スマートフォン用の表示で見る

向精神薬

サイエンス

向精神薬

こうせいしんやく

医薬品

精神に働きかける作用を持ち、精神科などで使用される薬剤のこと。

概要

 向精神薬には第1種から第3種まであり、いずれも医師処方箋が必要な処方薬であり、中枢神経に作用して、精神機能に影響を及ぼす物質(医薬品としては抗不安薬催眠鎮静薬、鎮痛薬等が該当)であって、麻薬及び向精神薬取締法麻向法)及び政令で定めるものを言う。

 向精神薬は、その乱用の危険性及び医療上の有用性の程度により種別される。

向精神薬の輸入・輸出などの区分としては

 第一種向精神薬については、その都度の地方厚生(支)局長の許可が必要

 第二種向精神薬については、地方厚生(支)局長に輸入届出書、輸出届出書の提出

 第三種向精神薬については、向精神薬輸入業者が行う輸入、向精神薬輸出業者が行う場合には手続は不要

 それ以外は第二種、第三種向精神薬ともその都度の地方厚生(支)局長の許可が必要

 なお、刑法における扱いとしては、向精神薬を他に不当に投与した者は傷害罪に問われる事になる。