下戸

下戸

げこ

酒が飲めない人、酒が嫌いな人を言い表す俗語

対義語は、上戸(じょうご)。

由来

「下戸」は、日本の律令制時代の階級「大戸/上戸/中戸/下戸」の最下級。課税階級としても使用されていた。

祝儀席での酒の量が、「大戸は八瓶」「下戸は二瓶」と定められていたため、「酒を少ししか飲めない人」を「下戸」と呼ぶようになった。