スマートフォン用の表示で見る

シーラカンス

動植物

シーラカンス

しーらかんす

シーラカンス目の海魚。全長約1.5メートル。色は全身が青褐色を帯びる。シーラカンス類は古生代に出現し、白亜紀に絶滅したと考えられていたが、1938年、南アフリカ東海岸で発見。原始的な形質を有するので、生きた化石といわれる。コモロ諸島周辺に多い。

関連語 リスト::動物 リスト::魚類


関連

また、「過去の遺物」という意味の比喩でも用いる。