スマートフォン用の表示で見る

ルオー

アート

ルオー

るおー

ジョルジュ・ルオー(Georges ROUAULT) 画家

1871年 パリ北東部のラ・ヴィレット街に生まれる。はじめステンド・グラス職人の徒弟になる。

1890年エコール・デ・ボザールに入学、エリ・ドローネの教室に入る。

1892年、ドローネの後任としてギュスターヴ・モローが教授に就任、ルオーはモローに師事。

1898年、モローが亡くなり悲嘆にくれるが、5年後の1903年、モロー邸がモロー美術館になり、ルオーは初代館長に就任。

同年、サロン・ドートンヌの創設に参加。

1913年、画商アンブロワーズ・ヴォラールがルオーのアトリエにあったすべての作品を購入。

1924年レジオン・ドヌール勲章受章。

1945年ニューヨーク近代美術館で大回顧展開催。その後世界各地で大回顧展が開催される。

1958年、パリの自宅で死去、国葬がサン・ジェルマン・デ・プレ教会で営まれた。享年86歳。

代表作:「聖顔」(キリストの顔)