スマートフォン用の表示で見る

音楽

スミス

すみす

ミュージックビデオディレクター。

女性を可愛くor綺麗に撮ることに定評がある。

特に女子高生が頻繁に登場する。


監督作品

アーティスト/フジファブリック

曲名/「TAIFU」「花屋の娘」「銀河」「桜の季節」「赤黄色の金木犀」「陽炎」

アーティスト/風味堂

曲名/「ナキムシのうた」「眠れぬ夜のひとりごと」

アーティスト/ガガガSP

曲名/「忘れられない日々」「晩秋」「祭りの準備」

アーティスト/湘南乃風

曲名/「晴伝説」

アーティスト/氣志團

曲名/「One Night Carnival (from「3.30氣志團原宿暴動」)」「SECRET LOVE STORY」「キラキラ! (LIVE Ver.)」「デリケートにキスして」『結婚闘魂行進曲「マブダチ」』「黒い太陽」『族 from「氣志團列島-Japanolmania」』「恋人」「夢見る頃を過ぎても」

アーティスト/微熱DANJI

曲名/「涙BOY 涙GIRL」

アーティスト/矢井田瞳

曲名/「モノクロレター」

など

映画

スミス

すみす

映画「マトリックス」シリーズに登場する主要人物。悪役。演ずるはヒューゴ=ウィービング氏。

1作目では「エージェント・スミス」だが、2作目以降は独立したプログラムの「スミス」となった。

増殖するエージェント。「〜リローデッド」に至っては、増殖しすぎの演出も手伝って、主役のネオ(キアヌ・リーブス)の存在を食ってしまうほどの強烈なインパクトを観衆に与えた。


2003年6月から7月にかけて、日本でも大量発生した。実際にはスミスを真似てコスプレした衆が大勢集まって、映画の場面を突発的に再現するパフォーマンスを各地で繰り広げたということである。

一般

スミス

すみす

Smith.

英単語。原義は「鍛冶屋」

英語圏のファミリーネームとしてはポピュラー。

各種申請書の記入例に使われる名前としてJohn Smithがあり、

感覚的に日本で言う「山田太郎」に相当する。

一般

スミス

すみす

音楽

スミス

すみす