ウトナイ湖

地理

ウトナイ湖

うとないこ

北海道苫小牧市の東部にある海跡湖

白鳥やマガン等の渡り鳥の中継地ともなっており、250種以上の鳥類が確認されている。

湖の西岸国道36号が走行しており、国道沿いにある「道の駅ウトナイ湖」からは湖を望む事が出来る。なお、道の駅近辺に"鳥の餌"を販売する者がいるが、無断販売であり、パンなどの給餌によって野鳥が栄養過剰を起こす、あるいは余剰餌の腐敗による水質汚染を来たすため餌の購入・給餌は厳に慎むべきである

歴史

1981年湖周辺の5.10km2が、日本野鳥の会によって日本初のバードサンクチュアリに指定。
1982年鳥獣保護区特別地区となる。
1991年日本で4番目のラムサール条約登録湿地となる。