スマートフォン用の表示で見る

アオーレ長岡

一般

アオーレ長岡

あおーれながおか

新潟県長岡市大手通にある、アリーナや市役所などが一体となった全国初の複合型交流施設。

JR長岡駅前に位置し、長岡駅とは「大手スカイデッキ」と呼ばれるペデストリアンデッキで直結している。

概要

以前あった「長岡市厚生会館」の跡地に建てられ、2012年4月1日にオープン。

施設内には長岡市役所本庁舎のほか、アリーナや市民交流ホールなどがあり、大きく分けて「東棟・西棟・アリーナ・ナカドマ」の4つから構成される。地上4階、地下1階(地下駐車場)。

「アオーレ長岡」という名前は一般公募で決定。「アオーレ」は長岡弁で「会いましょう」を意味する「会おうれ」をカタカナにしたもの。

なお、正式名称は「長岡市シティホールプラザ アオーレ長岡」。

主要施設

アリーナ

バスケットボールコート3面の広さ(約2,123平方メートル)を持ち、収容人数は最大約5,000人。

下記の「ナカドマ」と接する壁面は可動式になっており、開放すれば巨大な空間が出来上がる。

ナカドマ

アオーレ長岡の中央部に位置し、屋根付きで全天候型の広場。

ナカドマの中央には300インチの大型ビジョンを設置。

面積は約2,250平方メートル

ちなみにナカドマの屋根は東棟・西棟・アリーナの建物を上で繋ぐ役割をしており、建物全体の耐震性を高めている。

市役所本庁舎

身近な手続きは、東棟1Fに総合窓口として集約。

総合窓口は、平日は午前8時30分〜午後8時、土日・祝日は午前9時〜午後5時の開設。

それ以外の部署は平日午前8時30分〜午後5時15分。(土日・祝日は休み)

市民交流ホールA

客席やステージを出して発表会や演奏会などに使える。

フロア面積は314平方メートル。座席数は最大228席。楽屋2室付き。

市民交流ホールB・C・D

B・C・Dの3つは3階テラスに面したガラス張りのホールとなっており、BとCは一体利用が可能(3つともカーテンで中が見えないようにすることも出来る)。

Bの面積は210平方メートル。Cは160平方メートル。Dは110平方メートル

シアター

長岡花火や観光情報などが見れる。

3Dでありながらも4K(4096×2160ピクセル)の超高解像度映像を公共施設で全国初導入。

スクリーンは240インチ、5.1chサラウンド対応。座席数は49席。

市民協働センター

市民活動に必要な情報の収集・発信などを行う市民協働・交流の拠点。

その他の施設

など

施設の一般利用

アリーナや市民交流ホール、シアターなどは一般利用ができ、個人で使うことも出来る。

予約は3ヶ月前から可能(大規模なイベントを計画している場合はそれより前からでも相談可)。

電話・窓口・公共施設予約システム(長岡市WEBサイト携帯電話キオスク端末機)で申し込み可能(ナカドマ・ホワイエは電話、窓口のみの受付)。

詳細は公式サイトにて確認可。

アオーレ長岡
目次