スマートフォン用の表示で見る

バプテスマのヨハネ

読書

バプテスマのヨハネ

ばぷてすまのよはね

 洗礼者。同じユダヤのナザレのひとだが、イエスに先立ち、神による王国がまじかであると説き、イエスに洗礼を施した。

ヘロデ王の継娘のサロメに恋され、相手にしなかったため、サロメヨハネの首を所望し、実行された。