スマートフォン用の表示で見る

べにふうき

べにふうき

べにふうき

独立行政法人 農業技術研究機構 野菜茶業研究所で育成され、1993年に命名登録された茶葉。


特徴

  • 日本の“べにほまれ”と中国系の“ダージリン”を交配して作られた紅茶系品種で、緑茶として飲むにはやや渋みが強い。
  • 緑茶に加工した際に多く含まれるメチル化カテキンの成分が注目され、以来多くのメディアで取り上げられ、春の時期には、新聞・テレビ・雑誌など、様々なところで紹介されている。
  • 樹姿は開、樹勢はやや強、株張りはやや大、葉層の厚さはやや厚である。
  • 摘採期の茶芽の揃いは中、芽数、摘芽長、摘芽の本葉の開葉数及び百芽重は中である。
  • 新葉の形はやや長楕円、大きさは大,厚さはやや厚、色は黄緑、光沢は中、葉質はやや硬である。
  • 育成地におけるほう芽期及び摘採期が中生、炭そ病及び輪斑病抵抗性が強く、多収、良品質の紅茶及び半発酵茶用品種である。