知識

日本で一番電車が揺れる路線は上信鉄道

今回乗ったのは新型車両だったので大丈夫でしたが、前回古いタイプのしかもエンジン直上の座席に座った時は初めて電車で酔いました。

[]9-10月 23:25 9-10月を含むブックマーク 9-10月のブックマークコメント

MVP松山竜平 143.7

 最強の4番目の打者君臨。最終盤少しぐだりましたが、9月の破竹の快進撃の原動力となったのは間違いなくこのお方。対抗馬の上本兄も大概な成績ですが、月間MVPとれるといいですね。


トップ5

2位:安部友裕 87.0

3位:薮田和樹 75.7

4位:中翔太 73.4

5位:今村猛 69.1

 とにかく天王山阪神戦での安部の悪鬼の如き活躍が印象的でしたが、薮田今村中と投手陣の活躍にも感謝です。


ワースト3

39位:ブレイシア -54.1

38位:菊池涼介 -50.6

37位:岡田明丈 -47.4

ブレイシアもあそこで燃えなければ来年まで首繋がってたでしょうに残念です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/himaeda/20171003