スマートフォン用の表示で見る

バセドウ病

サイエンス

バセドウ病

ばせどうびょう

Basedow-Krankheit(独)

Graves' disease(英)


甲状腺の病気の一種。自己免疫疾患。

バセドー病、クレーブス病と呼ばれることも。

20〜30代の女性患者が多く、妊娠・出産に関わる病気と言われている。自覚症状などから、更年期障害と間違えられることも少なくない。

原因

甲状腺のTSH受容体に対する免疫異常に起因する甲状腺ホルモンの過剰分泌。

遺伝とストレスが重なり発症しやすくなると言われるが、根本的原因は分かっていない。

甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を高めるホルモンであり、過剰な分泌が体の不調を招く。

症状

首の腫れ、眼球突出、体重の減少、動悸、不整脈、高血圧、のぼせ、多汗、のどの乾きなど

診断

血液検査、頸部画像診断など

治療

適切な治療を続ければ、症状は改善し快方へむかうことが多い。