スマートフォン用の表示で見る

葛西紀明

スポーツ

葛西紀明

かさいのりあき

葛西紀明は、日本のノルディックスキージャンプ競技選手。土屋ホーム所属。

1972年6月6日生まれ。北海道上川郡下川町出身。

略歴

1992年のアルベールビルオリンピックに19歳で初出場。

1994年、リレハンメルオリンピック団体ラージヒルメダリスト(日本=西方仁也岡部孝信葛西紀明原田雅彦)。

1998年、長野オリンピック出場。

2001年、下川町町民栄誉賞受賞。

2002年、ソルトレイクシティーオリンピック出場。

2006年、トリノオリンピック出場。

2010年、バンクーバーオリンピックの代表となり、史上最多6度目の冬季オリンピック出場を果たした。

2014年1月11日、オーストリア・バートミッテルンドルフで開かれたワールドカップスキー・男子ジャンプ個人第13戦(フライングヒル)で優勝し、ワールドカップ史上最年長優勝(41歳7カ月)を果たした。

2014年2月15日、ソチオリンピックスキージャンプ男子ラージヒル個人において、銀メダルを獲得。

2014年2月22日、札幌市在住の一般女性である張磨怜奈と入籍。