スマートフォン用の表示で見る

ソーヴィニョン・ブラン

ソーヴィニョン・ブラン

そーう゛ぃにょんぶらん

(仏:Sauvignon Blanc)

フランス西部を原産地とする白ワイン用ぶどう品種。フランス語のsauvage(ソヴァージュ?、野生の)とblanc(ブラン、白い)に由来するとされている。

ボルドーおよびロワール川流域のワイン産地では、白ワイン用のメインの品種になっており、現在では、ニュー・ワールドと呼ばれる南北アメリカオセアニア南アフリカなどのワイン産地でも、シャルドネとならぶ重要な白ワイン用品種である。なお、世界で最も多く栽培されている赤ワイン用ぶどう品種カベルネ・ソーヴィニョンは、これとカベルネ・フランという黒ぶどうとの交配種である。