kaisehのブログ このページをアンテナに追加

2012-12-18

SmartNewsは、次世代のメディアを作るデータマイニングエンジニアを募集します

先週月曜日の12月10日、僕が代表を務める株式会社ゴクロから、iPhone向けニュースアプリSmartNews』をリリースしました。公開直後から予想を超える反響があり、多くのブログニュースサイトに取り上げていただきました。今もApp Storeの無料総合ランキング上位をキープしており、非常に良いスタートが切れたと思っています。

SmartNewsのレビューを読むと、アプリのUXを評価してくださっている方が多いと感じます。自分としてはもちろん、UXにも強いこだわりがあるのですが、UXと同じくらい、「どんな情報を配信するのか」という点にも思い入れがあるので、以下書きたいと思います。

「必要な情報を必要な人に届ける」ことを目指したCrowsnest

僕は、Webプログラミングを始めた2005年ごろから、「Webには膨大な情報が溢れているのに、その情報が必要なかたちで必要な人へ届いていない」というギャップに問題意識を持つようになり、それを解決するサービスを作れないかと試行錯誤してきました。2008年〜2009年に開発したTopHatenarBlogopolisにも、(ブログという限定領域内ではありますが)ビジュアライズによって、優れた情報発信者の発見を支援したいという思いがありました。

その後、情報の可視化やパーソナライズ、レコメンデーションへの挑戦意欲がさらに強くなり、1年半近くかけてソーシャル・ニュースリーダーのCrowsnestを作りました。Crowsnestは、大衆迎合することなく、かといってタコツボ化することもない、個人と情報の理想的な接点を目指したWebサービスです。Twitterに流れるURLの大規模解析を元に、情報に対するグローバルな注目度とローカルな(自分周辺での)注目度を組み合わせて配信コンテンツを決定するのが特徴です。Crowsnestは2011年10月にリリースし、TechCrunch Tokyo 2011でも賞をいただくことができました。

しかし、Crowsnestはコアなユーザ層から支持を得られたものの、Twitter連携が必須なことをはじめ利用の敷居が高く、成長のシナリオを描くことができませんでした。今年3月、Crowsnestの開発をストップして、新しいサービスにピボットする決断をしました。貯金を取り崩す生活が続いており、この頃は相当辛かったです。

ピボット案として考えたのが、「スマートフォンで誰でも手軽に使えるニュースアプリ」という、現在のSmartNewsのコンセプトです。開発は再び難航し、10月の時点では、アプリの名前もアイコンUIも、現在のものとは違っていました。それでも、ユーザテストを重ね、スマホでニュースを読むとはどういうことなのかをユーザの立場で必死に考えた結果、今のかたちが固まり、リリースにこぎ着けることができました。

SmartNewsの現状と展望

こうした経緯があり、「一般のユーザに届くアプリ」を指向して開発したため、現在のSmartNewsは誰でも興味を持ちやすい共通の話題、人気の話題を抽出することに重きを置いており、Crowsnestの技術的強みだったパーソナライズは一部を除き封印されています。結果的にはこのコンセプトが功を奏し、多くのユーザを獲得することができました。

しかし、多様化が一層進むこれからの時代において、話題のニュースを皆に一律配信するだけでは既存のマスメディアポータルサイトと何ら変わらず、長期的なユーザエンゲージメントを築くことは難しいと思っています。人にはそれぞれ価値観があり、必要とする情報も違っています。一人ひとりが本当に求めている情報、あるいは知るべき情報を確実に届けることができる、新しいメディアを構築したいというのが、Crowsnestから引き継ぐゴクロのビジョンです。そして今、SmartNewsはそれが可能な位置にいると考えています。

データに強いエンジニアを募集します

そこで、株式会社ゴクロでは、SmartNewsのコンテンツ選定に徹底的なチューニングとパーソナライズを加えるべく、データマイニングエンジニアを募集します。

Crowsnestをベースとしたパーソナライズ技術はすでに持っていますが、まだまだ大幅な改善が必要です。さらに、日々大量に蓄積される記事のアクセスログを分析して配信ロジックを継続的に改善したり、記事をサマライズ・カテゴライズしたり、トピックを抽出・サジェストしてインタレストグラフを構築したりと、やりたいことが山のようにあります。

小回りのきく組織なので、圧倒的な自由度で仕事をしていただくことが可能だと思います。CrowsnestとSmartNewsが持つ膨大なデータから価値を生み出し、新しい時代の情報プラットフォームを一緒に作りませんか?

詳細に興味を持たれた方は、kaisei.hamamoto at gocro.jpにご連絡ください。お待ちしています。

2012-01-31

第3回Twitter研究会の発表資料

28日の第3回Twitter研究会で、Crowsnestについて発表してきました。スタッフと参加者の皆様、ありがとうございました。

情報発見の手段が検索からソーシャルへ変わってきているというのは良く言われることですが、実際にCrowsnestを開発してみた感覚として、技術的に検索エンジンとCrowsnestを対比するのが面白そうだと思い、そうした観点プレゼンを作ってみました。

ソーシャル・ニュースリーダー「Crowsnest」におけるTwitterのリアルタイム解析と情報整理の未来

資料中にもありますが、Crowsnestの構造は以下のように捉えることができます。

検索エンジンCrowsnest
ページの発見ハイパーリンクツイート
転置インデックスのキー形態素言及者
クエリキーワードユーザの持つソーシャルグラフ
結果のソートPageRankなど言及者の信頼度

枠組みには検索エンジンとの共通点が多いですが、ハイパーリンクキーワードの部分が「人」に置き換わっています。この中で、個人的に興味深いと思っているのは転置インデックスの部分です。従来の検索エンジンでは、文書をインデックスする時点でキー(文書が含む形態素の一覧)が確定していますが、CrowsnestではユーザがURLツイートするごとに、キー(文書への言及者)が動的に追加されていきます。つまり、情報の価値は情報自身にあるのではなく、その伝播者がもたらすという考えが、ここに強く反映されていると思います*1

*1PageRankでも、他者からのリンクがページに価値を与えるので、この考えに近いところがありますが。

2012-01-20

第3回Twitter研究会で発表します

1/28に開催される第3回Twitter研究会で、僕が開発しているソーシャル・ニュースリーダーのCrowsnestについて発表することになりました。

no title

Crowsnestでは現在、秒間500200件くらいのURL付きツイートをクロールしています。このクロール量自体は、Twitter APIを効率的に呼ぶことで比較的容易に達成できると思います。Crowsnestが特徴的なのはその先で、クロールしたコンテンツから大規模インデックスを構築し、任意のソーシャルグラフURLパス、ハッシュタグキーワードなどのクエリに対して、パーソナライズされた検索結果をリアルタイムで返せるようになっているところです。研究会では、この辺りの技術について話す予定です。

SummifyがTwitterに買収されるなど、ソーシャルベースの情報集約技術への注目は高まっており、Crowsnestも頑張りたいところです。

興味を持たれた方は、第3回Twitter研究会にぜひいらしてください!

2011-10-31

情報可視化についての思考を深められる『ビューティフルビジュアライゼーション』

オライリー・ジャパンから、『ビューティフルビジュアライゼーション』を献本いただきました。ありがとうございます。

情報視覚化の書籍といえば、本書と同じ増井俊之さんの監訳で、2008年にオライリーから『ビジュアライジング・データ』が出ています。

『ビジュアライジング・データ』は、Processingを使った情報可視化手法のガイドで、サンプルコードが豊富に使われていて、かなり実践的です。これと比較すると、『ビューティフルビジュアライゼーション』の方はコードや技術解説が最低限に抑えられ、その分、可視化手法の背景にある思想、着想に重点が置かれており、エッセイに近い書籍になっています。

エッセイといっても、抽象的な話が続くわけではなく、Wordleニューヨーク地下鉄路線図のデザインなど、筆者が実際に関わったプロジェクトの事例をベースに書かれていて、興味深く読めます。

個人的に面白かったのは、情報可視化アニメーションを取り入れることの是非を考察している章です。この章では、安易なアニメーションがかえってユーザを混乱させるという実験結果が示されています。こうした結果を踏まえ、アニメーションを使用する場合の原則が分かりやすく整理されていて、参考になりました。

表紙のデザインが奇麗ですが、中身もカラーの可視化イメージが大量に使われていて、図を眺めるだけでいろいろインスピレーションが得られそうです。

2011-10-03

ソーシャル・ニュースリーダー『Crowsnest』を正式公開しました

5月31日に本ブログベータテストの開始をお知らせした、ソーシャル・ニュースリーダーの『Crowsnest』が、今日正式にリリースされました。

Crowsnestは、これまで、多くの方からいただいたフィードバックを参考に、機能の改善を進めてきました。7月1日のエントリーでは、その一部をご紹介しています。その後もチューニングを続けた結果、サービスが一定のレベルに達したと判断し、このたび公開の運びとなりました。

僕は長い間、Webの情報収集ツールとしてRSSリーダーソーシャルブックマークを使ってきました。ところが、ここ1、2年ほどで、TwitterFacebookの情報流量の方が明らかに多くなり、情報収集はソーシャルメディアだけで十分なのではないかと感じ始めました。とはいえ、ソーシャルメディアの情報はノイズが多すぎることと、Google リーダーのように洗練されたツールもないことから、結局、RSSソーシャルブックマークを見続けてきました。

Crowsnestは、この状況を解決したいという思いが出発点になっているため、「ソーシャルWebにおいて情報の重要度をスコア付けするロジック」と「ツールとしての完成度」の2点については、特に力を入れて追求してきたつもりです。もちろん、現時点ではまだ未熟なサービスであり、既存ツールの代替にはならないかもしれませんが、いずれ、ソーシャルWebの情報流通基盤としてのポジションを確立したいと思っています。

Crowsnestは今後、以下のブログで広報を行っていきます。

no title

今回のリリースについての公式アナウンスは、以下のエントリーをご覧ください。

no title

また、TwitterFacebookでも最新情報を発信していきますので、チェックしてみてください!

@crowsnest_jp on Twitter

Crowsnest - Facebookページ

追記

TechCrunch JAPANでCrowsnestを取り上げていただきました!

CrowsnestはTwitterに流れるリンクから関心度の高い情報を表示してくれるニュースリーダー | TechCrunch Japan