スマートフォン用の表示で見る

仮名垣魯文

読書

仮名垣魯文

かながきろぶん

(1829-1894) 江戸末期から明治初頭の滑稽本・草双紙作者。『万国航海 西洋道中膝栗毛』や『牛店雑談 安愚楽鍋』などの、いわゆる「開化物」の著作で知られる。のち、新聞記者として活躍。『ハムレット』の翻訳も手がけた。本名、野崎文蔵。