スマートフォン用の表示で見る

横浜フリューゲルス

スポーツ

横浜フリューゲルス

よこはまふりゅーげるす

かつてJリーグに加盟していた、神奈川県横浜市を本拠地とするプロサッカークラブ。略称は横浜F

前身は全日空サッカークラブ

ホームスタジアムは横浜市三ツ沢公園球技場横浜国際総合競技場

同じ三ツ沢をホームとする横浜マリノスとの横浜ダービーも有名。

サポーターズソングは「Victory」。

1998年シーズンを最後に、横浜マリノス吸収合併され消滅。横浜マリノスは「横浜F・マリノス」と改称。フリューゲルスはチーム名の中の「F」として存続、との説明がなされた。フリューゲルス時代の優勝回数等の記録は、横浜F・マリノスには引き継がれない。

年表

横浜マリノスへの吸収合併への経緯

1998年10月29日、共同スポンサーである佐藤工業の経営不振による撤退を理由に、全日空横浜マリノスとの合併を決定。

「横浜フリューゲルスは今シーズン限りで横浜マリノス合併。チーム名のマリノスの前に「F」を入れることでフリューゲルスは存続する」という強引な説明は、熱心なサポーターたちから強い反発を受けた。

合併決定後のフリューゲルスの戦い振りはまさに鬼神のごとく、直後のセレッソ大阪戦に7-0で大勝したのを皮切りに、その後も4連勝とシーズン戦に有終の美を飾った。

その直後の天皇杯では、シーズン終盤の勢いを保ったままトーナメントで快進撃を続ける。

対大塚戦を4-2、対甲府戦を3-0で勝ち上がったあと、ジュビロ磐田を2-1、鹿島アントラーズを1-0という接戦で下し、とうとう決勝へ進出する。

迎えた1999年1月1日、その日は天皇杯決勝戦の日であり、フリューゲルス消滅の日だった。

清水エスパルスに先制されるたフリューゲルスは、後半の巻き返しで見事2-1と勝利。

天皇杯を手にした翌日、シーズン終了をもってマリノス吸収合併され、フリューゲルスは消滅。カップ戦日本一に輝きながら消滅するという、前代未聞のチームとなった。

その後、合併に至る一連の経緯を良しとしないサポーターを中心に、横浜FCが創立された。

歴代監督

主なOB

GK
森敦彦(1992-1996)、楢崎正剛(1995-1998)
DF
岩井厚裕(1992-1995)、渡辺一平(1992-1995)、高田昌明(1992-1996)、中田一三(1992-1996)、大嶽直人(1992-1997)、薩川了洋(1992-1998)、フェルナンド・ダニエル・モネール(1993-1995)、奥野誠一郎(1995-1998)、森山佳郎(1996-1997)、前田浩二(1996-1998)、佐藤尽(1997-1998)、辻本茂輝(1998)、手島和希(1998)
MF
反町康治(1992-1993)、前園真聖(1992-1996)、山口素弘(1992-1998)、桂秀樹(1993-1996)、エドゥー・マランゴン(1993-1994)、三浦淳宏(1994-1998)、原田武男(1994-1998)、ジーニョ?(1995-1997)、セザール・サンパイオ(1995-1998)、波戸康広(1995-1998)、遠藤保仁(1998)、永井秀樹(1998)
FW
前田治(1992-1996)、上村崇士(1992-1994)、服部浩紀(1994-1998)、エバイール?(1995-1996)、久保山由清(1995-1998)、吉田孝行(1995-1998)、パウロ・フットレ(1998)

*1:出資企業の全日空佐藤工業のイニシャルによる