スマートフォン用の表示で見る

スーパーマリオブラザーズ

ゲーム

スーパーマリオブラザーズ

すーぱーまりおぶらざーず

1985年9月13日に任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ用の横スクロール型アクションゲーム

ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」の主人公、マリオを操作して、クッパ大王にさらわれたピーチ姫を助け出すのが目的。

ゼビウス』と並んで、ファミコンが爆発的に売れるようになるきっかけとなった1本。

その出荷数は国内約681万本(ディスクシステム版を含んだ場合)*1、全世界で約4024万とゲームソフト史上、記録的な売上となり、2008年まで世界記録だったが2009年に『Wii Sports』がこの世界記録を上回った*2


1993年に発売されたスーパーファミコンの「スーパーマリオコレクション」にリメイク版が収録されている。

2000年にはゲームボーイカラーで新要素を追加した「スーパーマリオブラザーズデラックス」が発売された。

2004年にはファミコンミニとして復刻された(詳しくは後述)。

2006年12月2日、Wii向けダウンロードサービス「バーチャルコンソール」で配信が開始された。

さらに2010年11月11日に発売された「スーパーマリオ25周年記念Wii本体」に、このゲームのハテナブロックの「?」を「25」にしたものが収録された。

裏技

スーパーマリオブラザーズには数多くの裏技が存在しており、有名となっている。

以下は代表的な裏技について挙げている。

  • 3-1のゴール前に登場するノコノコを利用した無限1UP
  • 1-2のワープゾーン手前の壁を抜けることで行けるようになるマイナスワールド

ファミコンミニ

2004年2月14日に発売。ゲームボーイアドバンス対応。ファミコンミニで唯一ミリオンセラーを達成している。

ファミコンミニの中でも爆発的な売上を誇り、ファミコンミニが初回生産限定であったためプレミア化していた。

スーパーマリオ生誕20周年の記念として2005年9月13日に再版されることとなった。

また、同日にはゲームボーイミクロも発売された。

クリア後

  • クリボーがメットに変化されている。そのため1-1★では1UPゾーンが存在している。
  • 1-4と6-4、2-4と5-4、2-2と7-2、2-3と7-3が後者と同一されている。

*1ディスクシステム版を除いた場合の出荷数は618万本であり、この場合「Newスーパーマリオブラザーズ」がこの出荷数を上回っている

*2:ただし「Wii Sports」は海外のほとんどの国では全てWii本体に同梱されているので、単純な比較はできない。