スマートフォン用の表示で見る

スイッチバック

一般

スイッチバック

すいっちばっく

折り返し進むように敷かれている鉄道路線のこと。また、列車がそのような経路をもって運行すること。以下のような場合がある:

  1. 急勾配を登るためにつづら折り状に線路を敷設する。
  2. 勾配の途中に停車場を設けるため*1、本線から分岐した平坦な行き止まり線に停車場を置く。
  3. 配線の都合。A・B間の路線の途中からC方向に分岐があり、A・C間とB・C間の列車が設定される場合、どちらかはスイッチバックとならざるを得ない。

配線の都合でスイッチバックする列車・路線


など。


写真はJR篠ノ井線桑ノ原信号場

*1:特に蒸気機関車の時代、勾配途中の停車には技術上の問題があった。

*2:現在はスイッチバックする列車は存在しない

*3:2006年9月1日からの工事で解消済

*4:現在はスイッチバックする列車は存在しない

*5:2007年3月18日に廃止済み

*6:現在はスイッチバックする列車は存在しない

*7:2006年3月18日のダイヤ改正からは青森駅を通らないルートに変更されたため、青森駅でのスイッチバックは行わなくなった。

*8:現在休止中

*9:1日1本近鉄名古屋行きのみ