スマートフォン用の表示で見る

デファクトスタンダード

キーワードの候補

2件

一般

デファクトスタンダード

でふぁくとすたんだーど

「de facto」とはラテン語で「事実上の」の意であり、直訳すれば「事実上の標準」ということである。

狭い意味では、国際機関標準化団体による公的な標準ではなく、市場の実勢や学問上の評価などによって事実上の標準とみなされるようになった「業界標準」の規格・製品のことを指す。

家庭用ビデオにおけるVHS、パソコン向けOSにおけるWindowsインターネット上の通信プロトコルにおけるTCP/IPなどがデファクトスタンダードの例として挙げられる。国際的なコミュニケーションに英語を用いることもデファクトスタンダードであると言えよう。

一旦デファクトスタンダードが確立した業界においては、スタンダード規格に対応した製品や、スタンダード製品と高い互換性を持つ製品がシェアのほとんどを占めるようになる。また、公的な標準化団体によって、すでにデファクトスタンダードを確立している規格が公的な標準規格(デジュールスタンダード)として追認されることもある。


参考

世代DVD規格のデファクトスタンダードをめぐってソニーなどのBlu-ray Disc(BD)と東芝などのHD DVDが争っているが、2008年1月5日両規格に対して二股戦略をとっていた米ワーナー・ブラザーズが今後販売ソフトをBDに一本化することを発表した。その結果BDは米ハリウッド映画大手6社のうち4社の支持をとりつけることとなった。

一般

デファクトスタンダード

でふぁくとすたんだーど

英文表記:Defactostandard, Ltd.

株式会社デファクトスタンダードは、東京都大田区に本社をおき、

  • ブランド買取サービス
  • ブランド品に特化したオークションサービス

を展開する会社。