スマートフォン用の表示で見る

刑法

社会

刑法

けいほう

いわゆる,刑法(刑法典) と,特別刑法がある。

特別刑法の例として,軽犯罪法覚醒剤取締法や爆発物取締罰則などがある。



刑法の目的は現在は、予防と応報にあると解されている(相対的応報刑論)。

予防にも、一般予防と特別予防がある。

一般予防とは、一般人(犯罪歴のない人)に対し、「こういうことをしたら罰せられるぞ!」と威嚇をすることで、犯罪を犯すのをやめさせる効果。

特別予防とは、犯罪をした人が、「こんな刑罰を受けるなんてもうたくさんだ、もうしたくない」と思わせることで、再犯を防ぐことである。

応報はいわば、「目には目を、歯には歯を」の考え方である。

旧派、後期旧派、新派などの争いはあるが、総括的にみれば、刑法の目的はこのように解されている。


リスト:二文字キーワード