Hatena::ブログ(Diary)

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記 RSSフィード Twitter

Tweet
オタクちゃんねる2 オタクの政治プラス オルタナティブ@政治経済 予備ブログ
河口湖通信  ピアプロ pixiv ブクマ twitter tinamix
 twilog 読書メーター

2016-06-25

kamayan2016-06-25

[]今回は党派主義的に以下書く。民進党の「表現規制」っぽい公約関係。 00:42 今回は党派主義的に以下書く。民進党の「表現規制」っぽい公約関係。を含むブックマーク 今回は党派主義的に以下書く。民進党の「表現規制」っぽい公約関係。のブックマークコメント

俺は熱烈な民進党支持者だから、以下党派的に書く。

1

https://www.minshin.or.jp/compilation/policies2016/50091 での民進党政策のうち

メディアにおける性・暴力表現について、人々の心理・行動に与える影響について調査を進めるとともに、バーチャルな分野を含め、技術の進展及び普及のスピードに対応した対策を検討し、推進します。

というところがツイッター上を駆け巡っている。

このツイートは5212リツイート現時点でしている。→ https://twitter.com/poevil/status/746337917107240960

2

一番親しい民進党関係者に、どう考えるべきか尋ねた。

1;どういう経緯でこの「公約」が出たのかは、その人(民進党衆院候補)が責任もって調べてくれる。だから俺のところに報告が来る。最低限、俺からブログ介して今回の件について説明がなされる。運が良くて俺とその人の民進党内価値が高いと判断されると政党から発表があるかもしれない(そこまで俺の価値が高いとはさすがに思えない)。

2;民進党に投票する同志諸姉諸兄は「今回は民進党に投票するが、この政策だけは認められない。選挙後に見直せ。」とメールするのが良い。

以上が「一番親しい民進党関係者」からのアドバイス。以下は俺の雑な所感。

3

元々民進党内には、メディア規制したがりラインがくっついている。ラディカルフェミニズム系とか。

自民党ネットサポーターズとかのラインは「表現規制はオタク票を敵に回す」と判断し、メディア規制を「公約レベル」では隠している。(追記。後述するけど「非常事態条項」は桁外れに巨大で乱暴な表現規制法だけどね)

社民党は頼れる勢力がすげえ少なくなり、で福島瑞穂にかつてロビイした余韻とか似た経緯で福島瑞穂を応援しているオタク層とかの力により、社民党には表現規制反対の流れが強めに残っている。

共産党が表現規制反対に舵を切ってくれたのは実はわりと近年のことだが、共産党カクサン部は俺ら(表現規制反対勢力)に感覚が似ているところがあり、この若手勢力は(俺らの仲間による水面下での根強い説得などもたぶん功を奏し)規制反対派だと現在は旗幟を鮮明にしている。

逆に民進党と表現規制反対勢力の交流って、20年間長く存在するけど、詰めて語りあうことが存外少なく、そのため選挙の際公約ではどう扱うかについて互いに詰めて話し合っていない。

こういうマニフェストを書くとき、従来からの言説で特に変更がないときは変更がないまま書かれるものだと思う。

で、今回の記述って、たぶん小宮山洋子水島広子がメディア規制勢力言説を代弁していた時代とかhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080228/1204132150 仄かに思い出すのはその後あと一回表現規制系の大波が来たとき妥協点として「検討」という言葉が採択された、その時の公約が生き残っていて、そのまま載ったんだろうと思う。

選挙前に俺か表現規制反対市民団体のどこかが民進党に強く「表現規制だと受け取られるような公約載せるなよ」と民進党に迫っておくべきであった。反省材料だが、表現規制反対市民団体のどこもがギリッギリのところでやっているのは俺は体感レベルで感じるので強く要求などできないが、しかし選挙が見えてきたらその時こそ政党に対しロビイしておくべきであって、それってのはある意味すげえ党派主義的ではあるが、俺とか表現規制反対系市民団体はその辺要請相手をムダに思いやり過ぎる悪い癖があるので、政治においてはいけ図々しさは美徳であるから、次の衆院選までに、我々は我々の弱点を克服しておくべきである。と思う。つまり選挙が見えてきたら「わかっていると思うけど、表現規制しないよね?」と念押し的働きかけをしつっこく政党方面にしておくべきである。

4

追記。自民党が改憲でまず加えようとしている「非常事態条項」は、エロ規制どころではない暴風的な表現規制策で、今回「改憲」勢力が勝つと(計算上はわりと簡単に勝てる)、「非常事態条項」が現実化する。ひょっとしたら日本にはエロ表現の自由とヘイトスピーチの自由だけ残って(この場合双方とも弱い者いじめの自由。本来的「自由」ではない)、それ以外の言説の自由表現の自由が統制されるそんな社会が1ヶ月後に選択されるかもしれないね。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

2016-06-24

kamayan2016-06-24

[]20進法の合理性 23:16 20進法の合理性を含むブックマーク 20進法の合理性のブックマークコメント

1

マヤ文明は天文学と数学がバカみたいに発展していた。その発展はマヤ文明が20進法だったことに関係すると思う。

両手両足の指を全部カウントすると、20だ。だから20を一セットとする20進法という発想が生まれる。

両手両足の指をカウントして20だから、5本の指由来の5進法、両手両足をカウントしての4進法が内包される。

よって、20進法では、4、5、20が「キリの良い数(聖数)」となる。

一年は365日だ。10進法だと切りの悪い半端な数だ。

20進法だと、20(聖数)×18+5(聖数)という、何かを示唆しているようなキリが良いような微妙な数字だ。ていうかわりとキリが良い。

実際には1年は365日と4分の1だから、4(聖数)年ごとに閏年があり、一日を加算する。キリが良い。

このキリの良さに20進法の民族は感動を覚え、それが天文学の異常な発展につながったと俺は思う。

2

ちょうど http://www.kinoblo.com/entry/huransu.suuzi という記事でフランスの数の数え方がおかしいみたいなのがホットエントリになっていたけど、ブコメに古代ガリア民族の20進法由来なのではという記述があった。

20進法は10進法より上記のとおり少なくとも天文学的には有利だと思われる。その派生形としての数学でも有利な点が色々あろうかと思う。フランスには偉大な数学者がわりと多いようだが、20進法が関係しているのかもしれないね。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20160624

2016-06-23

kamayan2016-06-23

[]「共同代表」になってみましたが、地元の抵抗が強すぎて心折れそうです、その他 21:43 「共同代表」になってみましたが、地元の抵抗が強すぎて心折れそうです、その他を含むブックマーク 「共同代表」になってみましたが、地元の抵抗が強すぎて心折れそうです、その他のブックマークコメント

1

実は地元(村集落)観光協会の会長になった。地元観光協会の規模は小さい。

この就任は、地元(村集落)観光協会複数を束ねる「観光連盟」という組織が、今まで町(複数の村集落が統合され「町」として成立している)が運営する任意団体だったのを、社団法人化しようという、いわゆる「民営化」の流れがあって、それに対してどう処するべきか地元(村集落)観光協会理事たちと話し合った結果、アクシデント的に俺が観光協会長就任となった。

観光協会長の方が「地元(村集落)を束ねる」のには向いているので、俺としては、「連盟」(町行政)への出向はともかくとして、地元(村集落)協会内では「共同代表」ということで、実質的に元会長に会長でいていただくつもりだったし、地元(村集落)協会理事も皆それに同意していた。

が、理事に関わっていない(村集落)協会員とか協会員ではない村民とかから「共同代表なんて聞いたことない」という反発が出て難儀している。

君らは旧民主党菅直人鳩山由紀夫共同代表制というのを知らんのか。

もちろん知らない。

俺に馴染み深い組織であるコミケには三人共同代表制というのがあってだな。

もちろん我が村の田舎モンはそんなもの知るわけもないし、知っているようなオタクが田舎に残っているわけもない。

「共同代表制」への抵抗感は60歳以上に激烈に強く、50歳以下だとほとんどないのだが、我が村は高齢化しているので面倒臭い。我が村の平均年齢というか年齢の中央値がだいたい70歳くらい。75歳くらいかもしれない。

以上が http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20160324/1458827306 で書いた「ビックリ」したことの内容。

2

で、地元(村集落)観光協会長になったので、色々な総会(町行政関係)への出席の誘いが来る。

基本的にどの会議も「異議なし」の連呼だけでものすげえ重要な事柄がツッコミ抜きのまま承認されるという空恐ろしい会議ばかりだ。空恐ろしいのは出席者の誰も決定内容の重要さを全然自覚していないという点だ。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20160611/1465659944

「重要」と感じるのは、俺が地元民(町住民)の中で例外的に脳味噌が町職員と同じレベルくらいで動くから「重要」と感じるだけで、「セレモニーに参加することだけが大事」だと「総会」の類を解している大多数の出席者にとっては全く重要ではないのだろうが、お前らもう少し何を話し合っているのか自分の脳味噌で考えろ。

セレモニーモードで考えれば決定事項は皆「町行政職員に全部委任します」というセレモニーで、議決内容に改善の余地、町行政職員の負担を減らして地元(町住民)参加イベントとしてもっと活性化させるとか、改善の余地はなんぼでもあるが、とりあえず今年は様子見として、あまり俺も発言していない。そしてどの総会でも名簿に、性格の悪いヤンキーがムダに歳を重ね権力の所在だけを知っている同じおっさんが、我が村集落の代表として名前を連ねている。

ツッコむ人間がいないところはこういう性格も頭も悪いおっさんに地元発言権というか権力が集まる。このおっさんは道理の通らない言いがかりを時々するという「技」を権力源泉の一つにしている。「おっさんの言っていることは間違っとるし道理も通っていないわアホか」とツッコむ人間がいればこういうおっさんに権力は集まらないのだが。だからツッコミを入れる力が重要なのだ日本では。性格も頭も悪いおっさんによるボケ倒しが「日本の悪癖」とか「草の根保守」の実体なのだから。こういう頭も性格も悪いおっさんの究極が安倍晋三なのだから。

3

で、そういうセレモニー的「総会」の一つに、地元(町行政+隣行政区域)防犯協会の総会があった。主催は県警生活安全課。地元(近隣行政区域)最高級ホテルにて開催。前年まであった意見交換会なし。

行きたい凄く行きたい。どういうこと言うのか聞きたい。何が報告され決議されるのかすごく知りたい。なぜ意見交換会がなくなったのかも裏を知りたい。

4

というワクワクイベントに参加できるはずだったのだが、http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20160617/1466178477での貧困スパイラル親戚女児の教員との面談が同じ時間に重なったので行けなくなった。俺は凄く残念だ。

県警生活安全課に、総会に参加しますよという通知を出しておいたのに欠席しなくちゃいけないので、電話して欠席の旨伝えたら、「わざわざご連絡ありがとうございます」と担当者から言われた。こういうセレモニー総会は無断欠席するケースが多くてわざわざそんな通告する人なんて俺だけだったのだろう。

でも俺は行って何を警察が言うのか凄く聞きたかった。意見交換会が今年は廃止になったのは、ひょっとして、たぶん公安リストにまだ名前が載っているであろう俺が出席するからじゃないかと陰謀論を逞しくしながら楽しみにしていたのに。俺が田舎に戻ってきたとき、なぜか地元(隣村集落)派出所に生活安全課の新人エリートが出向してきてウチに挨拶に来るというよく判らない出来事があった。その出来事は俺の中の陰謀論に色を付けているんだが、あのエリートはその後見ないが俺を観察するに値しないと結論して本部に戻ったんじゃないかと脳内陰謀論展開しているんだけど、実際のところはどうだったんだろう。総会に行けば答えの一部が見えたかもしれないのに。残念だ。来年こそ出席できますように。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

[]山梨参院選、郡内住民からの光景 23:52 山梨参院選、郡内住民からの光景を含むブックマーク 山梨参院選、郡内住民からの光景のブックマークコメント

1

東京在住時に見ていた選挙と、田舎で見る選挙は光景が全然違う。

ところで今回の山梨参院選は民進党候補当選可能性がわりと高く、自民党は苦戦と、たとえば現代系の情報に出ていた。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48929

地元民感覚としては、んなわけあるか。と体感レベルでは感じる。

公示前に、俺のところに自民党候補は、県議会議員に引率されて直接挨拶に来た。(俺が地元集落観光協会長だから)

公示前に、我が老母は、我が老母の信仰する「日本会議」系新興宗教による、保守系無所属候補の決起集会に呼ばれ参加し、我が老母は激烈熱心な集票ボランティアを現在行っている。

民進党は公示前から現在に至るまで、やる気のない広報車が県道を2回走っているのを見ただけだ。

我が田舎は人口過疎地域であり、選挙は基本的に山を越えた「国中」地域で行なわれているんだが、それでもちょっと悔しい。

山梨の参院民進党候補は玉が良いと聞いているので、直接選挙事務所に行って献金しようかと思っているのだが、だが民進党から完全無視状態だと、俺のように熱烈な民進党支持者でもすげえ寂しい。北海道在住衆院候補のラインで民進党員でもあるのに。

山梨参院で民進党が勝つわけねえだろと、体感レベルでは思うのだが、公示ポスターを見ると

民進党候補

自民党候補(俺のところに本人が挨拶に来た)

保守系無所属候補(我が老母が激烈集票活動している)

幸福実現党候補

と4人並んでいて、

保守票を自民と保守系無所属で割り、さらに幸福実現党が極右票を削れば、非保守票というか、民進党が組織票をかっちり固めて共産票がそれに加算されれば、まあ民進党が勝つかな、と思った。

基本的には凄く単純な算数だ。単純な算数が選挙の8割を決める。

この単純な算数で共産党が今回示した賢明さは凄いものがある。この賢明さが継続することを強く望む。

この単純な算数が重要だと力説しておきながら、実際には死に票を増やすかつての老害共産党的行動に出た小林節って、「国民怒りの声」を結党するまではそのクレバーさに畏れ入ったが、結党して選挙に出た時点で、お前は選挙について何一つ判ってないわ。というか自分が言っていたことと自分がしていることの真逆さにすら気づかないのかバカボケ死ねと感情的に感じる。

一方、枝野幸男さんは保守系からもリベラル系からもムチャクチャ叩かれながら野党共闘に道筋をつけたのだろうなと俺は想像する。

2

東京在住時の選挙と、山梨地元に来てからの選挙の光景の違いは、

東京在住時の選挙は、極端に言うと、「お前はどのアニメを最高だと考えているか、『まどかマギカ』かそれとも『巨人の星』か」「お前はサブカルとスポ根のどっちに忠誠を誓うか。アニメ? そんな選択肢はない。」みたいな感じだった。

山梨に戻っての選挙は、「お前は誰をボスとして認めるか忠誠を示せ」という選挙で、今のところ俺自身は態度を村集落住民にも町行政区にも示していないが、示さないとなると地元でのボス的権力複数(具体的には衆院自民党議員の子分なのか衆院保守系無所属の子分なのかという力学)の中での扱いが小さくなり、みたいな。

俺は激烈な民進党支持者なのだが、知事を例外として山梨県郡内地方には県議会にも町議会にも民進党はいないので、俺自身は態度を保留せざるを得ず、衆院には現役議員が自民党非主流派と保守系無所属と二人いるのでそのどっちにどんな形で忠誠を示すかが地元集落観光協会の隠れた重要テーマだったり。みたいな。

3

この投稿で言いたいことはそういうことではなかった。結論を先に言うべきだった。

結論だけ書くと、自民系や日本会議系に投票する日本人は国賊だ。

http://www.dailymotion.com/video/x4hehvo

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/18397

http://matome.naver.jp/odai/2146651779976541301

https://twitter.com/hashtag/%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E3%81%AB%E8%B3%AA%E5%95%8F

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20160623

2016-06-19

kamayan2016-06-19

[]人工授精への長い橋 00:50 人工授精への長い橋を含むブックマーク 人工授精への長い橋のブックマークコメント

1

俺はエロ漫画家だったくせにセックスにわりと弱く、嫁に求める回数も少なく、たがいに結婚した時点でけっこういい歳だったので、すげえ運よく第一子を得たものの第二子を得られる気配がないので、人工授精を試すことにした。

2

人工授精のためには産婦人科が用意した容器に精子を放出しなくてはならず、たまたま似た時期に婚姻したEDが売りのロックなブロガーな方http://delete-all.hatenablog.com/が「屈辱的だ」と記していたように記憶するが、もしこの作業を産婦人科医院でしたとしたらたしかに屈辱的だ。

自分の家でリラックスできる環境でするのならだいぶ違う。でも生出しできるのにしないで工学的手段使うのってどうなんだろとはちょっと思う。たしかに俺は社会的には祖父的年齢にそろそろなるが、なので妊娠受胎困難年齢なのは客観事実だが、俺は別角度だと新婚5年目で、嫁とのセックス回数はまだ50回にも満たない。30回にも満たないかもしれない。あれ、10回越えているか自信がなくなってきた。

3

我が娘の通う保育所には「人工授精の結果だろうな」と俺が偏見バリバリに見ている子供が数人いて、奇形児が多い。奇形児の出産確率は100人に3人くらいだとずっと昔何かで見たが、人工授精だと自然界的最終レースをスルーするのでもっと多そうな気がするんだけどどんなもんだろうね。

4

我が夫婦初回の人工授精チャレンジな時は、なんか色々神様的に悪い運気を示していた。ので今月は受胎にしくじった。

5

ところで俺は嫁よりはだいぶセックスが好きなのだが、なので原始的手段でセックスして受胎するチャンスを増やしたいと俺は思うのだが、嫁の言によると、産婦人科が見るところ俺の精子の量も密度もえらく少ないのだそうだ。となると嫁としてはより確実な人工授精に望みを賭けたくなるのは道理としてわかる。

が、俺としては単純にセックスの回数が少ないことを問題にしたい。俺が嫁に求める回数が少ないのが諸悪の根源だろうが、科学的に受胎可能性の最も高い日だけにセックスしても、それ以前の禁欲期間が長すぎると精子が死んでいるそうなので、受胎可能性が最も高い日の前にも別にセックスしておく必要があり、たぶん俺が思うに科学的に証明されてなくても受精のあと数日後にもセックスして嫁の側にも女性ホルモンをだっぷんだっぷん出してもらう方が良いように俺は思う。

ブログにこんなことを俺が書くのは我が慎み深い嫁は見てのけぞると思うが、世の中には妻とのセックス日記を克明に記した南方熊楠大先生という偉大な先達もおらっしゃり、もちろん南方先生の嫁はそんな日記が存在するのを知って泣いたそうだが、それはそれとして、夫婦生活回数を増やそうよ、俺の金玉のサイズが小さくとも、精子の数が少なくとも、精力が乏しくとも。もう少し回数が多くていいはずだよ。

と、末尾だけ嫁にだけ宛てて記す。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20160619