想像力はベッドルームと路上から RSSフィード Twitter

2008-11-16

日本で大麻が禁止されている本当の理由【追記あり】 日本で大麻が禁止されている本当の理由【追記あり】を含むブックマーク

指定されたページがみつかりませんでした - goo ブログ

らっこのじゆうちょう

「筋の問題」なら尚更、大麻取締法を厳格に適用すべきなんだ - novtan別館


一言で言うと『アメリカに言われたから』です。

ちょっと調べればわかると思いますが、日本で大麻が法的に規制されることとなった大元は敗戦直後の「ポツダム省令」です。これにより、大麻が麻薬と定義され栽培や所持が全面的に禁止されます。

しかし、日本では大麻は繊維素材や薬として日常生活に取り入れられており、ごく普通に栽培されていました。そこで、当時の農林省が中心となってアメリカと交渉し、大麻をその他の麻薬規制から独立させた「大麻取締規則法」を制定、栽培に関する免許制などが採用されたわけです。

じゃあ、何でアメリカ大麻を禁止させたかったのでしょう?

これも理由は単純で、一言で言うと『合成繊維&化学薬品産業を成長させたかったから』です。

日本だけでなく、アメリカでも大麻を繊維素材や薬品として一般的に使用していました。しかし、科学技術の発達により石油や石炭を原料とする合成繊維や化学的に精製された薬品が登場し、大麻にとって代わられるようになります。

そうした産業構造の変化を決定的にしたのは、1937年に制定された『マリファナ課税法』です。

事実上すべての大麻の使用を禁止する法律が、アメリカで成立した。それは、1937年に成立したマリファナ課税法と言う法律である。これは、マリファナの害を防ぐ法律ではなく、大麻製品に課税する法律である。この法律は、経済界と財務省の暗黙の合意の元に作られた法律であった。この法律は、大麻を市場から抹殺することで林業と合成繊維業界を活性化するために制定された法律で、税金を取ることで特定の産業界に補助金を出しているのと同じ効果をねらった法律である。大麻に税金をかけることで、大麻製品の価格が上昇し、製紙原料が、大麻から木材に移り、繊維原料が、大麻から合成繊維に移ることで、製材業者や合成会社が設備投資を行うようになり、その結果経済が活性化するだろうと言う政府の実験であった(7)。この法律が発効して2年後、時の大統領ルーズベルトは、大麻の栽培を禁止したことは述べずに「石油や石炭から出来た合成プラスチックが、過去に天然物から作られていた多くの製品に取って代わった」と自慢した(8)。

マリファナの歴史

●19世紀後半を過ぎるとアメリカでは、木材パルプや石油を利用した化学繊維や合成薬品などが次々に開発され、それまで重要な資源であった大麻を締め出すことで市場を拡げようとする勢力が現れた。彼らは事業の拡大とともに政治的な発言力を獲得していった。


no title

こうして大麻製品は苦境に立たされます。

ただ、大麻製品が市場で苦戦する一方で、大麻を麻薬として規制しようとする向きはまだありません。あくまで“便利な植物扱い”です。

しかし、それも恣意的な情報操作と法の運用によって変わってしまいます。

その後、このマリファナ課税法が、別の法律にうまく書き換えられてしまった。それは、当時、メキシコ国境の町でマリファナが吸われていることを、新聞社が、マリファナと言う魅惑的ではあるが危険な新しい麻薬が吸われているのは、問題であると書き立てたからである。予算カットの問題を抱えていた連邦麻薬局は、人種差別の傾向にあった世論を背景に大麻と言う植物とそれを使用している者を悪者にすることで、この機会をすばやくとらえた。彼らは、こっそりとマリファナと言う言葉をCannabis saliva(大麻)と言う言葉に置き換えて、マリファナの使用を禁止する法案を議会に提出し、いくらかの抵抗にあったが、策略を巡らして大麻取締法を通してしまった。


当時アメリカ人は、マリファナとカンナビス(大麻)の違いを知っていたから、主要な経済人は、この法律には、関係ない大麻も含まれている、政府の監視の基に偉大な産業を潰すことである。これは弾圧を意味するとこの法律を非難した(9)。アメリカ医療団体も、この法律に反対した。彼らは、「この法律が2年間の間いかなる医療関係者にも公開されず秘密裏に準備され、我々が、この法律を見るまで、医薬品に対するこの法律の影響を確認できた者は誰もいない。マリファナは、麻薬ではなく、大麻を表す俗語である。マリファナには、麻薬のような習慣性はない。この法案の目的は、大麻の一般的な使用を制限するだけでなく、その医療での使用も制限してしまう。将来大麻の成分から有効な物質が発見されても大衆がその利益を享受することを奪い事になる」と議会に主張した。


この主張は、事実となった。 法律が施行されてからは、官僚主義的に大麻の取締が行われた。大麻樹脂を処方した医師大麻を研究した科学者も犯罪人として取り扱われるようになった。大麻樹脂を使用していた病人や処方していた医者もマリファナを吸っていた人と一緒に刑務所に入れられた。数世紀に渡る大麻の研究成果も捨て去られてしまった。ある著名な新聞は、ごく僅かな研究者が、大麻の害はほとんどなく、むしろその薬効は、人々に取って有益であると言っていることが大麻の害を広めていると言うヒステリックな記事を書いた。


マリファナの歴史

1933年になると、1919年から10年以上にわたって続いてきた禁酒法が廃止され、それまで法の執行に携わってきた役人や警察が自らの職業の維持のために新たな禁止対象を必要としていた。


こうした産業界と役人の思惑が大麻を禁止することで手を握らせた。禁止の謀略は2年間にわたって秘密裏に行われ、カナビス(大麻)やヘンプという広く知られた言葉を避けてあえてマリファナという当時は馴染のない用語を採用して弾圧体制を整えた。19世紀末ころからは、医薬品として大麻は非常にポプラーに処方されてきたが、マリファナ大麻のことだとは法案審議の直前まであえて明らかにされず、医師会ですらそのことを知らなかった。


法案の根拠は、「マリファナを吸うと気違いになる」 という全く根拠のない口実だった。当時嗜好品としてマリファナを吸っているのがほとんど黒人やラテン系の人だったこともあり、人種差別的な要素も加わって歪められた世論操作が盛ん行われ政治的な基盤を固めた。その後、アメリカの経済発展にともなって大麻の禁止は世界中に輸出されることになった。


no title

こうして「大麻(マリファナ)は危険な薬物である」という認識が広がり、麻薬の一種として法的に規制されるようになった、というわけです。要するに、「身体に悪影響を及ぼす」とか「他の危険なドラッグへの導入口(ゲートウェイドラッグ)となる」というロジックは、完全に後付けされたものだということですね。

賛否に関係なく、大麻解禁に関する議論をするならばこの歴史的経緯は前提として共有しておいたほうが良いのではないかと思います。

ちなみに、産業構造の変化と麻薬との関係は切っても切れないものです。イギリスで労働者ドラッグをやり始めたのは80年代のサッチャリズム以降のことですし(トレインスポッティング!)、アメリカでも大量生産・大量消費と相乗する形で向精神薬の消費が著しく上昇しました(プロザックネイション!)。

こうしてみると、環境問題やエコブームに乗る形で一般化した「大麻解禁論」もまた、産業構造の変化による“揺り戻し”なのかもしれないですね。



最後に池田先生へのちょっとした皮肉。

このところ「大麻汚染」についてのニュースが多いが、大麻の種を10粒もっていたぐらいで逮捕する国は、先進国にはない。アメリカの大統領選挙と一緒に行なわれた住民投票では、多くの州で大麻は合法化されるかきわめて軽微な罰則になった。

指定されたページがみつかりませんでした - goo ブログ

上に書いたように、日本で大麻が禁止されたのはアメリカの要請によるものです。で、それを解禁するにあたって「アメリカがこうしているから」というのはまたずいぶんと間抜けなお話だとは思わないのでしょうか。

規制緩和とか金融自由化とか、先生が普段仰ってる“要は勇気がグローバリズム”的な主張って基本的には「アメリカ追随」なわけで、その一途っぷりには頭が下がるのですが、この問題にしろあるいは金融の問題にしろ“アメリカのやり方が正しい”なんてことは全然ないわけですし、そろそろアメリカ様から自立して“自分達のやり方”を考えてみてもいいんじゃないかなー、なんて事を思いました。かしこ。


【追記】

ああ、釣るつもりはないのに釣りエントリみたいになっちまったorz

えー、僕の書き方が悪かったのだと思いますが、勘違いしている人が多いみたいなんで一応。

『合成繊維&化学薬品産業を成長させたかったから』というのは“日本で”ではなく“アメリカで”ということです。ですから、『アメリカは日本の大麻産業を衰退させるために大麻を禁止薬物として制定したのだ!』というある種の陰謀論を主張する気はありませんし、引用元のサイトでもそのような主張はしていません。

コメント欄にも書きましたが、米国内の産業転移を促進する目的で始まった大麻への課税措置がさまざまな要因(恣意的な情報操作や法の問題含む)により全面的な「大麻禁止」へと転化し、それがそのままトレースされる形で日本に適用された、というのが大まかな筋書きです。

簡単に並べると、

・合成繊維/化学薬品振興のため『マリファナ課税法』が成立(アメリカ)

恣意的な情報操作などにより大麻を全面的に禁止する『大麻取締法』が成立(アメリカ)

・敗戦により『ポツダム省令』が制定。大麻の使用や栽培が全面禁止(日本)

・農林省の働きかけにより、大麻の取り扱いを別枠にした『大麻取締法』が成立(日本)

という流れです。

ということで、日本で大麻が禁止されている理由はアメリカのポツダム省令の延長であり、大麻使用に関して日本国内で社会的・倫理的な問題が起こったからではない、というのがこのエントリの趣旨です。

僕の拙い文章で誤解を招いてしまい誠に申し訳ありませんが、どうか皆様お間違いのないよう。m(__)m

1 2008/11/17 12:46 もっと言うとデュポン絡みだね。

22 2008/11/17 14:14 そうそう、この法律かえるにはどーすればいいか考えたいですねー。テレビ局にも新聞社にも警察にも愛好家いるわけですし、とりあえず、罰金刑くらいなモノにはどうやれば変わるんでしょうね。

33 2008/11/17 16:15 池田先生の言ってることは別に間抜けな事ではないと思いますよ。アメリカうんぬんというのは先進国の現状の一つとして出しただけで揚げ足取りもいいところですし、規制緩和とか金融自由化をアメリカ追随やグローバリズムと同一視するのは愚かすぎます。池田先生の言ってる事は経済学的観点(現代経済学の常識な考え)からの妥当性を求めてるわけで、アメリカ追随ではないと思いますが。それにアメリカ様から自立して“自分達のやり方”をやってるからこそ先進国でも非常識な経済成長率を記録してるんじゃないでしょうか?要は既得権益、談合社会主義ですね。

hizzzhizzz 2008/11/17 16:53 そもそも産業紡績としてポピュラーな亜麻・苧麻・亜麻・黄麻・剣麻(リネン・ラミー・ジュート・サイザル麻)マニラ麻と、吸引にも使われる大麻(ヘンプ)は「麻」といっても植物学的に種類が違います。また繊維にする部位としても、靭皮・葉脈・葉柄という風に分かれています。化繊のポピュラー化については、戦前から高い生産力があった大手紡績メーカーが、戦後すぐ相次いで製造を始めた産業変遷です。1ドル360円の固定金利&外貨制限がある中で、割高になるデュポン化繊が日本の麻製品を駆逐したというのは間違ってます。また大麻取締法をもってして、それを化繊が麻を駆逐した米国陰謀論といってしまうは、産業史的にはあまりにもご都合主義の「911米国陰謀論」と同じような偏見です。
現在では産業空洞化が著しく、中国・ロシアその他からも安く原料のみならず製品も輸入されてますが、逆にむしろ業界的には栽培許可制で産業保護され高価格を維持して棲み分けてます。また最近ではケナフ(洋麻)が、植物紙資源として脚光をあびています。

55 2008/11/17 18:32 ミスリードかな。
>割高になるデュポン化繊が日本の麻製品を駆逐したというのは
>間違ってます。
むしろ日本の麻製品を駆逐したっていう行はないですよね?
荒唐無稽だし飛躍しすぎ。

>一言で言うと『アメリカに言われたから』です。
これが全く正しい。
ソースが示せないけど、2000年前後のSTUDIO VOICEで特集があって、デュポンがパルプリフォーミングのパテントを取ったていうのがトリガーになったって話を読んだ記憶がある。

inumashinumash 2008/11/17 18:33 なんで番号が並んでるんだw

>1さん

それだけじゃないみたいですけどね。その他の産業からの移転効果なんかも狙っていたみたいです。

>2さん

どうなんでしょうね。一度「禁止」されてしまったものを再度許可させるのにはもの凄い労力と時間が必要になるはずです。んでもって「大麻解禁」に関するロジックももっと洗練される必要があるかと。

とりあえず、ニューエイジ崩れのアホなスピリチュアリズム(要は疑似科学)が大手を振って主張されているうちは胡散臭さが消えないから無理じゃないですかね・・・。

>3さん

経済学における新自由主義が「現代経済学の常識な考え」としてアメリカを中心に展開・促進されてきたことは歴史的な事実ですよ。池田先生がそれを踏襲していることは明らかでしょう。

経済学って別に新自由主義だけじゃありませんし、それが経済学的な最適解かどうかは未だ検証過程にある問題です。それに「経済成長率」はあくまで社会におけるひとつの指標に過ぎません(確かに重要ですけどね)。著しい経済成長を遂げていても、足元で大量の貧者を生み出すような社会構造を僕は望まない、ということです。

既得権益・談合社会を叩くこと自体には賛成ですが、しかしその「向かう先」がアメリカ型社会だということが問題です。池田先生の志向するところはまさにそこなわけで。

例えば行政機構やメディア産業などに対する構造的な問題を指摘する言説は有用だと思います。しかし、それとこれとは別の話ですので。

inumashinumash 2008/11/17 18:57 >hizzzさん

僕の書き方が悪く誤解されたのだと思いますが、『合成繊維&化学薬品産業を成長させたかったから』というのは、“日本の”ではなく“米国の”です。分かりづらくて申し訳ない。

米国内の産業転移を促進する目的で始まった大麻への課税措置がさまざまな要因(恣意的な情報操作や法の問題含む)により全面的な「大麻禁止」へと転化し、それがそのままトレースされる形で日本に適用された、というのが大まかな筋書きです。

ブクマコメなんかでも勘違いしてる人がいるみたいですが、僕はこれを理由にして『だから大麻を解禁しろ!』なんて言うつもりありません。

例えば、ご指摘の通り繊維素材として使用されるものと吸引目的で使用されるものはそもそも品種からして違いますが、その事実は「大麻禁止論者」だけでなく「大麻解禁」に賛同する人達ですら知らなかったりします。

一部の大麻解禁論の中には、両者を混同し、吸引目的で使用しようとしているのにも関わらず繊維素材としての有用性を主張し解禁の根拠とするような言説が少なからず見られます。同様の混同は禁止論者にも一般的に見られるものです。

僕は基本的に大麻解禁に賛成する立場ですが、その範囲や運用に関しては様々なリスクを含めて十分検討するべきだと思っています。そのような立場に立ったとき、大麻が禁止された歴史的経緯に立ち返り、「何故禁止されたのか」を再検証する作業は必須となると考えます。もちろん、医学的・社会学的検証も重要ですけれど。


>現在では産業空洞化が著しく、中国・ロシアその他からも安く原料のみならず製品も輸入されてますが、逆にむしろ業界的には栽培許可制で産業保護され高価格を維持して棲み分けてます。また最近ではケナフ(洋麻)が、植物紙資源として脚光をあびています。

これは知りませんでした。ある種の保護政策として機能してるわけですね。もし大麻が解禁されたとして、この辺の産業構造も激変しそうですね〜。他の農業と同じく政府の補助なしでやっていけるかどうかはちょっと疑問ですが。

inumashinumash 2008/11/17 19:07 >5さん

「ミスリード」というか僕の「ミスライト(?)」ですね。普通に流れで読むと確かにそのように読めてしまいますので。

アメリカの産業構造の変化のさせ方ってほんとすごくて、例えば戦後のモータリゼーションとかロードサイド文化の促進なんかはかなり強引にやってたみたいですね。フォードが車を売るために鉄道会社を買収してわざと廃業させたりとか。『エリック・シュローサーの『ファーストフード・ネイション』なんかにかなり詳しく書いてあります。

aa 2008/11/18 03:18 大麻はTHC(テトラハイドロカンノビノール)が脳にダメージ与えるらしいし、大麻精神病になって自殺者も増加しそうだし、一概に害がないとは言えないと思う

hizzzhizzz 2008/11/18 04:49 まず、紡績産業に於ける「麻」の使用部位は、日本だろうが米国だろうが同じですから、そもそも吸引大麻の話に、デュポンを出すこと自体が間違っています。
そして、近代から日本でも欧米でも紙は、主に木材から作られており、麻からではありません。むしろケナフから紙が安価につくられるように(といってもまだまだ材木チップや古紙よりも高価)なったり、自然分解する植物プラスチックを作ったりできるようになったのは、技術開発がすすんだ最近の話ですから(セルロース生成関係特許はデュポン独占ではなく日本の製紙メーカーも沢山の米国特許を取得してます)、化繊・製紙産業と大麻規制とはなんの関係もありません。

unun 2008/11/18 05:06 禁止になった歴史は分りました。しかし、何故一部の人は解禁を望んでいるのでしょうか。

hizzzhizzz 2008/11/18 05:22 昔も今も全産業紡績に於けるヘンプ取扱量など微々たるものですから、それを全部合成繊維に置き換えた効果なぞたかが知れてるので、上記したとおりまったく理由としては整合性がありません。>合成繊維のため
なお日本では大正中期から「人絹」としてレーヨンが製造されており、昭和11年にはアメリカを抜き世界最大の生産国となってます。

y04118y04118 2008/11/18 06:48 日本での市場開拓がしたいんだと思う。 お金になるから?

huzimezaaya8huzimezaaya8 2008/11/18 11:06 ◆高島彩 ネットで話題の流出DVD映像!【動画あり】


ゆず北川悠仁と交際しているフジアナウンサー高島彩。関係者によると年内結婚がウワサされているが・・・


http://kolmiyhtu.blogspot.com/





ネットではここ最近、以前流出したハ×撮り映像が話題となっている。



http://kolmiyhtu.blogspot.com/





結婚に影響が出なければ良いが・・・

         2008/11/18 11:14 えっとチェックはされているでしょうからここの主も国内での常習者と疑われるようなエントリはすべきでないと思いますが。というかこのエントリみたら疑いますよ。今回は厳しく規制するための流れがありますので、↑の方もかいておられるように、閲覧者に情報の正誤の誤りを招きかねないエントリですのでよくお考えを。というかごく普通の一般大衆には何の関係もない話ですしね、規制反対派のブログなどでの大衆を見下した言動もきにりません。というか違法は違法なことにぎゃーぎゃーわめいてみっともなくてうっとうしいです。

22 2008/11/18 11:23 inumash さん
まぁ、そうなんですよねー。しかし、規制は増えても減らない体質っつうのはほんとイヤだなぁーと思います。個人情報保護法のムチャブリ具合とかを先に変えてほしいですねー、個人的には。
あと、なんだか、下北のレストラン麻の人、政党作るらしいですよ。マスゴミ氏ねとか思ってる人は、大麻きらいでも投票したればいいんでねーのと、思いますけどね。リスキーでもリアルな話を始めたテレビが生き残ると思うんですけどね。

bb 2008/11/18 18:24 この日記を見てちょっと愕然としました。
こんな噂なのか陰謀なのかわからないようなことを書いていては、
今の状況がいい方向に行くとは思えません。
第一にアメリカの一企業のために世界的に麻薬として禁止するようなことができると思いますか?

前提として、大麻には依存性があり害もあります。
ただその強さに問題があって、それは他のハードドラッグに比べて弱いということです。
それを同列に扱っているのがまずいというわけで、
そういう見方からヨーロッパやカナダ、アメリカの州が非犯罪化の方向に向かっているんです。
おもちゃの銃の隣に本物の銃が売られているようなもので、
これらは区別し、分ける必要があるのです。

9999 2008/11/19 23:09 大麻は現行で違法です。そして大麻が無くても生きていけます。規制されたままでも誰も死にません。どうしても吸いたければ違法でない国に移住するなりすれば良いのであって、外国にならって日本で解禁する必要性はありません。

   2008/11/20 17:10 「中国でネットは監視検閲されています。そしてネットがなくても生きていけます。
規制されたままでも誰も死にません。どうしてもネットがしたければ国外へ〜云々」
ということですね。 わかります。

大麻を解禁してもいいことは別になさげなので、それには反対の立場ですが、
”決まってるから決まっているのだ!”はダメでしょ。それに対する共通認識についての
話なんですから。

禁止されてるゆえ、アンダグラウンドで流通して、同流通経路のハードドラッグへ
使用者が流れてしまう。という禁酒法時代の酒みたいな位置づけになるのが恐れられてるというか、
じゃあ、そんなに草を欲しがってる人々がいるのかというと、アレを吸うって文化が
日本にそもそもないので、やっぱり禁止でいいよね。って話に落ち着いちゃうというか。

jcjc 2008/11/23 04:47 ちょっと違いますよ
石油産業に邪魔だったってのは後付けで奴隷だった黒人たちや南米メキシコ人らが吸ってたのが気に入らなかったのが最初でしょ
元々白人は草吸う文化はなかったからね
みててムカついたんでしょ

jcjc 2008/11/23 04:51 知らないだけで麻吸う文化はありますよ!
ただ表だってないだけ今でも地方いけばその文化は残ってる地域も少なからずある
それに戦前病院で処方されてたけど?

.. 2008/11/29 21:52 繊維産業のためならともかく、今さら快楽目的の摂取のために許可してやる必要はなさそうだね。

MarkMark 2008/12/01 01:44 ニュースを観てサイトを見つけました、私はアメリカに生まれ、まさに、ヒッピーの時代ベトナム戦争を子供時代に感じていた、日本だって第二次世界対戦の時、特効対にヒロポンを打たせ恐怖感を忘れさせ天皇陛下万歳かお母さ〜んと叫び死んでいった…戦後話しを父から聞いた事で日本復興の為、生めよ、増せよ働けよと寝ずに働けと日本の国は合法で大々的に新聞広告に「ヒロポン一本今日も元気だっ!!」と覚醒剤のキャチコピー、復興して良くなったら違法に、大麻よりメデカルな依存性の高い物を許し、急に駄目だと言われて止められる訳がない当時の赤線、青線、芸能界やって無い方がおかしい位、そんな遺伝子の中生まれた子供がそうなってもおかしくわないと考える、親の仕事の都合で18の時日本へ帰国只今55、アルカポネの時代に生まれ酒が飲めるなら飲みたい!酒が飲め金があったら闇酒に手を出していたに違いない、おしゃる通り政治が動くからだと同感!駄目と言われればマフィアが金の種に〜今や酒は合法でドメスティックバイオレンス、アングロサクソンの人種には肝臓にアルコールを分解する酵素が東洋人より多い事は医学的にハッキリしてる事実、ネーティブアメリカンの方達は大切な儀式には欠かせない大麻の文化をアングロサクソンがインドと間違いインディアンとさげすみインディアンは頭の革を剥ぐ野蛮人と隅っこにおいやった…今や21世紀もう統計的に何が悪いかわかりませんかねえ〜飲酒運転事故で警察官がひき逃げ毎日のように!今の時代マリファナ位平和な気持ちになれるものは無いのではアメリカ時代隣に住む大学生のJoyはとても優しく平和で哲学を持ち立派な医者になった彼は酒もたしなむがマリファナはイマジネーションをリラックスする大切な物だと言っていた。今、私思う事はメディカルではない鳥が食べても人が食べても害がなく、ロープや高い麻の布を作り肌に良いと、燃やしても埋めても有害ではない、石油で出来たビニールに汚染され今更エコだと言って政府はゴミを別けろと言って山ずみのまま、何もやっちゃいない政治家がハンガーを手にこれに変わったと言っていたニュースは嘘パチ野郎を有罪にせず〜マスコミで知らなくて良い報道をするから〜アクエリアスの舞台でタイガーズのトッポと言う方が大麻で逮捕のニュースが私が初めて日本で耳にしたマリファナの事、何故いけないのか理解できなかった、日本に帰り友達が出来たがその彼の父親は仕事せず酒乱のお父に毎日お母さんが殴られている姿をみて泣いていたがそいつも今やおやじと同じに…悲しいかなDNA、最悪な今の日本の行政に希望が持てない時こそ優しい気持ちの処方箋〜合法化勧めろとは言わないが望む人、酒の飲めない人がいるようにマリファナが合わない人もいるでしょう、オランダの犯罪が減った理由はマリファナを国が支配し許可を出したからである事は事実で風車やチューリップも変わりない平和がある、選択の自由を!!と言いたいし扱い方一つの問題で好奇心大勢な立派な大学生の芽を摘んで哀れな気持ちになって長い意見をさせて頂きました、種を撒き高さ5センチ4株の為にさらし者にニュースで流すのはいかがなものかな。

787787 2009/03/23 12:51 アメリカに言われたからってのは否めない。それが確信でしょう。
けどその以前の理由が石油産業の邪魔になったってのは間違ってるんじゃないかな。
アメリカでの大麻取り締まりの歴史を掘り下げたら産業的なことじゃなくて単に人種差別的な感じですよ。もともとは黒人やメッキが吸ってましたから。

sakurai0905sakurai0905 2009/08/28 17:45 大麻ね…

sakurai0905sakurai0905 2009/08/28 17:45 大麻ね…

choicechoice 2011/02/13 18:16 GHQのマッカーサーが大筋決めた法律じゃなかったかな。

オランダではヘロインなどのケミカルドラックに手を出さないように大麻の規制がゆるいんだよね。

意外と罰金刑にしたら経済が潤ったりして。

ケミカルドラックをやってる人間の犯罪は聞くけど、大麻を吸引して犯罪を起こしたって聞かないよね?
それについてはどう思いますか?

ニュース見てると栽培していて逮捕ってのは聞くけど・・・

オランダのように解禁すればいいとは思わないけど、罰金刑にすればもっとドラッグが絡んだ犯罪なくなるんじゃないかな。

Y.IY.I 2011/11/06 21:53 Legalize it!!

荻谷竜荻谷竜 2016/10/28 02:29 俺はヤクチュウ

荻谷竜荻谷竜 2016/10/28 02:29 俺はヤクチュウ

セキマコセキマコ 2016/11/17 00:54 俺は邪魔が得意

柏谷柏谷 2016/11/17 00:56 俺は庭で栽培

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/inumash/20081116/p1