スマートフォン用の表示で見る

マリウポリ

地理

マリウポリ

まりうぽり

ウクライナ語:Маріуполь、ロシア語:Мариуполь)

ウクライナ南部アゾフ海に臨むドネツク州港湾都市。エカチェリナ2世により「Mariupol’(世継ぎの皇帝パーベル世の妻マリアの町という意味)」と命名された。19世紀末、ドネツ炭田石炭、クリボイ・ログの鉄鉱を背景に機械・金属などの重工業が急成長し、南ウクライナ工業地帯の中核都市の一つになった。1948年から1989年までは、この地出身のアンドレイ・ジダーノフに因んでジダーノフ(Zhdanov)と呼ばれていた。